受講者の声

アナウンサー

  • 2017年 2日間試験直前セミナー1222クラス受講  S. E.さん(女性)

    今何をするべきかがはっきりと分かった二日間でした。 キー局の採用試験が始まり、いよいよ就活本番。アナウンサーになりたい気持ちがありつつも、なぜかやる気が出ていませんでした。なぜやる気が出ていなかったのか。それは、自分と向き合えていなかったからだと気づくことができました。 「なぜアナウンサーになりたいのか」「アナウンサーになって何をしたいのか」今回の二日間を受けて、その軸をしっかりと持つ大切さを知りました。 この二日間は、先生方にたくさんのご指摘をいただきました。自分のダメさに愕然とした時もあります。しかし、それ以上にこれを全部直せば、私もアナウンサーになれる!そう自信が湧いてきました。この講義を受けていなかったら、この先いつまでたってもESすら通らなかったと思います。今この時期に気づくことができて本当に良かったです。

  • 2017年 1210クラス受講  S. H.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    エントリーシートの書き方から写真の貼り方まで一刀両断。倒れそうになりました。本当にアナウンサーになりたいのか、アナウンサーになって何がしたいのか、自分探しの旅に出たいと思います。 アナウンサーを目指すなら絶対に受講をお勧めします。自分を見つめなおし、受講後にやる気のでる充実した2日間でした!ありがとうございました。

  • 2017年 1111クラス受講  Y. N.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    11日、12日の2日間、ありがとうございました。これまでは、アナウンサーの就職試験がどういったものか、話には聞いていても、具体的にどうしたら良いのか、疑問に思っても誰を頼っていいかも分からず、手探りの状態でした。他人の手が加わらず、ほぼ自己流に近いESを無駄に生産するばかり…。しかし、この「2日間試験直前セミナー」で、講師の皆様から目から鱗のコツや意識から抜けていたポイント、的確なフィードバックを頂くことができました。また、周りにアナウンサーを目指す友人が居ない私にとって、同じ職業を志す友人が出来たことで、新たな気付きもありました。「2日間試験直前セミナー」で得たものを糧に就職活動に全力投球していきます。ありがとうございました!

  • 2017年 1119クラス受講  Y. T.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    私はアナウンサーを目指し始めたばかりで、準備もままならない状態での参加でした。受講してみて、もちろん自分の準備不足も痛感しました。しかし、『何の準備不足か』の『何』の部分に気づけたのはこのセミナーに参加したからだと思います。実際に自分が用意したESや自己PR動画、模擬面接の様子に対し、細かく的確な指導をしていただいたことで、自分に足りないものがはっきりと分かりました。この2日間で学んだことを自分の力にし、本採用に臨んでいきたいです。そして絶対にアナウンサーになります!二日間本当にありがとうございました。

  • 2017年 1119クラス受講  I. Y.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    一言で言うと、濃い二日間でした。 最初は二日間でどこまで学べるのか疑問を抱いていた部分もありました。 しかし実際に受けてみると、自分の足りないところが顕著に分かりました。 まず、ESの書き方を改めて教えてもらいました。今までESで自分を出すことが必要だとは分かっていましたが、具体的にどうしたらそのようなESが書けるかまだ手応えが掴めていませんでした。 今回の講座で、実際に通過した先輩のESを見せてもらったことで受かるESのイメージが掴めました。また書き方のコツを伝授してもらい、自分の個性をESで出すにはとことん自己分析をすることと書き方を工夫すること必要であるとわかりました。 また、面接練習も今の時期に行うことができて非常に良かったと思います。わたしは今まで、面接で落ちた理由を分析しきれず、なんで落ちたんだろうといつもモヤモヤしていました。しかし、今回の「2日間試験直前セミナー」で面接の様子を収録したVTRを見るとその理由がよく分かりました。受け答えに具体性がない、面接官の話を聞いているときの顔がこわばっているなど、今後の改善課題がよくわかりました。 アスクの先生に普段以上に厳しく指導していただいて、とても気が引き締まりました。自分はなぜアナウンサーになりたいのか。アナウンサーになって何がしたいのか。この二日間、今までの就活の中で一番考えました。二日間の中でそれが整理されていき、なんとなく見えてきた気がします。一緒に講座を受けたメンバーとも仲良くなり、最終日は終わった後に夜ご飯を食べにいきました。今度は採用試験の面接で会えるといいねという話になり、大きなモチベーションと一緒に頑張る友達ができたことに喜びを感じました。 「2日間試験直前セミナー」を良かった!本当にそう心から思っているので、みなさんも是非検討してください。

  • 2017年 1111クラス受講  K. M.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    セミナーを終えてみて、アナウンサー試験のノウハウが詰まった濃い2日間だったなと感じています。キー局のエントリーが始まったにもかかわらず、まったく準備ができていなくて焦ってこの2日間試験直前セミナーに駆け込みました。ES、自己PR動画、面接、全て一人ひとりフィードバックをもらえるので細かいところまで指導してもらえました。そのおかげでアナウンサー試験でのポイントや今やるべきことがわかり、漠然とした不安が解消されました。本当に参加してよかったです!

  • 2017年 1111クラス受講  A. S.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    「夏のセミナー・インターンシップのエントリーシートが全く通らない!どうして!?」 と1人でずっと悩み続けていましたが、キー局での本採用のエントリー締切が迫っているいま、「絶対に何とかしたい!」の一心で受講を決意しました。 2日間の講義では、理論と実践の両方を学べたと思っています。自分の話し方や動作を録画で見返すと、直すべき点が見えてきました。さらにそこから面接官が受け取るイメージや、話の詰めが甘い点を先生方と一緒に見返していく作業は、着実に前へ進んでいる実感がありました。 また、休憩時間にクラスメイトと意見交換できたことで、自分1人では思いつかなかった視点やアイデアを手に入れることが出来ました。 2日間指導していただいたことが実りある結果になるよう頑張ります! ありがとうございました。

  • 2017年 1111クラス受講  A. I.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    私はアナウンサーを目指すのが遅く、何をしたらよいのか全くわからない状態でした。そんな時この講座のことを知り、採用試験に直結するノウハウを少しでも知りたい!と思い、参加しました。 今回実際に参加し、実践をしていく中で、自分がいかに準備不足であるかということを痛感しました。特に最終日の面接講義では、収録して頂いた自分の面接VTRを見ることで、話の内容はもちろん、話し方の癖や声の大きさ、立ち居振る舞いなどを客観的に見ることができ、沢山の課題を見つけることができました。それと同時に、同じ目標を持った他の学生が話しているものを聞くことで、自分にはない視点を取り入れることができ、良い刺激になりました。 2日間を通して、どの先生方も一人一人に対し厳しく、丁寧に指導してくださったので、自分に足りない部分を明確にすることができましたし、「アナウンサーに絶対なる!」という思いも強まりました。今回ご指摘いただいた部分を必ず直して、自信を持った状態でアナウンサー試験に臨みたいと思います。密度の濃い2日間をありがとうございました。

  • 2017年 1111クラス受講  R. S.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間ご指導ありがとうございました。 自分の弱点を再認識できた事が私にとってはとても大きかったです。 レコーダーに録音してしゃべり方を聞いたり、VTR動画を見たりして、自分の癖を客観的に見つめ直す事ができました。 聞き手に明確に伝えるためには、話が具体的である必要があることも学びました。 理論や理屈でしか考えた事がなかった事も、より詳細に考える事ができてよかったです。 さらに模擬面接を受けさせていただき、実際の面接の雰囲気を感じる事ができました。 あがり症なので、一度似た環境で練習させて頂けてとてもありがたかったです。 山のようにある修正点を少しでも改善できたらいいなと思いました。 まずは明るく笑顔でを1番に心がけようと思います。

  • 2017年 1111クラス受講  A. K.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    キー局のエントリーがどんどん始まる中、今まで何も準備していなかった私は、何から始めたらいいか、何をしたらいいのか全くわからない状態でした。 しかし、この2日間で自分がまず何を優先的にしなければならないのか、具体的な内容が明確になりました。そして、自己分析の大切さを強く実感しました。 先生方は厳しく、遠慮なく改善すべき点を一人一人に指摘してくださり、どんな質問にも丁寧に答えてくださいました。相談にも真剣にのってくださり、モヤモヤしていた不安がなくなりました。私は遠方からの参加だったので、これからの就活にとても不安を感じていました。私は遠方だから関東の子達と比べたら断然不利だ。と地方に住んでいることを言い訳にして今まで逃げてきていたんだと思います。自分の夢に向かって全力で努力すること、絶対にアナウンサーになるんだという決意がこの講座を通して強く固まりました。 また、一緒にセミナーを受けた仲間からアイデアやそれぞれの想い、喋り、表情、いいところ、悪いところ、たくさんの事を学びました。 2日間でとても良い仲間になれました。しかし、仲間でもありライバルです。もっともっとスキルアップして今とは別人になった私の姿でまたみんなに会いたいなと思いました。 このセミナーを受講して、自分の意識を変えるための一歩を踏み出せました。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 1111クラス受講  S. N.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    貴重な講義を受講させていただき、とても勉強になりました。 今までアナウンサー試験に関してよく言えば真っさらな、悪く言えば全く知らない状態でしたが、2日間を通して、何に、どのように気をつけて書くべきなのか明確に分かったように思います。 講師の方は私たちが自分では気づかないことを次々に指摘してくださります。 自分に教えてくださることだけではなく、他の受講生に向けたアドバイスも聞くことで、客観的に見た自分の意見とリンクさせて分析することができました。それによって相手の立場に立って考え直すことの重要さを深く実感しました。 また、学んだだけではなく、講師の方の私たちに対して真摯に向き合ってくださるので、絶対に合格しようというモチベーションにも繋がりました。 私たちのために時間を割いて分析し、応援してくださった講師の方にいい報告ができるよう、アナウンサー試験に取り組みたいと思います。2日間、ありがとうございました。

  • 2017年 1111クラス受講  T. N.さん(男性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間本当にお世話になりました。短い期間でしたが、アナウンサー試験に向けて大切なことが凝縮されており、充実した2日間を送ることができました。 一番印象に残ったのは、寺崎校長による模擬面接のご指導です。丁寧かつ厳しく指導していただき、自分の実力不足に気付くことができただけでなく、修正部分が明確になったことで自信にも繋がりました。 そのほかの授業も、先生方が丁寧にアドバイスをくださったので、自分がこれからすべきことが見えたように思います。 東京から遠くに住んでいるのでずっと受講するか迷っていましたが、受けて本当に良かったです。ありがとうございました!

  • 2017年 1104クラス受講  R. I.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

     私はアスクの講座を受けるのは初めてでした。 それまで他のテレビ局主催のスクールに2つ通い、基礎コース、応用コースを受けてきました。  しかし実際、2つのスクールを通うことで発声の練習など実践的なスキルは学べたものの いざ試験本番となった時、第一関門であるESを通過することができていませんでした。 スクールに通っていても落ち続ける現実に、私には向いていなかったのかと諦めようとしていました。  だけど、ここまで頑張ってきた自分を裏切るようでできませんでした。そんな時、 2日間という短期間でアスクの講座を受けられることを知り、何か今の現状を変えたいという一心で応募していました。 2日間にわたる講義どれも内容が濃く、為にになるものばかりでした。 教えてくださる先生も採用を長きにわたり携わっていたアナウンサーの方であったり、 つい先日まで地方局でアナウンサーとして活動していた方であったりとお会いすること自体 貴重な方にご指導いただけました。指導はもちろんですが、授業後の質問にもフランクに何でもお答えいただけたのも有難かったです。  短かったですが、密度の濃い2日間を終え、自分に足りないことも見えてきました。 予備校のような先生の熱血ぶりは私が求めていた指導スタイルでした。 採用もどんどん始まってるので今までのブランクを猛スピードで取り戻します!ありがとうございました。

  • 2017年 1021クラス受講  R. S.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    今まで他のスクールに通っており、初めてアスクで授業を受けました。 新たな目線から、今までと違った指導を頂きたいと受講したのですが、自分がまだまだ足りないものばかりであることに気付かされました。とても不安にもなりましたが、「このまま試験に臨むことにならずに気付くことが出来て良かった」と前向きに捉えて、更に努力する契機となったと思います。

  • 2017年 1027クラス受講  E. U.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間という短い期間でしたが、2時間×6つの講義を受けることで試験に向け必要なことを学び、身に付けることが出来ました。それぞれの講義の先生が皆時には厳しく時には優しく終始丁寧な教え方をしてくださったおかげで私自身もセミナーを受ける前と後で大きく成長出来たように思います。そして今後の自分の課題や試験までにどうしていくべきかを明確に知る機会となり本当に貴重な勉強をさせていただきました。今後の試験では今回学んだことがしっかり活かせられるように頑張ります。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 1027クラス受講  Y. A.さん(男性) (2日間試験直前セミナー)

    本当に試験直前に受講させて頂いたのですが、すぐ試験で効果を発揮するような講座で、自分自身の足りないところを再確認することもでき、また新しく気づくこともたくさんありました。実践的なトレーニングとフィードバックにより、短い時間でたくさんのことを学び、成長できたと思います。 そして何より講師の方がとても優しく親身に相談に乗ってくださり嬉しかったです。 ありがとうございました!!

  • 2017年 1027クラス受講  Y. A.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間、ありがとうございました。 先生方にびしばし指導していただき、自分自身の弱点を知ることができました。今やるべき事が明確になり、立ち止まってはいけない、進まなくてはと感じました。そして何より、同じ目標となる仲間の存在を知り、刺激を受けたことが大きな収穫です。この2日間で学んだことを活かし、日常から変えて行きたいです。

  • 2017年 1021クラス受講  S. A.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間ありがとうございました。 一人一人の先生が親身になり的確なアドバイスを下さるので、とても充実した時間になりました。 また、実践とフィードバックの繰り返しであるため、その都度自分のいい点や悪い点と向き合うことができ、身になります。 同じクラスにいる学生もアナウンサーになると言う夢を持ち真剣に受講しているので、刺激を受けましたし、勉強にもなりました。 このセミナーを通し、最後まで全力でアナウンサー受験に挑む覚悟、「アナウンサーになる!」と言う気持ちをしっかりと持てました。 今回ご指導いただきたことは普段の生活から意識し、試験本番ではいつも通りの自分で挑めるようにしたいです。今私がやるべきことが見えたので、それに全力で取り組もうと思います。本当にありがとうございました!

  • 2017年 1021クラス受講  H. I.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    この二日間を通して、様々な先生方からアドバイスをいただき、ノート一冊を使い切ってしまいました!このセミナーを私が受講した理由は、試験への対策方法を具体的に知りたかったからです。アナウンサー受験を決めたのが遅かったため、ESの書き方もよくわからない状態でした。しかし、授業は、実践と振り返りの連続だったため、今の自分に何が足りないのかを知ることができました。また、対策を具体的にイメージできるようになったため、受講前に抱えていた漠然とした不安や焦りを解消することもできました。これからはじまる本採用試験に向けて、今の時期に対策方法を知れて本当によかったです。 ここで得た多くの学びを必ず次につなげます!本当にありがとうございました。

  • 2017年 1014クラス受講  N.K.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    「これからアナウンサー試験が始まるんだ!」と、身が引き締まる思いがした2日間でした。一人一人の講師の先生が真剣に指導してくださるので、常に緊張感を持って受講することができました。最初はこの講座を受けて、少し気持ちが楽になるのかなと思っていました。けれど、自分の思いを上手く言えなかったり、どう答えたらよいか分からなくなった時は、悔しさが込み上げてきて、もっと自分を見つめ直さなければと感じました。そこに気づかせてくれたアスクの先生方に感謝したいです。自分らしく、悔いなく試験に臨めるよう頑張りたいと思います!

  • 2017年 1014クラス受講  R.M.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    私はこれまでESを書いたり、自己PRをすることが苦手でした。 しかしそれは今まで私自身が自分のことを知らなかったからだと気がつきました。 このセミナーを受講し改めて自分とはどんな人間なのか、またどんな人間だと思ってもらいたいのかを 分析し考えていくことの大切さを学ぶことができました。

  • 2017年 1014クラス受講  S.D.さん(男性) (2日間試験直前セミナー)

    この2日間の授業を経て自分の足りない所、これからやるべき事がはっきりと分かってきました。僕の場合は「自分を知ること」です。今まで知ったつもりだった事もそれは単に表面的で中身の無いものでした。これからの生活は好きなものについて話したり書いたりする時は「自分はどうして、どんな所が…」という風に深く深く探っていくように心がけていきたいです。

  • 2017年 1008クラス受講  U.Y.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間濃い指導をありがとうございました。今までいくつかのスクールに行ってきましたが、こんなにも親身になって指導してくださるのはアスクが初めてでした。私は現在四年生で、ここまで採用試験を受けてきてもうまくいかず、アスクの門を叩きました。何社か受けてきた私には、悪い意味での慣れが生じていたと2日間の講座を通して感じました。それに加えて、試験を楽しむことを忘れ、恐怖へと変わっていだのではないかとおもいます。 また、フリートークや志望動機などをご指導頂き、自分の欠点やイントネーションの癖などに気づくことができ自分を見つめ直す大変良い機会になりました。 授業時間外でも、面接のフィードバックや就活のアドバイスをしてくださったりとサポート面も充実しており、講師の方々に本当に感謝しています。 2日間で、第一印象からトークまで様々なアドバイスを頂いたので、それを私生活から意識して就職試験の場でも発揮できるようにしていきたいです。 最後まで諦めず、内定を勝ち取ります。 2日間ありがとうございました。

  • 2017年 1021クラス受講  M. O.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    これでもかというくらい、ESや面接の極意が詰め込まれた2日間で、とても充実した時間でした。 自分の作ったESや動画をチェックしていただけたので、良い部分、悪い部分を具体的に知ることができました。録画した模擬面接の映像を観ることで新しい発見も多かったです。「私ってこんな風に見えてるの?!」と軽くショックを受けましたが、その分、「このクセを絶対直さなきゃいけない」という危機感に繋がりました。 本採用試験を目前にし不安になっていましたが、不安になる暇はないんだ!まだ準備することがある!と前向きになれました。アナウンサー試験に全力で挑む覚悟が決まったと思います。 とことん自分と向き合い、必ず良い結果を出したいです!ありがとうございました。

  • 2017年 1008クラス受講  M.I.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    このセミナーを一言で表すと「自分の甘さを痛感した2日間」でした! どうしてアナウンサーになりたいのか、アナウンサーになって何をしたいのか、私の強みは何なのか。今までも考えていたはずですが、もっと具体的でないと全く歯が立たないということが、はっきりとわかりました。また模擬面接では、普段の私の話し方、仕草を目の当たりにして、普段の生活から意識するように心掛けなくてはいけないと思いました。 2日間、寺崎校長をはじめ、熱のこもった授業をしてくださった先生方に感謝です!ありがとうございました!これからも頑張ります!!

