一陸特(多重)対策 集中講座

授業内容

一陸特(多重)対策 集中講座

文系の方にも分かりやすく!

●予想問題を中心に、週末の2日間・合計10時間の集中講座です
●計算問題対策もバッチリ!
●テキストを最低2回、事前学習することで合格圏内を目指しましょう
●文系出身者でも高い合格率をマーク!

一陸特の合格率は31.9%という狭き門ですが、当講座講師の受講生は80%~90%(一陸特、二陸特、二海特などの特殊無線技士の平均)と、大変高い合格率を残してきました。
合格するためには最低限の無線基礎知識が必要です。一夜漬けの暗記では合格できません。
当講座はあなたの“頑張り”をお手伝いします。

概要

第一級陸上特殊無線技士(一陸特)は、無線局の多重無線設備技術操作または操作の監督を行うことができる資格です。
具体的には、国や地方自治体が設置した防災行政無線、通信事業者が設置した固定無線通信回線、あるいは放送事業者が設置したテレビ中継無線通信回線用の多重無線装置など無線設備の技術操作を行うことができます。
また、無線局の無線設備の技術操作または操作の監督を行うだけではなく、基地局や陸上移動局などの無線設備を点検し、保守を行う登録点検事業者として従事することができます。地方自治体(防災)・通信事業者・無線設備メーカー・テレビ中継会社などに就職するのに大変有利な資格です。

一陸特は携帯電話基地局・衛星通信・防災無線・マイクロ通信等の無線通信機器の技術操作、監督、点検、保守に従事する際に必須な国家資格です。

当講座は、第1級及び第2級陸上無線技術士、各種特殊無線技士、アマチュア無線技士の養成教育に永年携わってきた講師が担当します。皆さんに無線工学・法規について問題の読み解き方をわかりやすく解説し、試験に合格するためのお手伝いをいたします。

※一陸特の免許取得には「国家試験」を受験することが最も一般的な方法です。次に財団法人日本無線協会などの「養成課程」の受講です。本講座の趣旨は、「試験直前対策」であり、基礎から勉強していくものではありません。また、合格を確約するものではありません。

■平成28年の一陸特 合格率
申請者数:9,412名
受験者数:7,218名
合格者数:2,304名
合格率:31.9%

rikutoku_02

■講義予定
5月13日(土)
11:00~12:00 無線工学【1】
12:00~13:00 休憩(60分)
13:00~14:00 無線工学【2】
14:00~14:10 休憩(10分)
14:10~15:10 無線工学【3】
15:10~15:30 休憩(20分)
15:30~16:30 無線工学【4】
16:30~16:40 休憩(10分)
16:40~17:40 無線工学【5】

5月14日(日)
10:00~11:00 無線工学【6】
11:00~11:10 休憩(10分)
11:10~12:10 無線工学【7】
12:10~13:10 休憩(60分)
13:10~14:10 無線工学【8】
14:10~14:30 休憩(20分)
14:30~15:30 無線工学【9】
15:30~15:40 休憩(10分)
15:40~16:40 法規のポイント

rikutoku_03

■テキスト
オーム社発行「やさしく学ぶ 第一級陸上特殊無線技士試験」を準備の上、お持ちください。

rikutoku_text

《「一陸特」はこの1冊で!合格のポイントをやさしく解説!》

本書は第一級陸上特殊無線技士試験(一陸特)の受験対策書です。
試験科目に合わせた「無線工学」と「法規」の2編構成とし、「無線工学」は適宜図を用いながら重要なポイントに絞ってやさしくていねいに解説しています。
「法規」は、試験に出題されている法令の要点をわかりやすく解説しています。
また公式、重要用語、解法のポイントなどを「吹出し」の形式で示すとともに、テーマごとに最新の出題傾向に則した「練習問題」を掲載しています。
本書の問題を実際に解いていくことで、合格に必要な実力を身につけられる構成となっています。
⇒ Amazonで購入

■講師
吉村 和昭(よしむら・かずあき)

東京商船大学大学院博士後期課程修了・工学博士
総務省認定無線従事者養成課程 講師
芝浦工業大学工学部 講師
国士舘大学理工学部 講師
一般社団法人 電気学会 会員
一般社団法人 測位航法学会 会員
専門:無線通信工学、電子航法工学、衛星測位工学、電波通信法規
資格:第1級陸上無線技術士、第1級総合無線通信士、第1級海上無線通信士、航空無線通信士、第1級陸上特殊無線技士、第1級海上特殊無線技士、第1級アマチュア無線技士 ほか

著書(電波関連)
「第一級陸上特殊無線技士試験過去問 解答・解説集」 オーム社 2015
「第一級陸上特殊無線技士計算問題突破塾」 東京電機大学出版 2015
「これだけ 電波と周波数」 秀和システム 2015
「やさしく学ぶ 第一級・第二級アマチュア無線技士試験」 オーム社 2015
「やさしく学ぶ 第一級陸上特殊無線技士試験」 オーム社 2014
「やさしく学ぶ 第二級陸上特殊無線技士試験」 オーム社 2014
「やさしく学ぶ 第一級陸上無線技術士試験 法規」 オーム社 2013
「第一級アマチュア無線技士計算問題突破塾」 東京電機大学出版 2014
「電波と周波数の基本と仕組み」 秀和システム 2010
「電波・光・周波数」 森北出版 2009
「エッセンシャル電気回路」 森北出版 2006
「電波のひみつ」 技術評論社 2002
雑誌:「電波受験界」 一陸特の無線工学講座 連載(2012-2014)
雑誌:「電波受験界」 一陸技の無線工学A講座 連載中

rikutoku_04

受講期間 授業時間 回数 受講資格
5/13~14の2日間 各日11:00~16:40 全2回 原則として、平成29年6月期の第一級陸上特殊無線技士の国家試験を受験される方。 応募いただいた方の中から受講者を書類審査で選考します。
入学金 受講料 合計 アスク生受講料
0円(税込) 29,160円(税込) 29,160円(税込) 29,160円(税込)

カリキュラム例

内容
1日目 上記講義予定をご覧ください
2日目 上記講義予定をご覧ください

募集中のクラス一覧

  • 1704_513クラス

    期間
    5/13(土)~5/14(日)
    時間
    11:00~17:40
    締切日
    5/6(土)
    受講日
    5/13、5/14