  • 2017年 929クラス受講  Y.W.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    自分を知ること、これがアナウンサーになるための一番の近道だとこのセミナーで教えていただきました。 例えば自己PRでは自分がどのような性格であるか、また学生生活でどのような体験をしてきたか、この2つを理解しておくことが強みを伝えるうえで大切だとわかりました。 アナウンサーのES提出はもう目前に迫っています。その中で自分の強みをどれほど詳細に言語化できるか、そして面接官の方々との会話の中で伝えられるか、この2つがセミナー受講後の課題になりました。 3日間という短い時間ながら遠方から来た私に親身に接してくださった講師の方々にお礼を申し上げます。
    ※ Y.W.さん(男性)は、九州からいらっしゃいました!(校長 寺崎)

  • 2017年 1008クラス受講  Y.O.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    私は夏のインターンは、キー局・準キー局と全滅し、藁にもすがるような思いでこのセミナーに参加しましたが、本当に受けてよかったと感じています。 なぜ自分のESは通らないのか、自己PRはどのように考えればよいのか、このセミナーにはたくさんのヒントがありました。 寺崎さんはセミナー終了後もお忙しい中丁寧に質問に答えてくださり、本当にうれしかったです。 本選考を目前にし不安や弱音ばかり吐いていましたが、このセミナーを受け、やってやろう!絶対アナウンサーになるんだ!と気持ちのスイッチが入りました! 最後まであきらめずに頑張ります! ありがとうございました。

  • 2017年 929クラス受講  M.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    アナウンサー試験とはどういうもなのか、アナウンサーを目指す人たちがどのような思いを持って準備をしているのかを知るためにこのセミナーに参加しました。 アナウンサーよりも総合職を志望しているのですが、このセミナーで学んだことはアナウンサー試験だけでなく総合職試験、さらには就職活動全般に必ず役に立つと確信しています。  このコースは少人数だったため、一人一人に与えられる時間が長く、何回も繰り返していく上で試行錯誤することができました。特に、自己PRやテーマトークの講座では、自分のものをただ考えるだけでなく、他の受講者のものを参考にし、いいものは取り入れ、また更に自分に対する客観的な意見を複数もらうことができたことも良かったです。  また、三日間だけだったとはいえ、一緒に受講したメンバーとは、本気で頑張りたい、アナウンサーになりたいという強い思いがある仲間として、深い話を沢山することが出来ました。ただの馴れ合いになるのではなく、同じ目標を持つ人たちに出会えたこともまた大きな収穫です。  本格化していく就職活動に向けてエンジンをかけるきっかけになりました!三日間ありがとうございました。

  • 2017年 929クラス受講  M.Y.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「アスクは厳しいよ」何人かの友達から、そう聞いていました。就活直前のこの時期に、少しでも多くのことを学びたくてこの講座を申し込みましたが、アスクは厳しいという思いがあったので、受講直前までドキドキでした。実際に授業に行ってみて、確かに厳しい時もありました。しかし、その中には私達が成長するために不可欠な指導だったり、私達への愛の詰まったものであると常に感じていました。とにかく具体的に、どんなアナウンサーになりたいのか、どんな番組をやりたいのか、それは何故なのか、、、。自己PRや模擬面接、フリートークの時も、とにかく自分の考えや研究の甘さを思い知りました。この講座を受けていなかったら、何度も何度も落ちるESしか書いていなかっただろうし、落ちる面接しかしていなかったと思います。これから試験までとにかく研究を怠らず、とびっきり楽しい面接ができるよう頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

  • 2017年 929クラス受講  Y.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    《ES対策の授業内容について》 1日目、最初の授業から熱のこもった内容で感動しました。 他のアナウンススクールにも通いましたが、『伝える』お気持ちがすごく伝わりました! ただ、最終日の模擬面接の前に教わったことを踏まえて直せたらなと思いました。 《アナウンス技術に関する授業内容について》 みなさん、一人一人に熱心に指導してくださいました。自分の癖は、すべての先生に共通して指摘してもらいました。 癖がわかったので自習室などで改善する練習をできたらなと思います。

  • 2017年 929クラス受講  M.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「2019採用 就職セミナー」は三日間と長いようですが、実際はあっという間でした! 全体を通しての感想は「努力不足」ということ。自分ではスクールに通ったり、ESを何通も書くことで、少しは準備している気になっていました。しかし、全然足りない現実です。自分の事も充分に理解していないので相手に伝えることができません…。企業研究ができていなかったので志望理由も相手が納得できるものに仕上がっていません…。 まだまだやるべき事はたくさんあるのだと改めて実感しました。 テレビ局を目指すからにはもっともっと、自分と向き合う!テレビを見る!まずはここを強化すべきだと個人的に感じました。そして、自分としっかり向き合い、なぜ目指すのか?どういう番組を担当したいのか?自分にしかできないエピソードは何か?考えていきたいです。 その次に「会話を楽しむ!」こと。 技術的な面でも足らない点が多いので、ぜひご相談させて頂けたらと思います。 「2019採用 就職セミナー」のいいところは①先生が一人ひとり的確なアドバイスをくれる②今後も一緒に切磋琢磨していく仲間ができる③自分が何をすべきか見つかるところだと思います! 今後も自習室等アスクに通いたいです。 ありがとうございました。

  • 2017年 929クラス受講  A.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回の「2019採用 就職セミナー」で、自分のアナウンサーに対する気持ちに一番変化のあった3日間だったと感じました。3日間が始まる前はかなり緊張していた為「やっぱり行くのをやめようかな」と考えたり、ネガティブな気持ちが優先していましたが、「2019採用 就職セミナー」を通して自分は今一番何を直さなければいけないのかが明確となり、そして私は「アナウンサーを目指しているんだ!」と改めて自分の目標について見つめ直すことが出来ました。また、3日間を共に過ごしたアスク生の方とも将来の事について語り合えたり、お互いに情報共有をする事が出来たり、そういった点でもセミナーを受ける事に意味があるなと感じました。風が過ぎ去るように早かったですが、良いものをたくさん吸収できた3日間でした。

  • 2017年 922クラス受講  N.F.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間を通して、意識改革ができました。 夏のインターンに全く参加出来ず不安を感じ、駆け込むようにこの「2019採用 就職セミナー」に申し込みました。 元々アスク生の友達から授業の話を度々聞いており、受ける前は楽しみに思う気持ちと、何を言われるだろうという不安の両方を感じていました。 始まってみると、本当にあっという間の3日間でした。 明るい雰囲気で実習を行いながらも、的確で厳しい指導もしていただきました。 どの日の講義もすぐに就職活動に役立つものでした。 何がダメで今まで受からなかったのか、自分の中で納得し、次に向かう気持ちを作ることが出来ました。 このセミナーで出会った講師の方々やともにアナウンサーを目指す仲間からの言葉はどれも大切な財産になりました。 短い期間でしたが、これからの就職活動に長く活きる3日間でした。 ありがとうございました。

  • 2017年 929クラス受講  M.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「自分探しの旅」に出るためには、何をすべきなのか。この3日間で、自分に足りない要素が痛いほど見えてきました。 まずは、自分を見つめ直すこと。私って何?、どんな人?、どんなこと経験した?、何を感じた?、なぜアナウンサーになりたいの?、どうなりたいの?、、、。自分の中でふわふわとしていたものを、しっかりと具体的にしなければなりません。すっきりと整理させ、相手に伝えなければなりません。そのためのヒントを先生方にはいただきました。撒いてくださった種は、必ず実らせます。自分としっかり向き合わなればならないと感じました。 そして、企業研究。今まで通りの視聴者ではダメでした。細かいところにも焦点を当てて観なければなりません。とにかく具体的に!と、何度も先生にアドバイスをいただきました。今、このことに気づけただけでも、大きな進歩です。わたしだったらこう伝えたい、と思えるくらいまで突き詰めます。 もう不安はありません。寺崎校長先生を始めとした講師の先生方からのメッセージが、大事なエネルギー源です。この3日間で、ぼんやりとしていたものが、しっかりとした熱い想いに変わりました。「自分探しの旅」、いざ出発です!必ず、アナウンサーになって帰ってきます。本当にありがとうございました!!

  • 2017年 922クラス受講  H.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回のセミナーを受けて1番に思ったことは、まだ間に合うということです。 私は普段から喋りの訓練や話のストックを作っておくということは好きでもあったので、意識して行っていました。しかし、私はどうしてこのテレビ局に入りたいのか、どのアナウンサーが好きなのか、どの番組が好きなのか、それらはなぜなのか。 そのようなアナウンサーを志す根本的な理由や目標の研究ができていませんでした。自分のできていないことが浮き彫りになり、今後やるべき事が明確になったことはとても良かったと思っています。 大阪からの参加でスケジュール的にも過密でしたが、とても充実した3日間になりました。本当に参加してよかったです。ありがとうございました。これから夢にむかってさらに精進していきます。

  • 2017年 922クラス受講  C.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間お世話になりました。 「アスクは厳しいよ」と周りから言われていたので覚悟して行きました。ですが、親身になってアドバイスしていただき本当に参加してよかったと思います。まず、ESには自分をアピールする場がたくさんあることがわかりました。視覚で訴える、見やすい、わかりやすいESを目指して改善していきたいと思います。また、志望理由は自分の中ではわかっていても、人に伝わらないことがわかりました。アナウンサーになりたい理由を突き詰めなければならないと思いました。 さらに、初めてお会いする方と面接練習をしたのは今回が初めてだったので、今まで気づかなかった改善点がわかりました。 全体を通して、自己分析や志望理由が緩いことに気づきました。とことん自分に問いかけて、これしかないという答えを探します。 3日間アスクに来てよかったです。ありがとうございました。

  • 2017年 922クラス受講  A.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    とても濃い、とにかく濃い3日間でした。 「もっと早く受けていればよかった」この一言につきます。 私の最大の関門はエントリーシートだと考えていましたが、そのエントリーシートを書くまでの自己分析がまだまだ足りていないんだということに気がつきました。 自分がエントリーシートに書こうとしていること、面接で話そうとしていることはもっと深堀して置かなくてはと思いました。 また、自己PR動画についての講義がすごく参考になりました。動画ならではのPR方法を探します! いただいたたくさんのアドバイスを自分の中でよく消化して、本採用に挑みたいと思います。 ありがとうございました!!!

  • 2017年 922クラス受講  R.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    毎日クタクタになった3日間でした。 エントリーシートの書き方も、自己PR動画での工夫も、知らないことばかりでした。 アナウンサーを目指すたくさんのライバル達のことを考えると、何も知らず努力もせずにいた自分が情けなく、ただただ悔しかったです。 だけど、たくさんの先生たちからアドバイスをいただいて、もっと努力して絶対にESを通過してやる!面接官に私を選ばせてみせる!という気持ちも湧きました。 ここからは、自分の努力次第だと思いますが、自分の現状を知り、就職試験に向けて対策を練るきっかけになったと思います。 ご指導くださった先生方やスタッフの方に感謝いたします。

  • 2017年 922クラス受講  Y.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回この就職セミナーを受講して、 アナウンサー試験において自分のまだまだ足りない部分を知ることができました。 例えば、私は自分が思ってる以上に声が小さく、口が開いていないことが先生や一緒に受講した友達の指摘でわかり、毎日発生の練習を始めました。 また、自己PRがずっと定まらずに悩んでいましたが、今回自己PRをたくさんやらせていただき自信を持って自己PRができるようになりました。 私が中でも苦手だなと感じたのはフリートークです。まだまだ自分の中の引き出しが足りず、テーマを言われても自分の経験とリンクさせきれないことを実感しました。自己分析を深め試験までに完璧にしたいです。 最後の収録は私にとって初めてでとても緊張しましたが、3日間言われ続けて来た、早口を意識できました。 この3日間は本当に濃いもので、アナウンサー試験だけでなく、他の試験にも必ず役立つと実家しました。また、今までぼんやりしていたアナウンサー試験も明確になり、自分になにが足りないのか、今なにをすればいいのか学ぶことができました。また、試験について無知で、不安しかなかったのですが、同じ悩みを抱えた友達もでき、実際に模擬面接もやり、不安が、解消され、あとはさらに頑張ろうという意欲が高まりました。 3日間ありがとうございました。

  • 2017年 915クラス受講  S.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    このコースを受け、今後の課題や自分の直すべき点が明確に分かった。どの授業を受けても【具体性】が重要になってくると感じた。エントリーシートの書き方や自己PRで迷ったら、このコースを受けることを強くお勧めする。また、これからのやる気や自信にも繋がってくる。同じコースを受ける人の指導を見聞きすることで勉強になることも沢山ある。

  • 2017年 915クラス受講  K.M.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    朝から夕方までダメ出しされ、帰る頃には頭も声も使いきって毎日クタクタ。いわば合宿のような3日間でした。しかし疲れている暇なんて無いくらい発見の連続で、ダメ出しと修正を繰り返して自分の良さに気づかせてもらえました。就職活動とは、その自分の良さを採用する側にわかりやすく伝える事。セミナーを終えて、就職活動に対して以前よりも冷静に考えられるようになったと思います。バイト代の貯金は半分くらいになりましたが、自信は倍以上になりました。これからも自分を磨いて、もっと柔軟性を身に着けて、友人と、先生と、親と、兄弟と、とびきり楽しい会話を毎日して、楽しく頑張っていきます。ありがとうございました。

  • 2017年 915クラス受講  H.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この就職セミナーで、採用側が就活生に求めていることが分かったような気がします。これまではESや面接の意義を理解せずに、夏のインターンで敗戦を繰り返していました。 このセミナーによって、このESの設問1つにしてもにしても自分がどういう人間なのか見られていると気づくことができました。また、単に自分の成果を伝えるのではなく、達成するまでに感じたこと・考えたことをありのままに伝えることが人の心を掴むのだと実感しました。そして、相手を知ることの重要性も感じました。どんなアナウンサーになりたいのか、どんな仕事をしたいのか、これは徹底的にテレビ研究をしなければ話すことができません。メディア業界を目指しているならば、人並み以上にメディアに触れることを習慣にしなければならないと思いました。 これらは、一見当たり前のことのように感じますが、その当たり前のことを行動できないのが就職活動なのではないでしょうか。今回のセミナーで、分かっているようで分からなかったものが明白になりました。これからは行動するのみなので、3日間の学びを活かして精一杯頑張っていきます。貴重な授業、有難うございました。

  • 2017年 915クラス受講  M.H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    9/15〜9/17の三日間、大変お世話になりました。 前回は三日間集中の研究科を受けさせていただきました。その時にも感じたことでしたが、テレビ朝日アスクさんでは自分の欠点を見つけることができ、改善方法までしっかりと教えてくださります。また良いところだけでなく、悪いところをはっきり言ってくださるので、直さなければならない部分が早く見つかります。 就職セミナーを受けることによって、改めて「精一杯頑張ろう!」という気持ちになりました‼︎ ありがとうございました。

  • 2017年 915クラス受講  A.A.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間お世話になりました。インターンシップのエントリーシートが通らなかったことがきっかけで、今回のセミナーを受けさせて頂きました。あんなにダメ出しをされ続けたのはアスクが初めてで辛かったのですが、講師の方々が本気で指導して下さっているのだと感じ取れました。特に自己PRや模擬面接では、いかに自分の伝え方では言いたい事が相手に伝わっていないかが分かりました。セミナーが終わってからも就活の情報やエントリーシートの添削をして頂けるので、これからもお世話になります。本当にありがとうございました。

  • 2017年 915クラス受講  H.T.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    参加して感じた事は、言葉で伝えるということがどれほど難しいのかということです。私はアナウンサー志望ではなく総合職志望でしたが、スキルアップができるだろうと思い受講させていただきました。その中でも面接で何をどう伝えなければいけないのか、どうすれば自分が伝わるのかとても難しく悩んだ三日間でした。それでも以前の自分より考えが深まり、新たな考えも見つかりとても充実した三日間でした。またアナウンサーを目指す人達と学ぶことでいつも違った刺激を受けることができました。三日間だけでしたが滑舌の練習や喋り方の練習も学べたので、これは続けていき他の面接でも活かしたいと思います。夢であるスポーツディレクターを目指し、これからも努力を続けていきたいと思います。

  • 2017年 915クラス受講  K.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    1日目のES対策から始まり、テーマトークの練習や、ニュース読み等、学ぶことの多い3日間でした。 中でも特によかったのが最終日の模擬カメラテスト&面接です。 普段、面接を受ける機会は殆どなく、また、自分の姿をカメラで撮ることもないので、とても良い経験となりました。 最終日に行われたということで3日間での自分の変化にも気づくことができたと思います。 その他にも、情景描写や自己PR動画の添削等、ここでしかできない授業もあり、これから試験を受けて行く上での課題をたくさん見つけることができました。 普段、別のスクールにいっている方。初めてスクールに通う方。どちらにも有意義な授業であったと思います。 3日間、本当にありがとうございました。

  • 2017年 908クラス受講  H.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今までの自分は、何もわかっていませんでした。 今までの伝え方は、伝えたいと思っていたことが、全くと言っていい程伝わっていないということがわかりました。 面接やESのコツだけではなく、言葉選びの難しさと大切さも学ぶことができました。 話の具体性、声の大きさ、明るさは、基本で一番大切。どんどん自分探しをして、自信を持って"◯◎×△□"が出来るように頑張りたいです。
    (講座のポイントなので一部の言葉をあえて伏せました。ぜひセミナーにいらっしゃって直接私から聞いてください!校長寺崎)

  • 2017年 908クラス受講  A.Y.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    とてもためになりました。受講料や交通費、宿泊費を考えると決して安くはなかったですが、(※関西からいらっしゃいました。 校長寺崎)思い切って参加することを決めて良かったと思える充実した講座でした。自分では主観が入ってしまって評価しにくいエントリーシートや動画などをいろいろな人に批評していただく機会を持てたことは今後に活かしていけると感じました。また、体系的にまとめられている教本をいただけたり、今後もアスクの練習室を使えたりすることなど、3日間が終わってもずっとアスクを活用していけるような制度になっていたので今後もお世話になりたいと思いました。これからもよろしくお願いします。

  • 2017年 901クラス受講  H.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私はアナウンス試験に対してとても大きな不安を感じていました。 夏のセミナーはキー局どこも受からず、なにが悪かったのかもわからなく、どこから手をつけていいか手持ち無沙汰な状態でした。しかし、「2019採用 就職セミナー」を通して、自分のできていないところや、どのように取り組んでいけば良いか明確になりました。同時に、まだまだやるべきことが多いこともわかり、やる気が出ました。 どの先生もとても丁寧に教えてくださり、たくさん勉強できました。 自分自身に向き合えた三日間でした。

  • 2017年 908クラス受講  A.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間の「2019採用 就職セミナー」で私は、まだまだ努力が足りないと実感しました。 特に自己PRは、自分なりにたくさん考えてはいましたが、 あまり具体的に話せていませんでしたし、”ライブ感”を出すことができていませんでした。 他にも3日間で多くの”気づき”があり、とても意義深い経験となりました。 テーマトークや原稿読み、面接はどれも大事ですが、 まずはES!なんとしても選考通過できるようなESを書きたいと思います。 今回ご指導いただいた点を忘れずに、しっかり改善して、納得のいく就職活動をしていきます! 本当にありがとうございました。

  • 2017年 825クラス受講  E.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間、熱いご指導をありがとうございました。 普段の生活では出会えない、熱い仲間、講師の方と出会え、アナウンサーの夢がグッと近づいたと思います。座学というよりも、実践的な内容が多かったため、臨機応変に行動する力や、アドリブ力も身についたと思います。アドバイスも的確で、質問にも親身に答えてくれたため、目から鱗の三日間でした。大学三年のこの時期に、アスクに出会えたことは、とても実り多く、参加してよかったと心から思います。 これから、アナウンサーの内定を取るまで、共に戦ってくれる仲間や、講師の方がいると思うと心強いです。これからのESのご指導も宜しくお願いします!

  • 2017年 901クラス受講  T.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「とにかく参加してよかった!!」。この一言に尽きます。私に足りないものがたくさん出てきて、色々なご指摘を受け落ち込むこともありましたが、それ以上に、いいところもしっかり褒めていただいて、それが私のさらなるやる気につながりました。講師の方からのお褒めの言葉は、本当に嬉しかったです。 アナウンサーを目指すかどうかに関わらず、就職活動で必要な、自分を表現することや笑顔、元気、はきはきと!というのを3年生の夏に学べたことが私の自信に繋がりました!!

  • 2017年 901クラス受講  H.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間ありがとうございました。クラスが少人数だったので一人ひとり徹底的に指導してもらえたのがとてもよかったです!私は今回のセミナーで、ESと面接はつながっているということを初めて強く意識するようになりました。「面接官はESに書いてあることや貼ってある写真から質問をする。だから自分が語りたいテーマや話題を話せるような内容や写真を選ぶ。しかもパッと見てキーワードで分かりやすく」という先生の言葉を聞いて改めて過去のESを振り返ると、ただ新聞記事のようにずらずらと書いていて、内容も硬かったです。模擬面接でも、元気に明るくできていないどころか、なんだか引いてしまいました。今の自分が面接に行くとこんなにもひどいんだと、危機感を持つことができました。本番に向けて、気合を入れ直すことができました!自主練習にもどんどん行って、絶対にアナウンサーになります!!

  • 2017年 901クラス受講  S.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私はアナウンサー試験への対策がほとんど出来ていない状態で受講しました。 右も左も分からない状態でしたが、そんな私でも一から教えてもらえるカリキュラムの為、全体像がつかめ、自分に何がどれだけ足りないかを自覚出来ました。 現実を突きつけられ、心が折れそうにもなりましたが、先生方のご指導は厳しくも暖かく、また同じクラスの仲間たちに出会えたのは大きな支えになると思います。 自分を見つめ直し、頑張っていきたいと思います。

  • 2017年 901クラス受講  A.A.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    濃密な3日間をありがとうございました! 私は大阪から参加させていただきました!! 得たものはとても大きな財産となり、移動時間や経費を差し引いてもまだまだ残るものでした。 自分自信と向き合うことは、とても辛いことでしたが、901クラスのみんなが支えとなり一皮も二皮も剥けたと感じました。 実際に現役アナウンサーの方の話を聞くこともでき、アスクならではの貴重な体験もさせていただきました。 切磋琢磨できる仲間に出会い、自分を見つめ直すことができたこの3日間は、私の財産になりました。 絶対アナウンサーになってやる!!!!

  • 2017年 825クラス受講  N.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は今回の就職セミナーに参加して本当に良かったと思っています。遠方からの参加ということもあり、迷っていたのですが、アスクに来て正解でした。 自己PRや模擬面接などで、先生から丁寧なアドバイスを受けることができ、今後の課題を明確にすることができました。 意識の高い仲間に出会い、切磋琢磨出来るのもアスクの魅力です。 この出会いを大切に、そして自分をさらに見つめ直して、就職活動に励んでいきたいと思います。

  • 2017年 825クラス受講  T.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    自己PRの仕方やエントリーシートの書き方など様々なことを学べました。 同時に自分の足らない所が分かり、それと向き合うのが辛かったです。 ですが、今から何をするべきか分かりました。 本当に行けて良かったと思います。 もしも、就職セミナーを受講するか迷っている人が居たら、ぜひ受講してほしいです。 期待以上のものを得られます。

  • 2017年 825クラス受講  R.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間と短い期間でしたが、とても充実したセミナーでした。 今、何が自分に足りないのか、どのように伝えれば的確に伝わるかなどの丁寧なアドバイスを頂き、理解することが出来ました。 学んだことを今後のESや面接の時に反映したいと思います。 寺崎校長をはじめとする多くの方々に感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 818クラス受講  R.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は以前からアナウンサーを目指していたものの、実際にどんな試験があってどんな風に対策をすれば良いのか、また受かるESと受からないESの違いについての知識もとても未熟でした。しかし、実際に3日間受講した現在ではどんなことに気を配りながらESやその他の試験に臨めばよいのかなど、就職試験の具体的な対策の取り方についての知識を習得することができ、とても実りある時間だったなと改めて感じます。また、一番悩んでいた自己PRについてアドバイスをいただけたことが私にとって大きな収穫でした。今まで自分が考えもしなかったようなことが自己PRになると知り、残りの時間でたくさん練り直せばしっくりくるものが作れるかもしれない!と自信をつけて帰ってくることができました。 また、実際に地元でいつも観ていた憧れのアナウンサーの方に先生として指導していただけたことはとても貴重な体験でした。 同じ目標に向かって高い意識で頑張る仲間と3日間過ごせたこともアスクを受講してよかったなと思うことの一つであり、アナウンサー受験に向けてとても刺激のある時間となりました。アスクで学んだことを自分のものにできるよう、日々の積み重ねを大切にし、まずはインターンに合格できるよう頑張ります!本当にありがとうございました!

  • 2017年 825クラス受講  R.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は面接が苦手で克服したいと思っていました。アスクで「(フリートークも面接も)会話を楽しむ事」と「言いたいことをまとめる力を身に付ける事」を教わり、成長できたと思っています。たとえば、自分のアピールに意気込んで答えを用意すれば話はつまらなくなりましたし、「憧れの会社の先輩と話ができるー!」という心構えでいくと楽しい気持ちで面接に臨めます。言いたいことをまとめる力がないと、質問に対する答えが長くなったり、短く答えようとすると説明不足になったりします。 ESにも共通する、これらの自分の欠点に気がつけた事が、この3日間の何よりの収穫だったと思います。また、教えて下さる先生が毎授業ごと変わり、その度に違う目線でのご指導を頂けたことで、気付きが増え、より成長できたと思います。ありがとうございました。

  • 2017年 825クラス受講  A.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    就職セミナーで教えてくださった先生方、同じクラスで一緒に学んだ方々 3日間ありがとうございました! セミナーを受けて生まれたのは、 絶対にアナウンサーになりたい! という強い想いです。 私はキー局セミナーのESが1つも通りませんでした。 ESを出しては落ち、出しては落ちの繰り返しでこのままでは何も変わらないと思い受講を決めました。 受講を決めて本当に良かったです。 ESの授業を受けるまで一生懸命書いているのにどうして落ちるんだろうと悩んでいました。 私は〈相手に自分のことを伝える〉という基本的な事を忘れていました。 友人や先生からの的確かつ素直な感想を聞き、いかに自分のESが読みにくかったのか気がつきました。 この3日間で見つけた課題はここに書ききれないほどあります。まずは甘かった自己分析を見直そうと思います。 就職セミナーで同じ夢を持つ人と出会い、このまま簡単に諦めてたまるか!と感じました。ありがとうございました。

  • 2017年 825クラス受講  M.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    このセミナーは、学びと気付きと反省の繰り返しでした。そして、とことん自分自身と向き合えた三日間でした。自分らしさとは何なのか、なぜアナウンサーを目指しているのか、なってどんな事をしたいのか、自問自答していくうちに自己分析の甘さを痛感させられました。自分を良く見せようとするのではなく、ありのままの自分を表現することがいかに大切かを学びました。面接実習では自分を客観的に見て愕然。ひどく落ち込みましたが、寺崎校長から的確なアドバイスを頂き、今後の課題が明確になりました。ここで学んだことを生かして自分自身と再度向き合い、頑張っていきます。終了時刻を過ぎてしまっても一人一人に細かな指導をして下さった先生方には心から感謝しております。本当にありがとうございました。

  • 2017年 818クラス受講  A.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間本当に濃い授業をありがとうございました。 アナウンサーを目指し始めたのが今年に入ってから、と遅かったこともあり、アナウンス試験についてもっと詳しく知りたい。エントリーシートでつまずいていた自己PRを見てもらいたいと思い受講しました。  授業では、先生方からとても内容の濃い指導をしていただきました。自己PRも今まで以上に自分らしさが滲んだものになりました。 そして何より、強い関西アクセントや滑舌などの新しい課題を発見できました。 これからも頑張っていきたいと思います。

  • 2017年 818クラス受講  M.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    三日間、本当に密な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。 私はアナウンサー志望ではなく、就活に向けて短期間で発声のコツや自分の考えを相手に伝えるスキルを学びたく、申し込みました。 それにもかかわらず、講師の方々だけでなくクラスメイトも私の欠点や癖を丁寧に、根気強く指摘してくださり、基礎的な練習方法を教えてくださいました。 このセミナーを受けるまで、就活や自分が働く姿が曖昧で何から始めればいいのかわからず、また、自分を見つめ直すことの大切さを理解しきれずにいました。しかし講師の方々が、「日常を丁寧に生きる」と「自分に負けない勇気」を持つことの大切さを一貫して教えてくださったので、毎日時事ニュースを見たり、自分の人生を振り返り、時間をかけてその時どう感じたのか、また、どの職業で何がやりたいのかもう一度問うてみることがいかに重要かに気づけました。この三日間学んだことを、びっしり書いたノートを何度も読み返して立派な社会人になるために自分を磨いていこうと思います。 この授業を受けるまで、アナウンサーのイメージはとても狭いものでしたが、川瀬眞由美先生の「アナウンサーとはanchormanである」の説明がとても心に残りました。 ありがとうございました。

    ◯校長寺崎からひとこと
    M.O.さんはアナウンサー志望ではありませんでしたが、「2019採用 就職セミナー」で学んだことは決して無駄にはならないと思います。むしろ強い武器を手に入れるきっかけ作りになったのではないでしょうか。自分のことをいかにわかりやすく企業の採用担当者に、面接官にアピールできるかを教えるのが、この講座のテーマだからです。指導したことを今後の就活に生かして、夢をかなえてください!

  • 2017年 818クラス受講  N.U.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    アナウンサー試験を受けることを決めたのがつい先日であったので、3日間の短期集中で講座を受けられたのが大変良かった。講師のみなさんも、アナウンサーをされていた現場を知る方だったので、アナウンスの技術だけではなく実際のアナウンサー試験についてもたくさんアドバイスを頂いた。正直、こんなに教えてくれるの?というほど親切に質問にも答えていただけて、講師の皆さんの熱量や優しさに、ますますアナウンサーになりたいと考えるようになった。一コマ2時間で多くのことに挑戦したので、テーマによってはさわりだけというものもあったが、自身で練習していきたいと思う。初めてアナウンススクールに通ったが、講座の内容はもちろんスクールの雰囲気もとても良く、代表から全講師まで、とにかく生徒想いで親切であるのが伝わってきた。今後、どの講座を受講するかはまだ未定であるが試験に向けて真剣に取り組んでいきたいと思う。

  • 2017年 818クラス受講  R.H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間有意義な時間をありがとうございました。 自分が正しい思っていたESの書き方とだめな書き方が一致していてヒヤリとしました。他のことに気をとられると自分の声が小さくなってしまったり話しているときにクネクネしてしまう癖などもこの就職セミナーを受講したからこそ気づくことができました。また今自分が何をすべきかも知ることができました。セミナーは長時間ですが内容が濃く自分の為になるお話や指導ばかりですぐに時間が経って気づいたら1日が終わってました。すごく為になる3日間でした。先生方ありがとうございました!このセミナーを生かして頑張ります!!

  • 2017年 815クラス受講  M.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間で、「なぜアナウンサーになりたいのか」「アナウンサーになって何がやりたいのか」自分の目標がまだまだ曖昧であることに気づきました。自己PRもそうですが、表面的な言葉を並べているだけでは自分らしさが全く見えないという指摘を頂いたことがとても勉強になりました。自分だけの経験や思いを具体的に伝えていくことを大切にしていきたいです。 最終日の面接収録で、客観的に自分を見たときはあまりのひどさに正直落ち込みました。しかし、寺崎校長から大変納得できるフィードバックを頂けたので、今後しっかり反省して改善していきます。 採用試験がスタートする前に、反省点がたくさん分かったので、就職セミナーを受講して本当に本当に良かったです。丁寧なご指導をありがとうございました。これからもアスクを頼らせて頂きたいです!

  • 2017年 815クラス受講  A.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    セミナーではESや自己PRなどについて、採用試験を突破していくための秘訣を 学ぶことができました。今までの自分のESの書き方や自己PRの内容が、 どれほど間違っていたのかを痛感する3日間でした。先生方に一人ひとり丁寧に 指導して頂いたおかげで、今後どのように改善していけば良いのかを具体的に 知ることができました。 正直、今回申し込みをするまで、このセミナーを受講することを迷っていました。 しかし、今こうして3日間を終え、本当に受講してよかったと思います。 今後は、この3日間で学んだことを糧にし、本試験に向けて頑張ります。 ご指導本当にありがとうございました。

  • 2017年 815クラス受講  Y.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間は学ぶことが本当に多くて、充実していたのであっという間に過ぎたような感覚です。今まで自分が、アナウンサーという職業に関しての知識がいかに少なく、そしていかに考えが浅く抽象的だったかということがよく分かりました。自己PRやエントリーシート、面接にいたるまで、一人一人にとても細かく指導してくださりました。自分に何が足りないのか、これから何を勉強して何をすべきなのかを具体的に教えてくださったので、自分という人間をもう一度しっかり見つめ直し、どうしてアナウンサーになりたいのか、自分はアナウンサーとして何がやりたいのかを深く考えていこうと思いました。アスクに行かなければ本当に後悔していたな、と講座が終わった今すごく感じているので、この講座に参加できて本当によかったです。毎週通いたいくらいです!親身になってたくさん指導やアドバイスをしてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 2017年 815クラス受講  S.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間、ありがとうございました。 受講前は、自由に書いて良いという条件のESに関しては、どこまで自分なりの工夫をしたり、装飾をして良いのか悩んでいました。 今回の授業を受けて、派手な装飾を考えることよりも、「わかりやすさという」大切な軸がブレないようにして、ESを作成しようと思いました。 ESが通過しただけでは意味がないため、実践的なフリートーク、リポート、カメラテスト、面接の練習と、講師の方々のフィードバックがとても勉強になました。 自分が思っている以上に、もっともっと明るさや元気、声を出していかなければならないことに気が付きました。 発声練習や滑舌の甘さも思い知り、実践の前の基礎をもっとしっかり固めなければと思いました。 メリハリをつけて、想いが伝わる表現力を身につけていきたいです。 そして、具体的に、かつ軸がブレないように、伝えることと伝わることのズレをなくすことを心がけていきます。 改善してレベルアップした状態でセミナーや本採用に臨もうと強く思いました。 今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2017年 901クラス受講  M.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    就職セミナーという名に相応しい、アナウンサー就職試験に特化した講義内容でした。 実際にあった過去のESを参考に説明していただいたり、模擬面接や模擬カメラテストなど、ここでないと受けられないような講義が数多くありとても為になりました。本当にありがとうございました。

  • 2017年 815クラス受講  C.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    あっという間の3日間でした。 まず、ESの書き方と写真の選び方が目から鱗でした。 ESはただ写りのいいもの、言葉を並べるのではないということが分かりました。今後は、質問を引き出すような単語、会いたくなるような表情の写真を貼るなど工夫していきたいです。 また、原稿読み・模擬面接を収録したものを観ることで、自分の癖や面接官の立場が分かりました。試験前に客観的に自分の姿を観ることができて良かったです。 これまで面接は嫌なものだと思っていましたが、○○する所(※あえて伏せました。受講して直接聞いてみてください!校長 寺崎)だということを学びました。 自分の力不足を痛感する3日間でしたが、ここで学んだことを今後に活かしていきたいです。ありがとうございました。

  • 2017年 803クラス受講  F.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    就職セミナーを終え、自分がいかに、型通りの受け答えに執着していたか実感しました。フリートークや自己PR動画では、考えて来たことを思い出し、言葉に出すだけで、伝えることをしていませんでした。しかし、この講座を受け終えた今、自分にどの力が足りないのか、明確になっています。反省と気づきの多さに、悔しさを覚える3日間でしたが、この気持ちをバネに、さらなる自分探しの旅へ出たいと思います。先生方には多くの的確なアドバイスをいただき、本当に感謝しています。ありがとうございました!!

  • 2017年 803クラス受講  M.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間は、想像以上に有意義な3日間となりました。就職試験を受ける前に、自分は何をしなければならないのか、どういう準備をすべきか、今までは全然理解していませんでした。しかしこのセミナーを受けた今、やるべきことが非常に明確になり、歩むべき道が見えて来たと感じています。ES 、写真、自己PR動画など、ひとつひとつのポイントを細かく丁寧に教えて頂き、具体的にどうすればいいのかがよく分かりました。自分らしさとはなんなのか、どうしたら相手に伝わるのかということをもっと自問自答し、就職活動に向けて準備をしていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 2017年 803クラス受講  Y.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「アナウンサー」という職業について、とことん考え、沢山のことを吸収した3日間でした。ES完璧マスターや自己PR講座などを通して、自分が今やらなければいけないことが明確になりました。自分はなぜアナウンサーになりたいのか、アナウンサーではないといけない理由を見つめ直すうちに、様々な場面で自分の考えの甘さが見えてきて、悔しかったです。しかしそのおかげでモチベーションもぐんと上がり、アナウンサーを目指す気持ちもより一層強くなりました。アスクの先生方は毎時間、丁寧に相談に乗ってくださり、具体的なアドバイスをくださいました。そのおかげで自分に足りない部分を今後どのように完成させていけば良いのかが、今、はっきりと分かります。アスクを選んで良かったです。ありがとうございました。

  • 2017年 714クラス受講  M.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間は、本当に価値のある3日間でした。自己を見つめ直し、自分はなぜアナウンサーになりたいのかをとことん考える必要があるんだと気づきました。また、自己PRはセミナー中、何度もしますが、その度にどうやったら伝わるのかすごく考えさせられました。内容も何度も考え直し、セミナーが終わった今でももっとブラッシュアップしていく必要があると思いました。そして、1番は感情を入れて伝えることの大切さがよくわかりました。感情がないときれいな言葉を並べただけでは相手に何も伝わらないんだとわかりました。このセミナーを活かして就職活動を頑張ります。

  • 2017年 714クラス受講  S.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    1日6時間の3日間の講義の時間はあっという間に感じるほど、吸収することがたくさんありました。言葉を”話す”のではなく”伝える”ことが大切だということがわかりました。それと同時に伝えることの難しさを実感しました。今後、ESを通過させるための書き方や、試験に向けてやらなければいけないことが明確になりました。ほめられた点をさらに伸ばし、ご指摘いただいたことや、まだまだ足りないと思った点を伸ばすことに努めます。アナウンサーになるたのモチベーションが上がりっぱなしの3日間でした。ありがとうございました。

  • 2017年 714クラス受講  K.O.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    新たな自己PRを見つけることができ、面接やフリートークでこんなことを話せば面白いのかということを知ることになり大変有意義な講義となりました。 強いて言えば、日テレのインターンで実況やスポーツ原稿を読むことになり、今後のインターンや面接でもその手の原稿が多いかと思われるのでそういった練習もしてみたかったなと思います。 また、柔軟な対応力を鍛えるためのカードを使ったフリートークも時間があれば一度で良いのでしてみたかったです。 日テレのインターンはカメラテストで少し緊張し、イメージとしては本来の70%くらいしか出せませんでした。 フジテレビのインターンにも通ったので、次はもっと落ち着いて試験を受けられるように心理状態を持っていけたらと思います。 3日間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

    ◯校長寺崎からの返答
    K.O.くん 日テレのインターンで体験した実況やスポーツ原稿読み、カードトークは、採用試験ではカメラテストに当たります。こういった課題への対策をしたいなら、ぜひ【アナウンサー 試験対策実戦クラス】の受講をお勧めします。

  • 2017年 714クラス受講  Y.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間の授業で、ESが通らない理由が本当によく分かりました。自分のことさえ伝えられない事実には正直情けないと思いましたが、自分探しをする良い機会になったと捉えています。 特に印象に残っている授業は最終日の模擬面接です。面接官目線の自分を客観視した時は気づきの連続でした。普段の立ち振る舞い、表情、話し方を変えていこうと思います。 複数の先生からアドバイスをいただき、課題が明確になりました。毎週通いたくなるほど中身の詰まった授業でした。また集中授業でお世話になります。3日間ありがとうございました。

  • 2017年 630クラス受講  N. M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    アナウンサー試験を受ける上でのノウハウだけでなく、自分がこれから就職試験を受けるにあたっての心構えや、社会人として大切なことも教えていただいたと思います。 また、アナウンサーは「誰でも話せる日本語を話してお金をもらっているプロ」という言葉を聞いて、この仕事の奥深さも知ることができました。 自分自身を見つめ直すとても良い機会になりました!これから自分探しの旅に出ようかなと思っています。 本当にお世話になりました。ありがとうございました。

  • 2017年 707クラス受講  M. T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    一昨年の夏に基礎科、去年の夏に研究科に参加し、今年の夏は就職セミナーに参加させてもらいました。三日間集中講座だったので、受講生が5人程度しかいなく、先生方から細かく指導してもらうことができました。就職セミナーでは、将来アナウンサーになりたい方が受講していますので、基礎科と研究科と違い、受講生の必死さが感じられました。アナウンサーの就職活動で必要なエントリーシートの書き方や自己PR動画などアドバイスをもらったり、試験対策の内容を詳しく教えてくださり、また、実際に面接の様子をビデオに撮り、何回も見て、反省点や注意点をしてもらいました。面接やエントリーシートは、アナウンサー就活だけではなく、他の企業対策にも役に立てるかと思っております。私は、就活生なので、今回のセミナーに参加させてもらい、何が自分に足りないのかが明白に分かり、とてもよかったと思っております。

  • 2017年 630クラス受講  K. G.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    日本テレビインターンのエントリー締切が迫っていて、ESの書き方が今ひとつうまくいかず悩んでいたところ、「厳しく見てもらえる」ことで評判のアスクの門を叩いた。 授業では自分自身のESのダメな部分や面接での癖を厳しく指摘して頂き、やらなければいけないことがより明確になってきた。 キー局は宝くじと言われるような倍率の中、戦っていくことの意味を教えられ兜の緒を締める決心ができた。 これからもお世話になります。本当にありがとうございました。

  • 2017年 707クラス受講  T. Y.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    インターンが始まってから通過しなかった事に焦って「2019採用 就職セミナー」を受講しました。今回受講して、いかに自分がアナウンサーに持っているビジョンが曖昧で芯のないものだったのか、そして自己分析の不足を痛感しました。5人という少人数クラスでしたが、先生方に一人一人に丁寧に指導していただきとても内容が濃い時間を過ごすことができました。3日間7万円という少し高額で受講しようか迷いましたが学ぶものが沢山あり受けて良かったです。また、これからアナウンサー試験が始まる時にアスクで同じ目標を持って頑張っている仲間ができてモチベーションを上げることができました。3日間本当にありがとうございました。

  • 2017年 707クラス受講  K. H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    普段からアナウンススクールに通う人にもおすすめの講座です。 私はこのセミナーで、今まで細かい技術ばかり気にしていて、”伝える”という 根本のことを忘れかけていたことに気が付きました。 一日三つずつ授業で三日間、というのも体力面でもちょうどいいものだと感じます。 最初と最後以外講師の先生は違う方なので、 様々な角度からの批評をいただけます。この時期に受けると 受講者も少ないので、みっちり見てもらえるのではないでしょうか。

  • 2017年 623クラス受講  R.N.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    一気に学んだのが良かったです。 普段は2時間のレッスンが終わった後に 「習った意味は理解できるけど、肌感覚として掴めていないな」 と感じることがありました。 しかし今回は、ワークとフィードバックをひたすら繰り返したことで、 「大体こういう話し方とか書き方をすればいいんだな」 というのが感覚的にも理解できました。 また、模擬面接では思い通りのパフォーマンスができないという次につながる発見が出来ました。 他の受講生とも意見交換ができて、声の出し方だとか、インターン情報を共有できたのも良かったです。 大変為になりました。ありがとうございました。

  • 2017年 623クラス受講  R.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回のセミナーほど充実した日は過ごしたことがないと言えるくらい有意義な3日間でした。 自己PR方法、ES講座、模擬面接、VTR描写、どの授業からも毎回発見があり、学ばせていただいた点は多かったのですが、その中でもES講座と模擬面接からは予想以上に多くのことを吸収することができました。 ES講座では、書く優先順位、写真の選び方、自由欄をいかに上手く使うか等を教えていただきました。これを習ったことで自分の独断で書いてきたESでは絶対に通らないことを身をもって感じました。本番の試験に向け、夏休みなどを使って自分探しの旅に出かけようと思います。この授業を受けて、まだ自分には改善する余地がたくさんある、だからこの先ESが通る可能性だってあるのだというポジティブな気持ちにシフトすることが出来ました。 模擬面接では、自分が面接をしているところをビデオに収めてくれます。ビデオを通していざ客観的に自分を見ると、面接官の質問通りに答えていなかったり、目が泳いでいたり、表情が固かったり、早口になっていたりとダメな部分がたくさん見つかりました。ビデオを見終えて、「今日が本番でなくて本当によかった」と感じました。自分の改善点が驚くほどたくさん見つかりました。表情や話し方はもちろん、番組研究をしたり志望動機について今一度よく考える必要があると感じました。 この3日間は本当に有意義でした。まだ試験を受けていない私の立場から言わせていただくのは大変恐縮ですが、就職セミナーは絶対に受講すべきだと思います。自分の改善点が早めにわかることはそれだけ試験に向けての対策も早くはじめることができます。私も今まで以上に自分の改善点を克服し、良いところは伸ばしていけるよう努力したいと思います。 最後にアスクの先生方、3日間本当にありがとうございました。

  • 2017年 623クラス受講  S.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間を一言で表すと「無知の知」です。 アナウンススクールに通ったことがなかった私は、夏のインターンがどういうものか分かっていませんでした。同じアナウンサーを目指す人たちの完成度に驚き、本当に焦りました。 自身を持っていた自己PRも、周りの人と比べるとまだまだで、所詮自己満足に過ぎないことに気付かされました。 自分の悪いところとしっかり向き合い、周りの人のいい所は参考にすることで、3日間をとても実りあるものに出来ました。 これから何度もESを書き、面接を受ける事になりますが、ノートに書き留めた先生方の言葉を忘れずに頑張りたいと思います。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 630クラス受講  M. M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    九州からアナウンサーを目指してテレビ朝日アスクの就活セミナーを受講しました。 自分が考えていた以上にアナウンサー試験がとても厳しいことを知り、またほかの人たちのESや自己PRを見聞きしてみて、圧倒されました。 自分に足りないところや、自分が持っているよさなどこの就活セミナーを通して学んだことをもっともっと深く考え、自分探しをしたいとおもいました。

  • 2017年 630クラス受講  A. S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    こんなに自分について深く考えたことはありませんでした。 元々アナウンサーになりたくて上京してきた私でしたが、大学で学んだことや出会った人々の影響で少しずつ目標が変わってきていました。しかし、中途半端な気持ちで出していたアナウンスセミナーのESは撃沈。悔しくて、やっぱりどこかに諦めたくない気持ちがあって、そんな自分にきちんとアナウンサーという夢ともう一度向き合うために受講させて頂きました。 正直きつい3日間でした。ありのままの自分って何なのか、本当にアナウンサーになりたいのか、なって何がしたいのか、受講して家に帰って考えての繰り返し。こんなに自分の本音と向き合ったことは今までありませんでした。講師の方々は初めて会う方ばかりですが、自分の中途半端な部分をきちんと指摘して下さいます。出会ったアスク生のみんなも、同じ夢を追いかけているだけあって気迫が違います。「いっそやめてしまいたい」「いや、まだ出来る」そんな思いがぐるぐる回った3日間でしたが、本当に充実した時間でした。 この3日間で、上京してきたときの決意が再燃しました。「やっぱりアナウンサーになりたい。」 講座を受けるか迷っている人、アナウンサーに興味があるけど一歩踏み出せないでいる人、自分の夢に答えが出せないでいる人。決して安い買い物ではありませんが、もしアナウンサーになれなかったとしても、自分にとって最高の投資になると思います。 ありのままの自分を信じて、これからまた頑張ります。本当にありがとうございました。

  • 2017年 623クラス受講  H.A.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回就職セミナーを受講してとても良かったと感じています。 私はアナウンススクールに通っていないので、ESの書き方や自己PRの表現の仕方、動画の撮り方に関して全く知識のない状態で受講しました。そのため、3日間という短い時間でしたが新しい知識をたくさん身につけることのできる充実した時間となりました。 仲間の発言を参考に、自分の作り上げたものを何度も訂正するのはとてもつらかったです。ですが、繰り返しやるうちにわずかな成長は表れるので初日の発言と最終日の発言では質が違うように感じられました。 先生方や仲間たちに教えてもらったことを基に自分探しの旅を続けたいです。

  • 2017年 623クラス受講  M.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私はこの三日間でメンタルが鍛えられました! ほとんどの授業が自己PR系で、皆の前でお話をします。そこでは仲間や先生から厳しいことを言われたり、アドバイスをもらいます。 例えば、言葉遣いや態度、話の中身などです。 でもそこで自分が普段気づけないことを教えてもらうことができました! 他にも「ニュース見学」では普段見られないスタジオを見ることができました! 模擬面接では収録することで自分の受け答えをしている姿がみんなに見られます。それはとても恥ずかしかったですが、改善点を見つけることができました! 三日間全ての授業が延び、とても疲れましたが、授業の延びは先生の愛だと思っています(笑) この三日間で少し自分が成長できていたらいいなと思います。とっても充実したセミナーでした!!

  • 2017年 623クラス受講  Y.H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    とても濃い3日間でした。就職活動で自分らしさを伝えるためにどう表現すればもっとよくなるかを学ぶことができました。先生が個々それぞれに自己PR内容や動画などを指摘してくれることは滅多にないことであり、とても役立ちました。また、他の人のエントリーシートや、自己PR動画を見ると、自分に通じる改善点なども見つかり、参考になります。3日目の模擬面接では、自分のできなさに気付かされ泣きたくなる気持ちになりましたが、おかげで自分のやるべき課題が見えました。3日間のご指導本当に感謝しています。

  • 2017年 428クラス受講  Y.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回このセミナーを受けて本当に為になりました。今まで他のスクールへ通ったこともありましたが、アスクは授業中に一緒に受けている仲間からもアドバイス、指摘をもらえたので改善すべき点がたくさん見つかりました。講師の先生方はみなさん優しくて、ときに辛口な意見もありましたが、最近ではあまり辛口なことを言われる機会は無かったのでいい経験になりました。3日間と言う短い時間でしたが、今までで1番濃い3日間となりました。ありがとうございました。

  • 2017年 616クラス受講  Y.H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私にとって怒涛の三日間でした。 このセミナーを通して、自分を良く見せようとするのではなく、今ある自分をありのままに出せば良いんだと気づくことができました。スタジオ実習や模擬面接では自分を客観的に見ることで自分では絶対気づかないことや改善点などを見つけることが出来ました。同じ夢に向かって頑張っている仲間と過ごしたこの3日間は、私にとって、とても貴重な経験となりました。これから自分探しを頑張ります!ありがとうございました!

  • 2017年 526クラス受講  M.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    このセミナーは学びと気づきの連続でした。 まずはESについて、今までの自分の書き方がどれほど間違っているかを知ることができたのはとてもよかったです。 ESは自分の分身なんだなとしみじみと感じました。最後に個別の質問にも答えていただき、嬉しかったです。 自己PR動画についてもどういうものを作ればいいかがよくわかりました。 また、収録したフリートークや撮影した面接を見ることは自分にとってかなりプラスになりました。 反省点が多く見つかったので、1つ1つ改善していこうと思います。 ニュースやフリートークなどのテクニック面についてもこれ以上に真摯に向き合っていきます。 真剣で熱い指導をありがとうございました。これを生かして頑張ります!

  • 2017年 526クラス受講  A.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は5/26から3日間、就職セミナーを受けました。普段受講している研究科とは違い、短期間の集中講座なのでとても内容の濃い3日間でした。一番印象に残ってるのは、初めての模擬面接です。ここでは「面接は会話のキャッチボール」という事を学びました。始めは、面接官に怖いイメージを抱いていましたがそれは間違っていました。ただ自分が楽しく会話をしていないだけでした。「難しい言葉を使う必要はない」「取り繕う必要もない」「身の丈にあった言葉遣いでいい」それを聞いただけで一気に緊張がほぐれました。いつも通りリラックスして面接に臨み、誰よりも楽しむ事が大切だと学びました。そして3日間で得たものがもう一つあります。"仲間"です。就職セミナーで3日間を共にしてきた14人は良きライバル、そしてこれから情報を共有し支え合う素敵な仲間となりました。たった3日間でしたが、私には価値のある忘れられない3日間になりました。寺崎校長をはじめ、様々な先生方に熱心な指導をしていただき一皮も二皮も剥け成長する事ができました!本当にありがとうございました。

  • 2017年 602クラス受講  Y.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回この講義で自分に足りないところ、これから何をすればいいのかを詳しく教えてもらいました。漠然としていた疑問がはっきりと自分の課題として捉え直すことができました。ESの書き方、情景描写の練習、面接に進んでからの対策などはなかなか学べないので今回たくさん学ぶことができてよかったです。一つ一つの講義の全て内容が濃く、ノートを見返したら10ページ以上書いていたほどでした。この三日間で学んだことを生かし、これから頑張っていきます。ありがとうございました。

  • 2017年 602クラス受講  H.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    現役アナウンサーの方の当時のESを見ることが出来るのはもちろんのこと、少人数制なので先生が一人一人をしっかり見て下さいます!上手くいかずにへこむことも少なくないですが、全コマ、必ず次に繋がる授業です。

  • 2017年 602クラス受講  Y.A.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この就職セミナーに参加できて本当に良かったです。私はこれまでアナウンサースクールの類いのものに通ったことがなく、いよいよインターンの応募締め切りが近いということで、参加を決めました。アスクの先生方は私達生徒一人ひとりに、正直で的確なアドバイスをくださいました。イントネーション、滑舌、発声など技術的なことについてももちろん指摘されましたが、より魅力的にカメラに映る髪型・服装はどのようなものかなど親身に相談に乗ってくださいました。私はメイクと髪型をもっと華やかにしてみてはどうかと助言していただきました。ES講座では、実際に先輩が書いたESの修正前と修正後を見ながら、どのように表現すると効果的に自分をPRできるのか具体的に知ることができました。最終日の模擬面接は失敗ばかりで情けなかったのですが、ビデオカメラで入室から退室まで撮影していただけたので自分の喋り方の癖や内容のまとまりのなさを痛いくらいに気づかされました。私はなぜアナウンサーになりたいのかどんなところがアナウンサーに向いていると思うのか、3日間のセミナーによって自分の考えの未熟さを思い知らされました。また、自分の思いを端的に相手に伝える作業がどれほど難しいかが分かりました。しかし、それと同時にアナウンサーになりたい思いがこの3日間で非常に強まりました。この気持ちを大切にして、今後もアナウンサーになる為の勉強をしながらより一層自分と向き合い続けたいと思います。ありがとうございました。

  • 2017年 602クラス受講  H.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間とても刺激的でした。しかし同時に、自分の未熟さを痛感した日々でもありました。多くの改善点を宿題としていただいたので、一つ一つ解決し、自分の財産にしていきたいです。 また、仲間とも打ち解けられ、気負いすることなく3日間過ごせました。さらに、個性豊かな講師の方々のおかげで、様々な視点から「自分がどう見られているか?」も感じとれました。 短い期間でしたが、ありがとうございました‼

  • 2017年 602クラス受講  A.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    インターンシップへの申し込み直前に就職セミナーを受講しました。 3日間の日程ですが、どの日にも自己PRに関わることが学べます。ES、動画、面接のどれにおいても抑えるべき共通したポイントがあることがわかりました。自己PRが得意だと自信がある人はなかなかいないと思いますし、自信があっても実は伝わらないPRになっているかも知れません。苦手なことを3日間連続で行うことは辛いことですが、セミナーを受けたあとのESや動画は受ける前より具体的で伝わりやすいものになりました。 3日間連続で、一日の時間も長いため、予習や練習をして授業を受け、帰って復習するということを繰り返していると非常に疲れると思います。しかし、自分に何が足りないのか、練習や努力の方向と量が合っているかなど、様々な気づきがある充実した3日間になりました。

  • 2017年 602クラス受講 N.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    具体的な指導を受けられて勉強になりました。何度も、具体性がないと注意をうけ、その場で講師の方が瞬時に私だったらと、例を出していただきどのように具体性がないのか理解できました。 最後に、最終日電車の遅延でスタジオ実習に間に合わなかったときに、アスクに到着して瞬時にカメラを講師の方々が用意してくださり、スタジオ実習をうけさせていただきました。講師の方々の優しさが本当に心にしみました。ありがとうございました。 今後もアスクの教室を利用し、アナウンサーになるべく日々自分の表現力を磨こうと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 2017年 602クラス受講 Y.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    初めてアナウンサーに向けての対策の授業を受講しました。 優しく親身になって教えていただけたので、とてもわかりやすく理解しやすい指導でした。1クラス10人程度でした。一人一人を順番に見ていただけるので1対1で教えていただいるような感覚です。自分が見ていただいてない時でも他の人への注意やアドバイスも聞くことが出来るので、自分が持っていない足りない点をみつけることもできました。また同じ夢を目指している人たちの素直な意見も聞くことが出来るので勉強になりました。 1人1人に適したアドバイスで大変嬉しかったです。3日間という短期講座だからこその集中力をもって受けることができ、今回受講を悩んでいましたが受講して良かったと思いました。

  • 2017年 526クラス受講 H.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私はアナウンサーになりたいとずっと強く思っていました。しかし、どのような練習をしたらアナウンサーになれるのか漠然としていて、とても不安だったことからアスクに通い始めました。基礎科や研究科で学んだことで実践的な練習はできましたが、エントリーシートの書き方や写真の選び方、面接にどのように臨めば良いかなど、試験を受ける上で最初に必要になる基本的なことがわからなかったので、とても不安でした。そんな時、このアナウンサー 2019採用就職セミナーがあることを知りました。実際に受講してみたら、エントリーシートの書き方や写真の選び方、面接での受け答えに関することなどを細かく説明してくださり、漠然としていたところからアナウンサーになるための方向性が見えてきました。また、今まで研究科までで習ったニュース読みやフリートークなども改めて教えてもらうことで、自分に足りないところがわかりました。また、試験に関わることを総合的に学ぶことで、自分のモチベーションも上がり、もっと頑張ろうという気持ちになりました。 そのため、この三日間は私にとってとても貴重な三日間になりました。

  • 2017年 526クラス受講 A.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    あっという間の3日間でした。どの授業でも自分のレベルを確かめることが出来、自分の伸ばしたいところやクラスの皆から真似したいところ、まだまだ練習が足りないところを発見することが出来ました。特に、VTR情景描写はクラスで取り組むことで、「こんな視点があるんだ!」と学びが大きかったです。これから教えて頂いた方法で1人でもトレーニングをしていきます。また、模擬面接では緊張の中で自分の思いを伝えることの難しさを感じました。本番では準備万端にして臨めるようにしたいです。なによりも、夏のセミナーがいよいよ始まるという緊張感たっぷりのこの時期に同じ夢を持つ新しい仲間に出会えて高め合えたことが私の財産になりました。みんな頑張ってるから私ももっともっとやらなくてはいけないなとモチベーションが格段に上がりました。これからも切磋琢磨して一歩ずつアナウンサーに近づいていきたいです!ありがとうございました!

  • 2017年 526クラス受講 I.S.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    初めに3日間のご指導ありがとうございました。私にとってこの3日間は非常にいい経験になりました。初めてアナウンサースクールに通った私には全てが新鮮に感じました。意識の高い周りの仲間やきちんと指摘してくださる先生方など、この3日間は人生で1番自分のことを見つめ直した3日間だと思います。時間が過ぎても全員を平等に講評してくださる先生方の熱意にもとても有難く感じました。特に同じアナウンサーという職業を目指す同級生の仲間達から講評をされると自分の心に直接響いたような感じがします。また、スタジオ見学で実際のアナウンサーの方やディレクターの方々を見られたことはとてもいい経験になりました。 今後もお世話になることがあるかと思いますがその時はよろしくお願い致します。短い期間でしたが本当に貴重な経験をありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 K.S.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    技術的なところはもちろん、ESの書き方、自己PRや面接、テーマトークなどの授業を通して、なぜ自分がアナウンサーになりたいのか、自分とは一体何なのか、それら「自分らしさ」について自分と向かい合って初めてよく考える良い機会になりました。 これをきっかけに自分をよく知り、心にしっかりと耳を傾けて、アナウンサーになることについて具体的にどうしたいのか、探していきたいと思います。3日間ありがとうございました!

  • 2017年 526クラス受講 M.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    アスクの基礎研究科でアナウンサーに必要な技術、知識、アナウンサーのあるべき姿などの基礎的なことを学び、さらにアナウンサーになりたいというモチベーションが高まりました。 そして、3年生となった今、テレビ朝日の夏のインターンシップに参加したいという目標があるため、就職セミナーに参加させていただきました。 セミナーに参加するためには何が必要で、今何をしなければならないのか、など無知だった私にとって、この3日間はとても刺激的で勉強になったとともに、焦りと不安でいっぱいになりました。しかし、最終日の授業を終えてアスクのエレベーターに乗り込む時には「いつも自然体、とにかく明るく、どんな時も楽しむ!」と決心していました。 まず、セミナーの日までに与えられていた課題(ESや自己PR動画、写真など)の準備段階で、アナウンサーという職業は、どんな職種よりも、物凄くその人自身の人間性を見ていることがわかりました。ESを書く時に、私はなぜアナウンサーになりたいんだろう、と真剣に考えるきっかけが出来、自己PR動画を撮影して自分の話し方・声・表情ってこんなに変なんだと知り、写真を集めるためにこんなに自分の顔をまじまじと見たのは初めてで、携帯のカメラロールも自分の写真で埋め尽くされました。 私はそもそもESの書き方がわからず、自由に使ってくださいと言われているにも関わらずに、それに反抗して米粒のような字でびっしり埋め尽くしていました。それを今回のセミナーで指摘され、たしかに私が採用側だったら、私のようなESは見たくもないな、と思ってしまいました。ES提出締め切りまで本当に時間がないですが、もっともっと自己分析し、パッと見で人間性のわかる自分らしさに溢れたESに仕上げたいと思います。 自己PR動画も、「〇〇(※伏せました 校長寺崎)で磨かれた笑顔の素敵ないつも全力のアナウンサーになりたい。」で締めくくっていて、先生には、自分らしさがない、伝わらない、抽象的すぎて具体的なエピソードがない、面白みがない、と散々言われてしまいました。 チアダンスでどんな経験をしたのか、私にしかできない面白い具体的なエピソードをありのままの私で表現している自己PR動画を撮らなきゃ!と教えていただきました。 今回一番印象に強く残っているのが、「○○をする」(※セミナーでお話しします 校長寺崎)という言葉です。 自己PRにしても、志望動機にしても、どんなアナウンサーになりたいかにしても、私はいつも緊張して周りの目や意見を気にして良い子な自分を作りあげていました。それは精神的にも疲れ、面白くもなく、自分にとっても相手にとっても最悪でした。 模擬面接の撮影動画を客観的に見て、なんて酷い表情なんだ、これは自分じゃない、と思ってしまいました。 とびっきり楽しい会話を自然体でするには、自分探し、練習、慣れが必要だということがわかりました。 なにも文章を考えずにスムーズに質疑応答をすることは、まだ今の自分には到底できません。自然体でいれば、うまくいくというわけではありません。 もっともっと自分を知り、面接では相手を思って会話をするということを目標に、まずは自分探しをしたいと思います。 アナウンサーになるためには困難がたくさんあり、長い道のりですが、ひとつひとつ乗り越えていきたいと思います。 常日頃から、発音発声を意識し、テレビも今よりもっと見るべきです。 私の心に残った言葉は、○○(※伏せました 校長寺崎)のコーチに言われた「意地を見せろ」という言葉なので、この言葉を胸に、最後まで意志を強く持って諦めずに夢に向かって突き進みたいと思います。 そんな大事なことを今回の就職セミナーで教えていただきました。3日間は長いようであっという間に終わりました。ひとクラス約15人で3日間過ごし、仲も深まり、ラインのグループも出来、これからも一緒に頑張っていく仲間ができました。ESも面接もニュース読みでも、15人の良いところをたくさん吸収でき、お互い指摘しあったりして、共に成長できました。同じ夢に向かう仲間と切磋琢磨して、私も頑張っていきます。 アスクの先生方にはこの3日間、とてもお世話になりました。私たち一人一人のアナウンス力にしても人間力にしても、抜け落ちている足りない部分を厳しくもわかりやすく丁寧に教えてくださり、とても感謝しています。今回教えていただいたことを、これからの就活、人生に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 2017年 526クラス受講 M.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    先日はありがとうございました。 非常に為になる3日間になりました。私は、アナウンサーになりたい、なろう!と考え出したのが遅く、焦りを感じていました。しかし、就職セミナーでは分かりやすく丁寧に、それでいて的確に教えて下さり、この3日間を乗り切った事で自信に繋がりました。 不安だったESの書き方も丁寧に教えて下さいました。特に、説明を交えて現アナウンサーの合格したESを見られた事は非常に参考になったと思います。 先生方も熱心で、授業が延びる事もしばしば…最終日の最後の時間割は2時間も延長して生徒一人一人に疑問が残らないように指導して下さり、とても有り難かったです。受講して良かったと思っています。ありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 K.H.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この就職セミナーを受講してまず率直な感想は「このままでは絶対にアナウンサーになることはできない!」でした。3日間14人の同じ、アナウンサーなるという目標をもった方々と授業を受けました。1人1人の違った自己PR、考え方を聞き勉強になり焦りました。どの授業も先生方が細かくご指導してくださり自分に足りないものが見えました。ひとつひとつのことが詰めが甘かったのを気づかせてくれました。VTR描写、模擬面接をやったのは初めてでわからないことだらけでした。どのくらい話せばいいのかどこがポイントなのか模擬面接ではビデオの撮影があるため客観的にどう見られているかがわかりました。本番を行う前に練習できてよかったです。練習せずに本番だったらと思うと恐ろしいです。インターンシップ、本試験が始まる前のこの時期に自分を見つめ直すことができ心の底からよかったと思います。足りない部分を知ることができたのがまず大きな成長だと思いました。ここからが勝負だと思います!受講成果が出るよう日々自分を見つめ少しでもより自分らしさを出せるように頑張ります!3日間ありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

  • 2017年 526クラス受講 T.Y.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    受講した感想を一言で言うと、「行ってよかったー!」です。受講する前と後では、アナウンサー試験に対する取り組み方が一変しました。「なぜESを書くのか」「なぜ写真を自由に貼って自己PRするのか」「どういう状況で自己PR動画は見られるのか」それらの行為には全て意味があり、そして相手がいることをすっかり忘れていました。いつしか自分本位で考えていました。相手のことを思ってESを書き直してみると、自然と字も大きく要点だけに的を絞って書くことができました。知っていたら自分にも活かせることばかり!得られる情報は自分で掴みに行くことの大切さを痛感しました。 また自分を客観的にみることができ良かったです。鏡ではない人から見られている自分の姿は、目を向けられないほどひどかったですが、今知れたことが幸運でした!先生にも、ひとつひとつ丁寧に指導していただき、明日から何をしなければいけないのか、課題も分かりました。今まで闇雲に対策していたものが、一本の光が照らされたように、アナウンサー試験までのビジョンが明確になりました。 これほど高い意識を持った仲間と会うのは初めてでした。みんなライバルだからピリピリしているのかなと不安でしたが、全く違いました!「アナウンサーになりたい!」という純粋な気持ちで真摯に言葉と向き合っている仲間の姿に、「私も本気で頑張ろう!」と素直にモチベーションにつなげることができました。帰り際、先生に「いつでも相談に来てね」と声をかけていただきました。気軽に相談できる人がいることは、遠方に住む私にとって、技術や知識を得られたことと同じようにとても嬉しかったです。三日間のセミナーでしたが、これほどにまで親身に指導してくださったアスクの先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。 アスクで学んだことを日々の生活に活かして、夢に向かって頑張ります!そして、アナウンサーを志望している後輩に「アスク行かなあかんで!」と伝えたいと思います。三日間本当にありがとうございました!

  • 2017年 526クラス受講 R.T.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    三日間の就活セミナーは「あっという間」ではありませんでした。 各講義で濃密な時間を過ごし、1日が終わるごとに充実感と心地よい疲労感がありました。 ESでは、「こうすれば必ず通る!」というルールはなく、いかに「分かりやすい」ものであるかが重要であるのかが理解出来ました。「なんで?」「だから?」を大切に自分探しの旅に出て、わたしなりの表現方を身につけていこうと思います。 自己PRを何パターンも考えておいて組み合わせて秒数に適応することを知り、テーマトークでは「トピック」の選び方が重要であることを実感しました。 初日は吸収する量の多さに驚きました。 2日目からはどんどん同じクラスの仲間と打ち解け、共に高め合う雰囲気が良かったです。ニュースでは、自分の話し方のクセを痛感しました。VTR描写では、うまくいかなない部分もありましたが果敢にチャレンジして楽しく取り組むことができました。自己PR動画も内容を工夫し、「この人に会ってみたい!」と思ってもらえるような動画を撮りたいと思います。 最終日では、スタジオ実習や面接の様子を動画を撮ってもらえることで、自分を客観的に見ることが出来て良かったです。同じクラスのみんなに見られて恥ずかしい…!と始めは思っていましたが、 今のうちに失敗を経験してとても良かったです。 やるべきことは山積みですが、3日間通して「何をするべきか」が分かったのが一番の収穫です。 きっとこれは、このセミナーを受けなければ気づくこと出来なかったと思います。 セミナーを受けようと決意した自分にグッジョブ!と思うと同時に、 良い刺激を与えてくれた同じクラスのみんなと 熱心なご指導をしてくださった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。 授業後に個別にご指導くださり本当にありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 A.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間、手厚くご指導いただき、本当にありがとうございました。私が、この就職セミナーの受講した理由は、大手キー局のインターンシップを目前に控え、具体的にどう行動すれば分からず焦っていたからです。セミナーが始まる直前まで、ESの書き方も、自己PRも一人で考え、どうすればいいのかわからなくなっていました。何も準備ができていないことから不安な気持ちで初日をむかえました。しかし、まず、実際のニューススタジオを訪れ、生放送を見学。下平アナや三上アナの実際の仕事をこの目で見て、モチベーションが高まりました。同じクラスを受講したの仲間とは、最初こそ緊張していたものの、3日間通して、アナウンサー受験の悩みやESの写真、メイクアップなど、気軽に相談し合える仲になりました。今後もともに受験を乗り越えていく大切な戦友に出会うきっかけにもなりました。授業ではアナウンサーとして現場に出られている、ベテランアナウンサーから丁寧かつ具体的にアドバイスをいただきました。授業はひたすら自分をさらけ出す練習で、何度も失敗し、自分の実力不足に落ち込みました。しかし、今後自分がどうしていかなければならないかという方針が見え、もっと頑張ろう!と強い意志を持つことができました。これからは自己PRや志望動機を見つめ直す、自分探しをしていきたいと思います。この就職セミナーに参加し本当に良かったです。3日間ありがとうございました。これからも熱心なご指導よろしくお願いいたします!!

  • 2017年 526クラス受講 S.M.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間、とことん自分自身と向き合うことができました。自己PR動画指導やES指導、模擬面接などをとおして、繕うことなくありのままに自分を表現することの大切さ、どのようにすれば自分らしさをより表現できるのかを学びました。普段の発声練習やニュース読みの練習は言うまでもなく大切ですが、それらを一人でひたすら繰り返すだけでは得られない、他に大切なものを3日間で得ることができました。このセミナーで浮き彫りになった、自分に足りないものを埋めるため、今後いっそう努力していこうと思います。3日間熱心にご指導いただき、ありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 N.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この講座を受けて、自分が良かった点、悪かった点がはっきりと見えてきて、これから何をしていかなければならないかが明確にわかりました。また、ESと面接対策では自分では気付かない悪い点まで指摘をもらえました。 ただ、生徒一人一人に一生懸命指導してくれるのはとても嬉しいですが、できるだけ時間内に終わってほしいと思いました。 自分がまだまだだと感じ心が折れそうになりましたが、非常に有意義な三日間でした。ありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 K.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    初回のES指導からまさに「目から鱗」でした。 人生で1番充実した3日間でした。全て活用出来た時に初めてこのセミナーに意味があるものだと言えるので、ここを私の原点にして、これから自分探しの旅にでます。 【1日目】 ESにおいて、❶自己PR ❷志望動機 ❸どんなアナウンサーになりたいか を示すことが必須事項であることを、表現方法も含めて学びました。 自己PRとは自分がやっていることの説明ではなく自分のエピソードを使って自分らしさを伝えることであるということを学びました。 【2日目】 ニュースは読むものではない、自分を通して伝えるものだと学びました。そのためには自分でイメージをすることが大切だとわかりました。 作る表情ではなく、そのニュースの内容8割とそれに対する自然な感情2割で伝えると良いとわかりました。 自己PR動画において、映像ならではの見え方を捉え、改善点を明確にすることができました。 【3日目】 テレビ局の面接を人生で初めて経験し、自分の語彙力のなさ、固さ、自分らしい姿とはどういうものか、自己PRとは何かを再確認することができました。 3日間で気づいた改善点ややるべきことはそう簡単にできるものではありません。人生で1番難関なものでありますが、私はできるまで挑戦し続けます。

  • 2017年 526クラス受講 R.S.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    一つ一つがためになる知識の嵐でした。全体としては先生方の積極性がすばらしく、どの授業にも新たな発見がありました。質問にも的確に答えてくださり、個々のニーズにフィットしていました。 ESの書き方指導は、先輩方の例が非常にわかりやすかったです。あの例示がある程度の指標として考えられたので、その後の作成につなげられました。また、字で埋まっているものも、写真で工夫されているものも、合格例として提示されていたため、「どれが通るかわからない」ことが理解できました。 自己PRの授業は数パターン試させていただけたのが助かりました。お互いのコメントも役立ちました。 テーマトークも二回体験させていただけたことがありがたかったです。それぞれ違うテーマで勉強になりました。 ただ、これまでの入社試験でどういったお題が多いのか、などデータも教えていただきたかったです。 原稿読みに関しては疑問に思うところも多かったですが、初心に返って勉強になりました。 速報のニュースに関して、ある先生が「けが人がいなかったんだから、表情を明るく伝えよう」とおっしゃっていました。一方、次の日のスタジオ撮影では、担当の先生が「ここは笑顔なの?内容と表情は合わせて」とおっしゃっていたので、どちらにすべきか分かりませんでした。 VTR描写は非常に楽しむことができました。二種類できたことも大きいです。 個人的にはこのときの表情が気になったので、自分の表情をビデオで撮りたかったです。 動画指導は私に関しては的確な指導を頂けて満足でした。ただ、他の方が「ちょっと微妙だから寺崎先生にも伺ってください」と言われていたため、各授業に対する個別のフォローをする機会があればありがたいと思いました。 スタジオ撮影は自分の表情を再度確認できたことが役立ちました。指導に関してもとてもわかりやすかったです。自分の苦手や弱点を再発見する、ベストな方法に感じました。 模擬面接は緊張に緊張が重なって精神的に疲れました。ここで緊張している場合ではないと思いつつも、やはり面接はなぜか緊張するものなんだということを再認識しました。今後はこの緊張とどう付き合っていくかを考えようと思います。 面接指導は十分にわかりやすかったです。いまの自分がどう見られているのか、またどう見えるのかわかりました。話し方のクセや自己PR、表情など収穫の多い授業でした。 ただ、VTRを見てだけでなく、面接官の先生方の感想も伺いたいなと思いました。 重なりますが、全体として非常に実りの多い三日間でした。 特に最後の寺崎先生のご指導でようやく気づいたことが1つあります。 自分を信じるしかない、ということです。何度も添削をお願いすることで、自分が得たかったのはESの刷新ではなく、安心感だったのだと思います。 いろんな人にきいて、いろんな意見を元に作成しましたが、安心できない自分がいました。それはおそらく、自分が自分のESに納得できていない、自分を反映しきれていないからでした。もう一度、自分が納得のいくESを追求してみようと思います。どこに通るかわからない、たった一つの局だけ受かることもあると聞いて、御縁を求めるには自分が納得できるES、PRで臨みたいと思いました。

    ◯校長寺崎からの返答&補足説明
    R.S.くん ニュース読みについて、先生によって意見が違い、迷ったとのことですが、こういうものです。実際にアナウンサー一人一人ニュースの読み方が違うのと同様に、先生が生徒の読みを聞いた時皆さんそれぞれ印象も受け止め方も違います。R.S.くんも同じ原稿を読んだとしても日によって読み方も表情も変わって来るはずですしね。 採用試験においても、面接官は複数いてそれぞれがそれぞれの評価をします。1次試験→2次試験→3次試験→…と進んで行くと違う面接官が出て来ます。視聴者も老若男女各世代、各地域、色々な方がいます。「2019採用 就職セミナー」できる限り授業ごとに違う先生に担当していただいて、幅広い意見を提供し、指導していただくようにしています。だから、違う感想が聞けるというのは、良いことだと私は思います。 「各授業に対する個別のフォローをする機会があればありがたい」とのことですが、R.S.くんも私に質問したあの時間。最後の授業の終わった後、かなり遅い時間になってしまいましたが、総合質問コーナーを設けましたよね。 各授業でフォローしていると多分、毎日終電に乗れなくなっていたでしょうね(笑) あなたの言う通り、「自分を信じるしかない」です。自分を信じられない人が胸を張って大きな声で自己PRなんかできません。それを得ただけでも、3日間のセミナーを受けた意義があったと言うことです。(自慢げに、ドヤ顔で)

  • 2017年 519クラス受講 R.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は今回、初めてアスクの講座に申し込みました。初日に、IDカードを既に持っていて、仲良さげに話しているアスク生を見て、とても焦りを感じました。しかしそれが逆に私も頑張らなくては!という意識に変わったので、私にはとても良い刺激でした。 正直なところ、私は自分の何がだめなのかということすらわからない段階でした。試行錯誤しながらESや自己PRを考え、その中で「ここは良いね」「ここはもう少し直そう」というのを的確に指導してくれたので、わからないところや自分の弱点を知ることができました。 また、実際にカメラを通して自分をみることにより、まだまだ自分を良く見せる工夫が必要だということにも気づきました。着飾る必要はありませんが、第一印象を良くするためにできる工夫はたくさんあると思います。ヘアメイクにしても、立ち姿にしても話し方にしても、そういうのは一度自分というフィルターを取っ払い、客観視することによって解決策が見えてくると思うので、貴重な体験ができて良かったと思います。 そして何よりも良かったことは5月のこの時期に受けれたことです!!早くてダメなことなど何一つないと思います。インターンの時期が早まったりしている中、5月に対策セミナーを受けることができて本当に良かったです。 絶対に活かして、まずはインターンを突破し、そして本採用へ臨みたいと思います。 三日間、ありがとうございました!

  • 2017年 519クラス受講 R.H.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    3日間とても熱い指導をありがとうございました! 今回、このセミナーに向けて準備してきたモノは、まだまだ甘かったことを痛感しました。 ESや面接、自己PR動画や情景描写など、これからやるべきことはまだまだあります。 ここで得たことを活かし、アナウンサー試験に向けていい準備をしていきたいです! ありがとうございました!

  • 2017年 519クラス受講 K.G.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この度は3日間、大変お世話になりました。 続々とキー局のセミナーの情報が解禁して行く中で、私はどのように自分の力をもっと伸ばせるのか。そして、セミナーに突破できる力をどうすればつけられるのか。そう思い受講しました。 この就職セミナーではES、自己PR、面接、ニュース読み等、 アナウンサー試験に必要不可欠な要素が盛りだくさんでした。授業を受けて行く中で、自分の苦手な分野や、今自分は何を詰めなくてはいかないのかというのを知ることができました。 また、学ぶだけではなく実際に現役のアナウンサーがニュースを読んでいるスタジオに行ったり、たまたまアスクにいらっしゃったOGの方に質問する機会を頂けたりなど、自分のモチベーションもあげることができました。 クラスの人数が多く、少し不安ではありましたが授業時間を2時間もオーバーするほど熱心にそして親身に生徒のことを考えてくださったのでとても濃い3日間を過ごすことができました。 まずは 目の前のセミナーに向けて精進していきたいです。また何かありました際にはどうぞ宜しくお願い致します。3日間、ありがとうございました!

  • 2017年 519クラス受講 M.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    人に伝えることの難しさや、楽しさを知れた三日間でした。 普通の企業の就職とは全く違うアナウンサー試験では、ESでも面接でも、どれだけ相手の気持ちを考えられるか、相手と会話ができるかが重要であることがわかりました。特に面接の練習では、限られた時間の中で、存分に自分の個性を発揮するためにも、相手にわかりやすいように具体的に説明すること、相手との会話を楽しもうという意識を持つことを学びました。 セミナーに出る前は、失敗したら嫌だなと思っていたのですが、セミナーでどんどん失敗して自分の弱点を見つけてもらうことで、とても良い経験をさせて頂いたと思います。ぜひ参加することをオススメします!!

  • 2017年 519クラス受講 R.G.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    この度は、3日間ご指導頂きありがとうございました。 今回のセミナーを通して、自分の弱点やESでやってはいけないことを学ぶことができました。 講師の方々は、僕の弱点を指摘するとともに、自分の強みも教えてくれました。 弱点に関しては、なぜダメなのか?どうしたら良くなるか?を分かるまで指導してくれました。 そして1番受講して良かった事は、同じ仲間と3日間同じカリキュラムの中で学ぶ事です。仲間からのアドバイスは本当にありがたかったです。 まだ受講してない方で、もう遅いかなと思った方も、受けた方が格段に良くなると思います。

  • 2017年 519クラス受講 M.U.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    私は「アナウンサーは伝える仕事だよ」と授業中に先生が仰ったこの言葉によって自分に足りない多くのものに気付かされました。また受講中自己PRを秒数を変えて何度もやったので、少ない時間でより具体的に伝えるにはどうしたら伝わるのか等、対策立てにとても役立ちました。中でも自己PR動画は事前に撮ったものをご指導頂けたので、内容とカメラで撮って写ったもの自分の固定概念を払拭して下さったので良かったです。 また一番最後の授業では、模擬面接を前の時間にやり、それに対して講評を寺崎校長から頂け、終了時刻を過ぎても1人1人細かくご指導頂けました。面接ということもあり、VTR中では答えを思い出したり受け答えをしてる際に自信を無くしてしまったりと面接官に不安を与えてしまう等、客観視できる事もこの講座の魅力だと感じてます。 この濃い3日間、よりアナウンサーになりたいと強く思えた反面まだまだまだまだ自分史と業界の勉強不足だと気づけます。 受講を悩んでいる人は絶対に受けた方いいと私は思います。自分の為になる授業が沢山詰め込まれ濃厚な3日間を過ごすこと間違えなしです。 先生方、とても濃い3日間をありがとうございました!邁進していけるよう頑張ります。 ありがとうございました。

  • 2017年 519クラス受講 N.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    とても濃い三日間を過ごせました。これほどまで自分自身を見つめなおした時間はありませんでした。私がこのセミナーで特に苦戦したのは、自己PRです。今まで自分の強みや人間性を考える経験も、ましてそれを初対面のクラスメイトに面接官に伝える経験もほとんどありませんでした。だから、とても難しくかなり葛藤しました。しかしこれがきっかけで、友人や家族に自分がどんな人だと見えているのか聞く機会が持てましたし、自分の新たな一面も自覚できました。  大学3年の5月という比較的早い時期に受講をしましたが、この選択は正解だったと思っています。クラスメイトからたくさん刺激を受けて、アナウンサーという目標に向けたモチベーションがグンと上がりました。更にこれから始まる就活を一緒に乗り越える仲間もできました。受講を終えた今の気持ちをこれからもずっと忘れずに頑張っていきます。ありがとうございました。

  • 2017年 519クラス受講 M.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回の就職セミナーは、たくさんの講師の先生から本音の辛口コメントをいただけたことがとても良かったと感じております。普段のアスクで学んでいる発音や発声などは置いておいて、就職セミナーに向かう姿勢や心構えを学べたことはとても大きいものだなと思います。私と同じクラスの受講生のみなさんはもうほとんど習得しているものだと思って、怯えながら迎えた就職セミナーでしたが、意外にもスタートラインは同じなのかなと感じたので、これからが勝負だと実感しました。得たものが多くとても混乱していますが、その分、改善点が分かったのでこれから努力していきます。

  • 2017年 519クラス受講 M.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    5/19~21の3日間「2019採用 就職セミナー」でお世話になりました。ニュースでは今までアナウンサーらしく読もうとしていたのですが、生き生きと自分らしく伝えるということを学び、考え方が変わりました。また今回初めて模擬面接を受け、自分が緊張するとどうなるのかを客観的に見ることができました。とても恥ずかしかったけれど、本番の前に現実を知れてよかったなと思いました。まだまだ改善点がたくさんあることが分かったので、セミナーで学んだことを活かして本番に臨もうと思います。3日間ありがとうございました。

  • 2017年 519クラス受講 M.O.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回の就職セミナーは、ESの書き方から、自己PR、最終的には模擬面接についてもアドバイスしていただき、3日間という短い中で濃い内容を学ぶことが出来ました。 スタジオ見学では普段見ることのできないテレビの裏側を見て、本番前の緊迫した雰囲気、本番中のアナウンサーの喋る様子に興奮しました。スタジオから近いところにあるアスクならではの特権だと思います。 自己PRやフリートークの練習では具体的に話したつもりでもまだまだ「より具体的に」しなければいけないなど、自分では気づけないようなことをアドバイスしていただいきました。 この就職セミナーでは自分と同じ目標をもつ仲間に出会えることも魅力の一つだと思います。初対面の人ばかりでしたが、この3日間で仲間のアドバイスを聞くことでも互いに高めあえたと思います。 模擬面接の講評では、終了時刻を過ぎても寺崎校長が熱心に一人ひとりに丁寧で的確なアドバイスをくださった時は、先生もこんなに応援してくださっているのだから、もっと頑張らなければ!!と思えたのでそういう点でもこの就職セミナーを受講して良かったです。

  • 2017年 519クラス受講 M.A.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この3日間で、「自分がアナウンサー就活のことを何も知らなかった」ということを痛感しました。 ESのこと、面接のこと、自己PR動画のこと、カメラテストのこと…、どれもこれも初めて知ることばかりでした。 もし就職セミナーを受けなかったら、と思うととても怖くなります。 そして、先生方の熱いご指導には、感謝しかありません。一人ひとりに良いポイントも悪いポイントもみっちりご指摘くださり、大変参考になりました。自分だけでは絶対気づかないことだらけでした。 受講して本当に良かったです。

  • 2017年 331クラス受講 Y.A.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    三日間ありがとうございました。三日間はあっという間で、とても内容の濃い、素晴らしい期間でした。就職セミナーでは、ESの書き方を初め、自己PR、情景描写、ニュース読み、スタジオ見学、メイク講座等、アナウンサーになる為に必要な知識や技術を教えてくれます。そして、その教えて下さるもの一つ一つが自分の現状を認識させると同時に、自分に足りないものを具体的に表しているものであったと思います。今まで基礎を積み上げてきたつもりでも、それはプロから見れば基礎ではなく、ただの自己満足の積み上げでしかないことに気付かされることもありました。それも当然。これからプロの道に向かう訳ですから、講師の方もプロに通用するだけの技量を身に付けてほしいと、歯に衣着せぬことを仰ってくださいます。講師の方も、そして勿論、我々受講生も本気で取り組んだ三日間であったと思います。あと、余談ではありますが、遠方から来られる受講生の方と一緒に授業を受けることで、ライバルは東京だけでなく、全国にいるということを肌で感じました。そうしたことも相まって、あの日以降さらにアナウンサーになるという気持ちが強くなりました。本当にありがとうございました。

  • 2017年 428クラス受講 S.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「自分に足りないもの」これを認識できたことがわたしにとっての1番の収穫でした。就職セミナーを受講する前は、アナウンサーという夢に向かって、基礎研究科の受講や説明会への参加、アスクの先輩方からお話をお聞きするなど自分なりに頑張ってきたつもりでした。しかし、この3日間のセミナーで、アナウンサーになりたい!という気持ちが先駆ける一方で、どうしてなりたいのか?何がやりたいのか?自分にはどういう強みがあるのか?など、具体的な受け答えや準備が全く出来ていない自分に気づかされました。セミナーでは、ESから面接まで実際の試験に近い内容に取り組んで来ましたが、どの講義においても自分の知らなかったことや出来ていないことがたくさんあり、自分は今まで何をしていたのかと思い悩むことが何度もありました。しかしそれと同時に、今この時期に「自分に足りないもの」を知ることができて本当によかったと思いました。また、実際にテレビ朝日の生放送を見学したり、同じ夢に向かって努力する仲間と出会って情報交換をすることもでき、ますます気持ちが高まりました。今度はこの気持ちだけで先駆けることなく、今回のセミナーで認識した「自分に足りないもの」を1つ1つ克服しながら頑張っていきたいと思います! 最後になりましたが、授業の終了時間を過ぎてしまっても、1人ひとりに的確なご指導をしてくださったアスクの先生方には心から感謝しています。ありがとうございました。

  • 2017年 428クラス受講 U.K.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回の授業で特に良かった点は、ESの書き方や写真の選び方を教えていただいた点です。 授業までは、なかなか習う機会がなく、書き方も分からなかったです。 しかし、今回書き方を学んだことで、夏のセミナーにも活かすことができます。 また、自己PRについてもその重要性を強調されていたので、より深く自分と向き合おうと思いました。 面接も実際同様の緊張感で臨めて良かったです。面接が2回ほどあるともっと練習ができて良かったと思います。 今回は本当にありがとうございました。 また機会があればよろしくお願い致します。

  • 2017年 422クラス受講 N.N.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    「できないことの把握」 これが私がこのセミナーでの一番の収穫です。 なんとなく対策していた、ES選考や面接を本番とほとんど同じ形式で受けました。実際に受けてみると、ESの内容が自分の意図しない内容で伝わっていたり、面接では思ってもいないこと口にしてしまったりと、たくさんの「できないこと」に出会いました。そして「できないの把握」さえできていなかったことに気づきました。 1日目は「このままじゃアナウンサーなれないな」と思うくらい落ち込みました。しかし先生方の温かいお言葉のおかげで、セミナーが終わる頃は「できないことを知れてよかった!」と、今後やるべきことが見えるようになり、とてもポジティブな気持ちで終えることができました。 インターン選考開始まであと少し。できないことへの不安はまだまだありますが、アスクで教わったことを基礎に毎日精進します。そしてまずはインターン選考を突破し、アスクに感謝の気持ちを伝えに行きたいです! ありがとうございました!

  • 2017年 428クラス受講 A.I.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    基礎科と研究科を受けた私はそれで満足してしまい、ギリギリまでこのセミナーの受講を迷っていました。考えが甘かったです…。 このセミナーを受講してみると、ESの書き方や情景描写のコツなど、知らなかったことが多く、驚きの連続でした。 何より衝撃だったのは、アナウンサーに関しても、自分自身に関しても、分析不足であるということです。なぜ?どのように?といった具体的な追及に答えることができなかったのです。この3日間で過去の自分と今の自分、そしてアナウンサーとして働く未来の自分について何度も何度も考えさせられました。 発声や滑舌練習はもちろん大切ですが、それよりも私に必要なのは自己を見つめ直す時間だと実感しました。 また、同じ目標に向かって努力している仲間と出会い、情報交換やフィードバックを行うことでアナウンサー就活へのモチベーションを上げることもできました。 受講して本当に良かったです。 講座の時間を約2時間オーバーする程熱いご指導をしてくださった寺崎校長をはじめ、講師の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。 3日間ありがとうございました!

  • 2017年 422クラス受講 A.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回のセミナーは自分自身と向き合う2日間でした。自分らしさって一体どういう事なのか、それを分かりやすく伝えるにはどうしたらいいのか、言葉の難しさを痛感しました。私の場合、自分の中でまだ考えが定まっておらず、自己PRを考えるのにも一苦労。先生方からも厳しい指摘を受けました。2日目に収録した模擬面接ではあまりの出来なさに心がズタズタになりました。けれども今回、沢山失敗して落ち込んだ分、自分の課題が明確になりました。 そして何より、就活に対する意識が変わりました。夏に控えるインターンを前に、今この時期にアスクに来て本当に良かったです。学んだ事を次に繋げられるよう頑張ります。ありがとうございました。

  • 2017年 331クラス受講 M.B.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    この春休みの時期にアスクに来られて本当に良かったです。私はこの就職セミナーを受けて、アナウンサーの就職試験に対する心構え、心の準備ができました。勿論学んだことは数えきれないくらいありますが、心構えで重要なことは、気負いすぎず自分らしくということです。無理に自分を着飾ろうとせず、ありのままの自分が大切だということを知り、自分の中のプレッシャー、心の荷が良い意味で軽くなった感じがしました。さらに、アスクで同じ目標を持つ仲間に出会え、1人1人違った個性や強みを持っている仲間から刺激をもらえたこともとても良かったです。3日間全体を通して、緊張した時の度胸、語彙力を増やすこと、話し方、タイムコントロールの能力などこれから必要な多くのことに気付きました。フリートークや模擬面接では、緊張感のある状態での自分の姿を客観的に見た時に、改めて話し方、自分の表情や癖の改善点を見つけ出すことができました。これから、逃げずに自分と向き合い、自分にしか表現できないもの、自分らしさを見つけていきたいなと思います。 こんなに充実した3日間を過ごせたのも、寺崎校長、アスクの先生方のおかげです!本当にありがとうございました。私を変えてくれたアスクに良い報告ができるよう頑張ります!

  • 2017年 331クラス受講 K.S.さん(女性) (2019採用 就職セミナー)

    今回受講した3日間の就職セミナーでは、自分と向き合い、自分を深く見つめ直すことが出来ました。普段はなかなか客観的に自分を見つめる機会がありませんでしたが、実際に講座を受講してみて、自分が周りに与える印象や、欠点、改善点など、普段の生活の中だけでは発見できなかった部分を、講師の先生方が一人ひとりにしっかりアドバイスをしてくださいました。まだまだ自分自身の研究や努力が足りないことを改めて痛感しました。特に私は、情景描写の授業に苦戦しました。情景を見ながら自分の言葉でわかりやすく伝えることがどれだけ難しいことなのかを実際に体験して、今後の自分の課題を見つけることが出来ました。この時期に講座を受講して本当によかったと思います。また、アナウンサーを目指すにあたっての準備や心構えができ、ありのままの自分を表現する大切さを学びました。これからはさらに自分を磨いて研究し、そして力をつけて試験に挑みたいと思います。3日間でアスクで学べたことは数えきれないほどたくさんありました。同じ夢を持つ仲間同士と語り合い、お互いのモチベーションも高めることも出来ました。寺崎校長先生をはじめ、アスクの講師の方々の熱いご指導と、あたたかい雰囲気で楽しく学べる環境に身を置くことが出来て本当に本当によかったです。常に諦めない心をもって精進して参りたいと思います。ありがとうございました。

  • 2017年 526クラス受講 K.S.さん(男性) (2019採用 就職セミナー)

    三日間の就職セミナーで御指導頂きました先生方、ありがとうございました。研究科で授業を受けて以来お会いしていなかった先生方が、「久しぶり。」と声をかけてくださったことが、とても嬉しくて励みになりました。就職セミナーを受ける前は、大きな目標を前に、何をするべきなのか、自分が取り組んでいることは果たして合っているのだろうかと、不安になりながら近道を探していました。しかし、この就職セミナーに参加し、先生方のご指導を受けることで、自分が踏むべき一歩一歩が見えてきました。まず、自分を知ること。「あなたのことを1番わかっているのはあなただよ。」という先生のお言葉に,心の中で二回深く頷いたのを覚えています。どんな経験をし、どんなことを感じ、どんな将来を夢に見ているのか思い出す、まずここからスタートしようと思います。実はもう既に一つ思い出したことがあります。それはエンジンがかかったら何があっても走り続けることができる人間だということです。なんだかやる気が溢れてきて楽しくなってきました。さながら「自己分析ハイ」です。そして自信がついてきた私をさらに支えてくれているのが、先生に仰っていただいた「自分が後悔しないやり方をしなさい。」というお言葉です。自己PRでも原稿読みでも、何が正解なのかと考えてばかりいた私に、最後は自分が納得いくかどうかだと、自分を信じ続けられるかどうかなんだと言っていただきました。シンプルですが確かにそうだと妙に納得し、悩んでばかりだった自分がかっこ悪く感じました。これからは自分と、指導してくださっている先生方と、そして一緒に励みあう仲間を信じていきます。あれだけ授業で「具体的に伝えなさい。」と何度も何度も言っていただいたのにも関わらず、非常に抽象的で恐縮ですが、先生方が支えてくださっているこの夢への道を、目を輝かせながら全力疾走したいと思います。これからも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い致します。お忙しいのにもかかわらず、遅くまで熱心に質問に答えていただきありがとうございました。

  • 2017年 422クラス受講 R.K.さん(女性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    私はアスクは初めてで、ESや面接についてもまったく知識なく受講しましたが、受講して本当に良かったです。先生は、生徒ひとりひとりに丁寧に指導してくださるので、自分の弱みを見つけることが出来ました。また、先生自身の試験の様子やアナウンサーという仕事の楽しさについての貴重なお話を聞けたのも良かったです。模擬面接はボロボロで心が折れそうになりましたが、先生のアドバイスで前向きに頑張ろうと思えました。ここで失敗した経験は今後の役に立つと思います。この2日間で、一緒に頑張れる仲間とも知り合え、試験に対する意識が大きく変わりました。熱く濃い2日間をありがとうございました。

  • 2017年 422クラス受講 K.N.さん(女性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    2日間のインターン直前セミナーを受け、得るものがたくさんありました。 普段は研究科に通っているのですが、やはりインターン・就活対策のクラスから得るもの、感じるものはまた違うもので、自分の中の意識を大きく変えることのできた2日間でした。終わったあとに見えているもの、試験に向けての覚悟がポジティブに変化し、それまでの自分とはまったく違う自分になったようです。 アナウンサーになりたいという想い、また、人としてどうありたいかなど、中身の濃く、大切な重要な事をたくさん教えて頂いた2日間でした。本当にありがとうございました。

  • 2017年 422クラス受講 A.K.さん(男性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    二日間ありがとうございました。就職活動には欠かせないスキルはもちろんのこと、人として大切な部分を再確認させて頂ける時間でした。また、一人では発見できない視点も多く見つかり、同じ志を持つ仲間と共有できた時間は宝ものです。今回の講座でとても意識が変わりました。これからの就職活動を通して人としても成長できるよう日々、精進していきたいと思います。 二日間、本当にありがとうございました。

  • 2017年 422クラス受講 M.O.さん(女性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    今回は2日間という短い期間でしたが、すごく充実した2日間でした。 先生方のきめ細やかで的を射たご指導を受けることができ、喋りにおける自分の欠点、また自分の考えを端的にまとめて相手に分かりやすく伝えることの難しさを身をもって実感することができ、とても良い勉強になりました。 そして、これから始まる就職活動に対するモチベーションを上げるとても良い機会になりました。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 422クラス受講 A.I.さん(女性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    授業を受けるまでは、あくまでお客さんに気持ちよくなって帰ってもらうための、優しい授業なのかなと思っていました。 しかし実際は、私たちをインターンや採用試験に通るレベルまで引き上げるため、熱心にアドバイスしてくださいました。 アナウンサーになるために考えておくべきことや、その表現の仕方について、私は認識が甘かったと感じました。今回教わったことを参考に、一から自分と向き合ってみようと思います。 また、同じ志を持つ仲間と出会えたことは、自分にとっていい刺激になりました。次に会えたときに成長したと思ってもらえるように、今日から行動を変えていこうと思います。

  • 2017年 408クラス受講 R.H.さん(女性) (2日間インターン直前対策セミナー)

    先日は2日間インターン直前対策セミナーを受講させて頂き有難う御座いました。 この度はとても幸運だったということで、ごく少人数での授業でした。 その時間ごとの講師の方が一人一人にとても寄り添ってコメントをしてくださいました。 本当に2日間とは思えないほど充実した内容でした。 模擬面接の時間までに自己PRやフリートークの時間があったので、ある程度落ち着いて取り組むことが出来ました。 しかし、やはり面接は思いも寄らない質問をされることもあり、面接の難しさを感じたセミナーでもありました。 本番と同じような緊張感を味わえる機会はなかなかないので大変貴重な体験をすることが出来ました。 有難う御座います。

  • 2017年 331クラス受講 Y.S.さん(女性) (就職セミナー)

    3日間非常に濃かったです。自分には足りないものが沢山あると感じられショックを受けることもありました。でもその経験を通して間違いなく成長できたと思っています。情景描写やニュース読みなど技術的な面も勿論ですが、これから何をしていかなければいけないか分かったのもとても良かったと思います。これからは毎日自分と対話しESや自己PRの質を高めていきたいです。 それから教えて頂いた先生方、また一緒に授業を受けていた生徒の皆さんにはとても感謝しています。私は地方に住んでいるので東京にはあまり行けないのですが、地方ではなかなか感じられない刺激を沢山もらいました。この刺激を忘れることなくこれから夢に向かって頑張っていきたいです。そして成長した姿で皆さんにまたお会いしたいです!3日間本当にお世話になりました。ありがとうございました!

  • 2017年 331クラス受講 Y.T.さん(男性) (就職セミナー)

    今回受講したセミナーは、「自分が一体どういう人間なのか」をこれまでにないほど何度も深く考えさせられる密度の濃い3日間でした。 一緒に受けた個性あふれるメンバーがそれぞれのバックグラウンドを持つ中で、自分はどのような特徴を持ち味とするのかについてとことん考えることができ、今後の就職活動において大切な自分探しのいい練習となりました。 また、生放送のスタジオ見学や模擬面接、ESの添削など、自分だけの力ではできないことを数多く経験しました。ここで得たものを今後のアナウンサー就職に向けた準備に活かしていきたいです。

  • 2017年 331クラス受講 Y.U.さん(女性) (就職セミナー)

    今回、アナウンサー就職セミナーを受講しました。アナウンサーになるのは大変なことという考えが、ずっと私の頭にあります。その考え方のせいで、「ESではこうしなきゃ」、「面接ではこうしなきゃ」と思っていたものがたくさんありました。しかし、そのように意識していたものの中には正しくないものが複数ありました。このセミナーは、その意識を変えることができるきっかけになりました。この時期に受けることができて良かったです。 そして、3日間集中講座で、地方に住む私でも全ての授業に確実に参加できるよう予定を組むことができました。春休みに開催されたことも、とてもありがたかったです。この3日間で、これからステップアップできるような基礎を身につける方法を知ることができました。本当に楽しい3日間でした。 これから数か月で、就職活動が本格的に始まります。それまでに自分の弱点を見直し、良かったと思える就職活動をしていきたいと思います。このセミナーを受けることができ、本当に良かったです。ありがとうございました。

  • 2017年 331クラス受講 R.O.さん(女性) (就職セミナー)

    私にとっては「良い刺激のシャワー」を沢山浴びた3日間となりました。 初めて臨む就活セミナー初日は、ESの書き方を根本的に理解出来ていなかった点や、周りの意識の高さに萎縮し、気後れしてしまいました。2日目のニュースや情景描写は楽しみながら落ち着いて取り組めたものの、最終日の模擬面接では、自分の知識不足や応用力の無さが露呈してしまい、絶望の淵に落ちていく思いでした。心が折れてしまうような気持ちになりつつも、濃密な授業内容に集中していました。 このセミナーを経て、ESについては自分探しの旅に出て、自分を掘り下げて考えること。ニュースではメリハリをつけて読むこと。フリートークや面接には知識を増やし、普段から自分の言葉で考えを伝えていけるように鍛練していくことというように、今の自分は何においてどんな力が足りないのか、これからどのようにトレーニングしていくべきかがはっきりと分かるようになりました。 また、ヘアメイクの宮澤先生が、アスクは「これからの生き方も導いてくれるような、そんな素敵な学校」だと話してくださいました。私も次は夏休みに受講できるように、鹿児島で自分磨きに励んでいきます。 寺崎校長先生、アスクの先生方、素晴らしい授業をありがとうございます。お心のこもったアドバイスに感謝しています。

  • 2017年 331クラス受講 H.T.さん(女性) (就職セミナー)

    3日間で、「私の持っていたES像、就職活動像」はほとんど間違っていたことが分かりました。このまま夏のセミナーや本採用試験に臨んでいたらと思うと、恐ろしいです。実際にテレビ朝日でアナウンサーとして活躍している先輩のESを例にESの書き方を教えてくださったり、何度も自己PRの練習があったり、模擬面接を体験できたりと本当に為になる授業ばかりでした。また連続3日間の講義だったのでクラスのメンバーとも仲良くなることができました。全員が同じ目標に向かって努力をしていて刺激を受けましたし、情報交換もできてよかったです。この3日間で、自分に足りないもの、努力すべき方向がはっきりと分かり、ぐっとやる気が出たのでこれからさらにしっかりと練習を重ねたいと思います!

  • 2017年215クラス受講 R.I.さん(男性) (1日ES・面接対策セミナー)

    アナウンサー就活に特有の写真での自己PRの方法がよく分かりました。自分や友達と話しているだけではその方法には至らなかったと思います。 また私の荒削りな内容に対しても、どの先生も熱心に指導してくださいました。しっかりと指導されたことを活かして、これからの就職活動に臨んでいきたいです。

  • 2017年 219クラス受講 S.H.さん(女性) (1日ES・面接対策セミナー)

    自分が今何をすべきかが明確に分かった1日でした。ESを出してもなかなか通らず、通っても2次には進めない。私はそんな状況を打破するために、このセミナーを受講しました。多くの厳しいお言葉に、一体今まで何をやっていたのかと自分に問いたくなるほど、たった数時間で自分の甘さを痛感させられました。ESで何を書くのか、どんな写真を貼るのか、面接で何を答えるのか。バラバラだと思っていたものが、ひとつの線で繋がりました。そして全てにおいて、自分自身の分析が圧倒的に足りないことに気がつきました。自分だけでは気がつかなかった矛盾や、考えの及ばなかったことに気がつくことができました。深く考えていたつもりでも、それは「つもり」でしかなく、私にはまだできていないこと、やれることがあると分かりました。やれることがあるということは、可能性があるということだと思います。私はこれから可能性を少しでも伸ばせるように、学んだことを忘れずに努力していきます。

  • 2017年 219クラス受講 Y.H.さん(男性) (1日ES・面接対策セミナー)

    エントリーシートと自己PR、面接を教えて頂きとても勉強になりました。 私は特に面接に自信がなかったので、面接本番前に模擬面接をして頂き本当に助かりました。 今度の面接では、昨日教えて頂いた事を活かせるように頑張りたいと思います。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 219クラス受講 Y.N.さん(女性) (1日ES・面接対策セミナー)

    私はアナウンサー試験で必要なesや面接の予備知識が一つもなく、不安でいっぱいでした。そんな中、アスクの先生方がesの書き方や面接でのポイントを細かく教えてくださいました。また、模擬面接をビデオ録画し、それを見返しながらアドバイスを貰える事は、このセミナーでしか経験できないと思います。セミナーを通して、私は自分に足りないものに沢山気付くことができました。就活までの約10ヶ月間で自己分析をし、アナウンサーになるための地盤を固めていきたいです。

  • 2016年1203クラス受講 A.O.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    アナウンサー試験を受けるにあたり、何を準備すれば良いのかが分からないまま、とりあえず二日間試験対策講座を受けました。講座は、今までにやった事がないことばかりでした。次々と新しい事をやり、体力的にも精神的にも疲れ果てました。しかし、この講座を受けて自分が今後やるべき事がはっきり分かりました。この二日間の講座では、試験を受けるための道しるべを与えてくれたと思っています。二日間だけでは試験を乗り越えられるはずはありません。この二日間で講師の先生が示してくれた道に沿って、やるべきことをやっていく、そのための講座だったと思っています。この講座を受けなければ、具体的に何を準備すれば良いのかが分からないままだったかもしれない。また、間違ったやり方で進んでいたかもしれない。そう思わされる良い講義だったからこそ、アナウンサー試験を受ける方々にはとってもお勧めだと思っています。私もこれからアナウンサー試験対策を行なっていきます。この二日間で学んだことに基づいて、夢に向かって頑張りたいと思います。 先生方、ありがとうございました。

  • 2017年 215クラス受講 S.S.さん(女性) (1日ES・面接対策セミナー)

    キー局準キー局の採用試験が始まり、全てにESを提出しました。ESは7〜8割通過するのですが、面接になると中々上手くいかず…良くて2次選考に進めるくらいで、ほとんどのところが1次選考でご縁が無くなってしまいました。 「このままではダメだ。どうにかしてこの現状を打開したい。」そう思い今回1日対策セミナーを受講しました。 この1日でES、自己PR、面接のポイントを教えていただいた上に、今の自分の改善点も沢山見つけて下さいました。そのおかげで「どうして面接がうまくいかないのか」という疑問に対する自分なりの答えを見つけることができたと思います。今はもう一度前向きに自分を見つめ直そうと意気込んでいます。 これから地方局の採用試験が始まりますが、その前にこのセミナーを受講して良かったと感じました。大変濃い1日を過ごせました!

  • 2017年 114クラス受講 T.S.さん(男性) (2日間試験直前セミナー)

    2日間の受講でしたが、とても中身の濃い時間を経験できました。 僕は関西在住で、大学生活では体育会の部活に所属しているので、なかなかこうしたセミナーやスクールに通う機会がありませんでした。友人や先輩方の協力のもと、ESは通るようになりましたが、面接でうまくいかず悩んでいたところ、このセミナーを知り、飛び込みで申し込みました。 セミナーはES添削や自己PR、話し方といった就活の基本的なことをいかに印象づけるかということや、ニュースや発音練習、アクセントなどアナウンサーとして必要なことを丁寧に教えていただきました。 寺崎校長をはじめ、第一線で活躍されていた講師の方々の言葉は、何も分からなかった僕にとって本当に新鮮でした。意見や質問には建設的に答えてくださり、話す内容や自己PRがよりよいものになっていったと感じています。本気で応えてくれる講師のみなさんの授業を受けることができて、本当によかったです。 思わぬ出会いや、これから励まし合っていける仲間にも出会えました。 必ず志望局に内定をいただいた時や、東京に来る時は、またアスクに顔を出しに行きたいと思いますし、活躍して恩返ししたいと思います。 本当にありがとうございました。

  • 2017年 114クラス受講 K.O.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    この試験直前セミナーに参加して、アナウンサー就活に対する意識がガラッと変わりました。私は、キー局にESを提出したものの、なかなか面接に進めず悩んでいました。これから本格化するアナウンサー試験への不安な気持ちでいっぱいで、「これはもうアスクに行くしかない!」と思い、受講を決めました。 本当に内容の濃い2日間で、自分のどこがいけなかったのか、今の自分になにが必要なのかを見つめなおすきっかけになりました。特に自己PRやテーマトークの講義では、これまでの自分の甘さを痛感しました。アナウンサーになりたい!という思いがあるのに、自分の中での軸を定められずにいたことに気づきました。私はこのセミナーを通して、目標に向かって、もっと本気で、前向きに努力しようと決めました。絶対に悔いのない就職活動にしたいと思います。 もし、まだ受講するかを悩んでいる方がいたら、絶対に受講することをおすすめします! 2日間一緒に頑張った仲間、そして、寺崎校長を始めとする先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました!

  • 2017年 114クラス受講 N.I.さん(女性) (2日間試験直前セミナー)

    大変濃厚でした!!まず、アスクの先生方にありがとうございますとお伝えしたいです。 アナウンサーになる!と就活を始めたものの、1人で手探り状態で行っていました。 そんな時、試験が始まるこのタイミングでアスクに行くことができ本当に良かったです。 明確に“今何をするべきなのか”が分かりました。と同時に、自分の甘さにも気づけました。アスクの講座を受講せずに試験を迎えていたことを考えると恐ろしいです。ここで気づけて良かったです!!! あとは努力のみです。丁寧にアドバイスをして頂いたことを実行していきます。 2日間という短い時間でしたが、沢山の知識を頂けたこと、愛のあるアスクの先生方に出会えたこと、そして同じ夢を目指す仲間に出会えたこと とても価値ある時間を過ごさせて頂きました。これからの就活を勝ち抜いていくためにアスクと出会えたのだと思います!ありがとうございました。必ずアナウンサーになります。

  • 2016年1203クラス受講 R.U.さん (2日間試験直前セミナー)

    2日間試験直前セミナーをこの時期に受けることができて本当に良かった!! これが素直な感想です。 このセミナーを受講する前の私は、ESの書き方が分からない、どんな写真を選べばいいのかが分からない、今の時期に何をしておくべきなのかが分からない…と迷える子羊状態でした。しかし、この2日間でまるでシリウスが現れたかのように、これから進むべき道を教えていただくことができました。 自己PRや模擬面接では、自分の努力不足を痛感し、悔しくて何度も泣きそうになりました。(泣き顔を見られるのは恥ずかしいので、グッと堪えましたが(笑))ここで味わった悔しさは、これから先の私の努力の源になるはずです。挫けそうになった時は、この時の悔しさを思い出そうと思います。 先生方の熱心なご指導は、アナウンサーになりたい!という私の想いをさらに強くしました。そして、アナウンサーという夢に加えて、もう1つ新たな夢が見つかりました。それは、いつかお世話になった先生方に、内定いただきました!!!と報告することです。2つの夢を叶えられるように、これからも努力することをここに誓います。

  • 2016年1129クラス受講 Y.T.さん (2日間試験直前セミナー)

    一言で言うと、本当に有意義な2日間でした。夏頃から就職セミナーを受けるか迷っていて、インターンのESが通らず焦ってはいるものの中々行動に移せず、この時期になってしまいましたが、それでも受けてよかったです。もっと早く受けておけばよかったとは思いますが、今からでも遅くはない!と思います。 1日目のESの書き方や写真の選び方、自己PR、テーマトークでは、合格された先輩方の手本を見ながら、自分の足りないところやESの改善点を見つけることができました。また自己PRも30秒という時間でめいいっぱい自分の魅力をアピールしきるコツを教わり、言葉選びのセンスを磨かなければと気持ちを新たにできました。 2日目はニュースと模擬面接とES添削。ニュースは、「読む」のではなく「話す」ことの大切さや、上手く相手に伝えるためには自分の話し方を知り癖を直すことなど、自主練では気づけないことを教えて頂きました。そして模擬面接!これは本当に練習しておいてよかったと思います。いかに人前で話す時に、抑揚のない単調な話し方をしているのかや、志望動機の曖昧さ、また予想だにしない質問への対応の悪さを、自分の目で確認できたのは大きな収穫でした。これを機に、自分探しの旅に出て、自分を見つめ直して行きたいと思います。ご指導くださった先生方、2日間共に過ごした大切な仲間たちに感謝しています。ありがとうございました。これからもご指導よろしくお願いいたします。

  • 2016年1203クラス受講 R.M.さん (2日間試験直前セミナー)

    2日間という短い時間ではありましたが、アスクに来て本当に良かったと思いました。以前よりアスクの存在は知っていたものの、遠方に住んでいるということもあり、なかなか東京まで足を運ぶことができませんでした。 しかし例年より早く本採用試験が始まり、キー局のインターンシップのESさえ通っていなかった私は完全に自信をなくしており、ついに今回このセミナーを受講することを決意しました。 セミナーでは、今まで目を向けてこなかった深い深いところまで自分らしさを見つめ直し、今までの自分の考えや言葉がいかに浅くつまらない内容であったかを思い知りました。これではいくら試験を受けても落ちるのが当然だと思いました。自分との対話が一番大切で、努力すればもっと自分らしさを出せる、もっと自分をいきいきとさせられると今の時点で気付くことができて良かったです。 ノートが何ページも真っ黒になるほど2日間でたくさんのことを学び、自分が今後やるべきことを明確にさせることができました。意見や悩みを共有できる就活仲間との出会いも嬉しかったです。 後ろ向きだった私を前へ向かせていただきありがとうございました。セミナーを受ける前と受けた後の私はまるで別人で、落ち込んでいたのが嘘のように今ではやる気と自信が沸々とわいています。これからは自分の足で前へと進めるように、今回学んだことをもっと深く追求し、いきいきとした自分を採用担当者の方々に見てもらえるように努力していきます!

  • 2016年1129クラス受講 M.I.さん (2日間試験直前セミナー)

    2日間このコースを通し、自分自身とても成長したと感じています。本当に受けてよかったです。一ヶ月前にアメリカから帰国した私は、アナウンサー試験が始まっているにも関わらず右も左も分からない状態でした。この2日間で教わったことは、目からウロコが出ることばかり、さらに、実際面接に立ち会った先生方の話を聞けるのでとてもためになります。値段以上の価値があると思いました。 この2日間は私の就活ライフのターニングポイントだと思います。実際の面接の様子が見られて、自分の話し方の癖や、緊張する時に下を向き自信がなさげに見えてしまうこと、言っていることと実際喋っている自分の雰囲気が一致していないこと、反省点をたくさん見つけられました。 自己PRや自分の長所短所、まだまだ足りないことだらけで自分が理解出来ておらず漠然としているので、自分自身としっかり向き合い、指摘されたことは必ず答えられるように改善してきます。本当に2日間ありがとうございました。充実した2日間でした。

  • 2016年1129クラス受講 M.Y.さん (2日間試験直前セミナー)

    まさか某キー局の本採用の書類で落とされると思いませんでした…もうここしかない!と思いでの参加…試験真っ最中ということもあり、三年生がほとんどで刺激しあえる友達もでき、校長からのアドバイスを頂けました。 アスクは褒めるというより、辛口でも改善点を伝えてくれるところが良い!二日間教えてくださった先生方へ恩返しできるよう本採用頑張ってきます!ありがとうございました!

  • 2016年1129クラス受講 H.M.さん (2日間試験直前セミナー)

    本試験が例年より早く始まっており、インターンにも中々受からない焦りから、勢いでこの2日間試験直前セミナーに申し込みました。その結果、本当に参加してよかったと心から思える充実した、内容の濃すぎる2日間になりました。 ES対策では合格者の例を見ながら詳しく解説していただき、「何をどう書けばいいのかわからない…」という疑問を講師の方に解決していただきました。 自己PRの授業ではなんといつもテレビで拝見していたプロのアナウンサーの方が講師として来てくださいました。一人一人の自己PRを熱心に聞いてくださり、すばらしいアドバイスをすかさずくださった時は本当に感動ものでした。彼のおかげで、これかから試験で使えそうだ!というものが出来上がりました。 テーマトークやニュースの授業でも、テレ朝OGの講師の方が丁寧に一人一人見て下さり、改善点をたくさん指摘していただきました。 これらの指摘を受け模擬面接に挑み、その姿をビデオで客観的に見る事ができました。そして講師の方に厳しい~アドバイスをたくさんいただけた事が、私にとって最大の収穫です。私のためにあそこまでたくさん指摘していただける事は本当にありがたいことです。 また、私は関西からの参加だったため他の関東の生徒さん達から良い刺激をたくさん受けることができた点がとても良かったです。 今回学んだこと、そして自分が治さなければいけない点をすべて吸収して今後の本試験に挑みます。 本当に本当に参加してよかったです。この2日間が無駄にならないよう、必ず本試験合格します! ありがとうございました!

  • 2016年1129クラス受講 M.I.さん (2日間試験直前セミナー)

    今回のセミナーを受け終えて思ったこと、受講に迷っている人に伝えたいことはただ一つです。それは、絶対に受けるべき講座だ!ということです。 私はアスクの基礎科のみに通っていて、今までESの書き方や面接のコツなどは学んできませんでした。前々から受講するかは悩んでいましたが、金銭面や忙しさを理由にずっと迷い続けていました。そんな状態のまま応募したESは、当然落ちてしまいました。このままではまずい、そう思い私は今回受講を決心しました。 この講座は2日と短期ですが、内容はそれはもう充実していて、これを受けずして合格はないと言っても過言ではないと思います。 私自身も改善点と今後の方向性がかなり明確になりました。特にES!!これが通らなきゃ始まりもせず終わります。ESの書き方、写真の選び方、やっと自分なりにコツをつかむことができました。 また、この講座を受ける仲間はみんな同じ目標を持っている人なので、いい刺激をもらうことができます!!と、同時に悩みも苦しみも同じなのでかなり分かち合えます! この講座を受けて本当に良かったです。時間外にも親身に指導してくださった先生方には心から感謝しています。ここからがスタートなので、私も必死で講座内容を自分のものにできるよう精進していきます!!

  • 2016年1107クラス受講 M.I.さん (2日間試験直前セミナー)

    今までインターンシップに参加したいと、ESを提出するものの通過せず…。「このままではまずい!」と思い、この2日間試験直前セミナーを受講することを決めました。率直な感想は、「受講してよかった」という一言に尽きます!2日間とは思えないほど、とても有意義で濃厚な時間でした。 ESや自己PRなど、自分では気付かない・わからない問題点を講師の先生が丁寧に指導してくださり、これから自分がやらなければならないことが明確になりました。きっとこの講座を受講していなければ、「自分探しの旅」をまだまだしなければならないことに気付けずにいたと思います。 また、アスクの先生は良い点だけではなく、悪い点もきちんと理由をつけてご指摘してくださり、質問には丁寧に答えていただけます。「悪い点は改善しよう」「良かった点はさらに伸ばそう」と、より試験に対する気持ちを高めることができました。指導してくださった先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!

  • 2016年1107クラス受講 K.S.さん (2日間試験直前セミナー)

    このセミナーを受講した感想は「濃かった」この一言に尽きます。たった2日間、されど2日間。セミナーを受講するまではこの短時間で何が学べるのだろう?と半信半疑でした。しかし、講座が終わった後、私は遠方からの参加でありましたが、わざわざ東京まで来て本当に良かったと思うことが出来ました。 ES添削や面接指導をプロの先生方からして頂く中で、自分自身では気がついていない点がまだまだたくさんあるということを痛感しました。 「相手に分かりやすく伝えるにはどうしたらいいか。」ということを改めてふりだしに戻って考える機会となりました。もちろん、このセミナーはアナウンス試験の対策セミナーではありますが、ここで学んだことはアナウンサー試験だけに限らず、これから就職活動を行う中で、多くの場面で活用出来ると思いました。 就職活動が始まる直前のタイミングで受講したことで、「自分を信じて頑張ろう!試験を楽しもう!」と気持ちを高めることが出来ました。ご指導頂いた先生方、スタッフの皆様ありがとうございました。

  • 2016年1104クラス受講 Y.S.さん (2日間試験直前セミナー)

    とにかく書類が通らない、そんな焦りを感じており今回受講しました。受講後の率直な感想は「本選考の前に受けられてよかった」です。 まず、受講前のESのどこに問題があり、どのように改善すれば自分を魅力的に伝えられるか知ることができました。 また、話すときの自分の癖についても思わぬ発見があり、今後直すべき部分やさらに磨いていく部分もはっきりしました。そして、自分の得意な話題や苦手な話題の整理がつき、自分自身についての理解が深まりました。2日間という短い期間でしたが、戦う術を知ったことで堂々と本選考に臨むことができそうです。 今回出会った新たな仲間とともに、納得のいく形で就職活動を終えたいという気持ちがより一層強くなりました。 大きな収穫を得ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

  • 520クラス受講 H.H.さん (3日間集中基礎科・303/317/318/331)

    私はこの三日間でアナウンスの技術はもちろんですが、それ以外のことも沢山学んだ気がします。 先生が毎時間ごとに変わるので、各先生ごとにアナウンサー試験のことやそれ以外の人生のこと、先輩たちのことなど知らない世界を教えてくださいました。 3日間集中基礎科を受けてからは益々「アナウンサーになりたい!」「絶対アナウンサーになるんだ!」という気持ちが大きくなりました。 私にとって大変貴重な3日間となりました。教えて下さった講師の皆様、そして一緒に受けた仲間達ありがとうございました。

  • 520クラス受講 K.T.さん (3日間集中基礎科・303/317/318/331)

    アナウンサーを目指そうか迷っている状態で参加しました。そして3日間のアスクでの体験は意識を大きく変えてくれるものになりました。 本当に基礎の基礎から丁寧に教えていただきました。先生からの指摘を受け、毎日練習して直そうというやる気がこみ上げました。それとともにアナウンサーになりたいという気持ちが強くなりました。

  • 401クラス受講 T.M.さん (3日間集中基礎科・303/317/318/331)

    私は某テレビ局セミナーの講師の方からアスクを紹介され、本気で挑戦するために門を叩くことにしました。これまでも基礎練習に触れる機会はありましたが、発声に使用する口の器官や舌の使い方まで教えて頂くことはありませんでした。腹式呼吸も背中を膨らませるという感覚でやったことはありませんでした。アナウンサーに求められる基礎基本を学べたことがまずは財産です。この調子で毎日練習を行い、顔の筋肉トレーニングを行なっていきたいです。情景描写やパネルトーク、原稿読みでも、相手に伝えることを第一に、感情を乗せた言葉作りを教わりました。普段何気なくやっている話し方の中にヒントがあることも多く、紐解く作業は楽しかったです。3日間本当に集中しきりで最終日は目も開いていないような疲れ具合でしたが、夢が少しこちらに近づいた気がしているので、これから毎日の努力を積み重ねる決意が固まりました。

マスコミ

  • 2017年 1224クラス受講  A. N.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    エントリーシートの書き方から、筆記試験対策、そして面接対策まで、1人1人細かく丁寧にご指導頂き、大変密度の濃い1日を過ごすことができました。セミナーを受講したことで、本番に向けた自分への課題が明確に分かったことが、とてもためになりました。沢山頂いたアドバイスをお守りに、本採用もベストを尽くして頑張りたいです。1日大変お世話になりました、ありがとうございました。

  • 2017年 1224クラス受講  E. T.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    今回のマスコミ総合職セミナーでは「①エントリーシート・自己PR対策」「②小論文・筆記試験対策」「③模擬面接」の3つの時間に分かれており、それぞれ異なる特別講師の方が来てくださった。エントリーシート対策の時間では、質問時間を多めにとってくださり、また生徒個別の質問に対応してくださったのが印象的で非常に参考になりました。小論文対策では、事前課題に四苦八苦した上での受講となりました。改めて自分自身の文章構成力について検討する時間を設けることができました。普段エントリーシートなどは添削していただいても、なかなか作文を添削してもらう機会というのは取れないからです。そして模擬面接では、実際に面接風景を収録をし、講評ではズタボロにしていただきました。もちろん良い意味で、です。自分がインターンの面接等で落とされる理由がわかりました。普段気づくことのできない自分の欠点に気づき、また自分だけでは気づくことのできない視点も教えていただくことができました。今日学んだことをただ受け流すのではなく、自分の中で整理・消化して、これからの就職活動に臨みます。良いクリスマスイブを過ごせました。素敵な時間をありがとうございました。

  • 2017年 1224クラス受講  M. A.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    実際にテレビ局で働く方にES・小作文・筆記試験・面接対策をして頂き、改善点が山のようにあることに気付くことが出来ました。特に面接対策では厳しくご指導いただき、自分の思いが相手に全く伝わっていなかったことが分かりました。このセミナーを受講せずに面接を受けていたらどうなっていたか恐ろしいです。ここで学んだことを最大限発揮し、悔いを残さず本番に臨めるよう残りの数か月間精一杯努力しようと思います。

  • 2017年 1118クラス受講  Y. M.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    私は初めて「マスコミ総合職 就職セミナー」を受講致しました。就活について右も左も分からない状態でしたがこの1日で正しい日本語を用いた効果的な文章を作成することや面接での話し方を学ぶことができたと思います。 就活を始める前の準備段階でこのセミナーを受講したことはこれからの1年に向けての財産になりました。 ありがとうございました。
    ※Y.M.さん(女性)は現在2年生です(校長 寺崎)

  • 2017年 1118クラス受講  M. K.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    ES対策から作文、面接対策まで幅広くご指導いただき、ありがとうございました。何に注目してESを書くべきなのか、自分をどのようにアピールしていけばいいのかを理解できました。また、面接対策では自分の弱点が明らかになり、これからどう対策していくかとても明確になりました。本番前に自分に足りない点に気づくことができたことに感謝しています。 このセミナーで学んだことを最大限に活用して本番に臨みたいです。

  • 2017年 1118クラス受講  A. K.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    ESの書き方講習や小論文の添削、面接の客観的な振り返りなど、貴重な機会をいただきありがとうございました。自分の弱点を明確にできたことで、今後の具体的な対策が取りやすくなったと実感しています。就職活動が本格化する前に本セミナーを受講してよかったです。今回のセミナーを通して学んだことが無駄にならないよう、本番に向けて精進したいと思います。ありがとうございました。

  • 2017年 1118クラス受講  Y. M.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    ESの書き方、小作文、模擬面接、全てを通じて「自分の伝え方」について考えを深めることができました。今までの人生経験、人との関わり方の中で育ててきた自分のありのままを伝えることが大切だと思います。今日の講座では客観的に自分を見つめ、より魅力的に相手に伝える方法を学ぶことができました。同じ講座を受けている仲間の姿を見て刺激を受け、自分に足りないところを沢山見つけられました。1人で悶々と考えても答えの出ない悩みが、今日ここで解決された気がします。これからの就職活動に存分に役立てて参ります。

  • 2017年 1029クラス受講  M. I.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    私は2年生の10月にこの講座を受講しました。なぜ受講しようと思ったかというと、大学でのマスコミ業界就職希望者向けの説明会があった時にマスコミ業界の採用試験がどんどん早まっていると聞き、早めに準備を始めた方が良いのではと思ったからです。実際に私が本格的に採用試験に挑むのは約1年後からですが、何をすればいいのかが全く分からない状況だったため、この総合職セミナーを受講して少しでも自分が今できることを明確にしたいと思い受講することにしました。自己PR・ES対策の授業では、自己分析の必要さを痛感しました。筆記試験・作文/小論文対策では、どのように文章を書いていけば良いかが受講する前より格段と分かるようになりました。模擬面接対策では、模擬面接を収録して実際に自分がどう相手に見られているか客観的に見ることができ、自分の癖を発見することができたことやまだまだ未熟であることが突き付けられました。講座が終わって1番強く感じたのは、この時期に受講して良かったということです。1年後のこの時期に何ができるようになっていなければならないか、ということが今回この講座を受講したことによる最大な収穫でした。未熟な私にも丁寧に指導して頂けたこと感謝しております。指導によって吸収したことを何倍にもして生かしていきたいと思います。

  • 番組制作・構成作家養成講座 受講(2016年4月〜)  R. T.さん(男性) (番組制作・構成作家養成)

    3年生の4月から半年間、番組制作・構成作家養成講座を受講し、ある制作会社に内定をもらいました。 アスクに通って良かったことは、たくさんあります。 特に良かったことは2つです。 まず、現役のテレビマンに出会い、「アメトーーク!の加地さんみたいになりたいな!」「黄金伝説や陸海空のこんな時間に地球征服するなんての友寄さんにもなりたいな!」と、目標ができたことです。この目標があったからこそ納得のいく就活ができたと、今感じています。 現役で活躍されている方々のお話を聞いて、どうやって番組が作られているかだけでなく、講義でしか聞けないぶっちゃけたこと、どのようにして有名な番組のあの企画を生み出したのか、テレビマンは一体いつも何を考えているのか、ディレクターを目指す人が「今」何をすべきなのかなどの話も聞けました。毎回刺激的で「早くこの人たちみたいに活躍したい」と思ってしまうことばかりでした。 講義後に、憧れの加地さんに「頑張って」と言われ、肩をポンと叩かれた時は、泣くほど嬉しかったです。帰り際のスラッとした後ろ姿もカッコよく、「加地さんみたいにおもしろい番組を作る」これが就活を頑張れた1番の要因です。これが無ければ本当にダメでした。 3年の夏からテレビ局のインターンが始まり、関西と名古屋の局のインターンには参加できました。しかし、キー局のインターン、本選考と両方ともダメで自信をなくしました。その時、加地さんの顔が浮かび、自分は「制作がやりたい」と決意を新たにしました。アスクに通っていなかったら、制作の仕事に就くことをやめていたかもしれません。 2つ目は、寺崎校長をはじめアスクの方々のサポートです。僕は何かあると、講義がないときでも足を運び、話を聞いて頂きました。就活が上手くいっていない時、何か少し不安な時、面接に行く前などアスクに行き、たくさん相談に乗って頂きました。テレビを知る大人の方々の話を聞けるのは大きかったです。だから、本当にアスクに通っていて良かったです。

  • 2017年 1029クラス受講  R. T.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    ESや面接の対策についての学びを通して、自分を見つめ直す良い機会にもなりました。 特に面接では、自分の癖や受け答えの様子の改善点を見つけることができました。また、具体的なご指摘を頂き、自分がこれからするべきことも明確に見えてきました。授業での学びを大切に本番にむけて頑張っていきたいです。 有意義な一日を過ごすことができました。ありがとうございました。

  • 2017年 1029クラス受講  H. Y.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    ESの書き方や面接は、戦略を立てる必要はあるけど、自分を伝えるという意味で、あくまでも素でいくものなのだと思い知らされた。また、本当に自分がして行きたいと思う仕事なのかを考え直すきっかけになった。少人数だった為、自分以外の人のフィードバックも聞いて共有し合えた為、何倍も沢山学ぶことができた。

  • 2017年 1007クラス受講  K.S.さん(男性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    先日は大変貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございました。 私は、マスコミに就職をしたいと考えていても実際には分からないことも多いまま就職活動に臨んでいました。 今回のセミナーでは、ESの具体例や小論文の具体例などを元に細かく対策をしてもらい、大変身になるものでした。過去の実際のものに触れることにより、自分がどれほど合格に足りていないのか、対策の方向性などが分かりました。 また、面接対策で自分の映像と他の人の映像を見比べることで自分の出来ていない点が目にみえて分かったので、今後の就活のモチベーションにも繋がりました。 時間があるのであれば、面接やESで最初に言う自己PR、自己紹介を一から考える、作り方を学ぶ、といったことが出来たらよいなと思いました。 今回のセミナーを今後の就職活動に役立てていきたいです。ありがとうごさいました。

  • 2017年 1007クラス受講  M.Y.さん(女性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    テレビ局の総合職のインターンシップが次々と行われる中、なかなかESが通らないことで悩んでいました。インターンシップに行かないと分からないテレビ局の事を沢山知りたいのに、一番最初のESの段階で落とされてしまう。そんな現状が苦しく悔しく、この先選考を突破していくのに何が必要なのかを知りたかった為このセミナーを受けました。 セミナーでは採用に必要なES、自己PR、模擬面接、作文を、実際に選考に携わった方やプロの方から指導して頂き、突破には何が必要なのかを確認できました。そういった方々から直接指導して貰えた事は自信にも繋がりました!客観的に見た自分の良い所に気づける一方、かなり厳しい言葉も掛けて貰えるので今の自分に何が足りないのかもだいぶ明確になりました。 セミナーを受けて、セミナーを受講する前日までの行き詰まっていた状況から抜け出せました!今、「これからも諦めずに挑戦したい!頑張り続けたい!」という気持ちで一杯です。たった1日のセミナーでしたが、絶対に今後の大事な財産になると確信しています。受講して本当に良かったです。

  • 2016年 330クラス受講  Y.K.さん(男性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    私はどうしてもテレビ局でバラエティ番組を制作したいという思いから、「マスコミ総合職 就職セミナー」を大学三年生の3月に受講しました。エントリーシートの書き方や筆記試験の対策も有意義でしたが、最も就活に役立ったと感じているのは模擬面接です。自分では気づかなかった癖や改善すべき点を指摘していただきました。「私は○○」、「私は××」という風に定型文のような話し方をしてしまう癖に初めて気づきました。また、話し方から抱く印象として、元気が足りないように感じるという指摘もいただきました。自分の印象は自分では分からないものだと思います。面接官を務めた経験のある方からのアドバイスは本当にありがたかったです。私は一年目の就活ではテレビ局から内定をいただくことができませんでした。しかし、諦めずにもう一度就活した結果、希望のテレビ局から内定をいただくことができました。皆さんを諦めずに頑張って欲しいです。

  • 2015年 1223クラス受講  Y.Y.さん(男性) (マスコミ総合職 就職セミナー)

    アスクのご指導もあり、在京キー局総合職の内定を頂きました。  私はアスク以外の就活塾には一切通っていないため、単純な比較はできませんが、自身が感じたアスクの強み、通う利点について記します。  まず大きく分けて3点の強みがあると感じました。それは『マスコミ人からのフィードバック』、『面接録画による自身の可視化』、『業界、企業分析』です。  1点目の『マスコミ人からのフィードバック』についてですが、アスクの「マスコミ総合職 就職セミナー」では、“現役のテレビマンやキャリアを持ったマスコミ人が講師”という点が強みと感じました。理由は、深い自己分析に繋がるからです。同じクラスの中に報道がやりたくて新聞社にも関心がある人、放送局は楽しそうだけど詳しくは知らない人、が何人かいました。現役、キャリアを積んだテレビマンは、①テレビの裏側、選考の原理を知っている②新聞社や出版社などの業界も詳しく知っている という、私からすれば「目から鱗」の知識を持っています。受講した中で「テレビの書類選考は何千人も受けているのか」と知ったり、「報道志望だったから新聞でもやりたいことがやれそうだな」と思ったり、内定を目指す自分の立ち位置、テレビでやりたいこと を考えるきっかけを与えてくれます。「何故テレビ局で○○がしたいのか?そのためにはどんな知識が必要か?」なんとなくテレビ局、マスコミを志望する人がいる中で、この深い自己分析に繋がる動機付けは価値があると思います。  2点目の『面接録画による自身の可視化』、これは特に「自分に自信を持っているタイプ」の就活生にとっては必要不可欠な要素だと思います。私もそういうタイプでした。上の年代の人と話すのに慣れていて、「正直面接練習なんていらない」と思っていました。しかし、「模擬面接」という授業は、その後経験した「本番の面接」より断然「本物の面接」でした。目や手が動く、早口、声が通る、論理的に話せていない、など自身の特徴が浮き彫りになりました。自身がどのように映っているのかを確かめたい、本番前に面接を体験してみたいという就活生はもちろん、「面接」という2文字では表せないスケールを体感するだけでも価値があると思います。  3点目の『業界、企業分析』、これは放送局ということをベースに話していきます。「営業に配属されたとしたら、どういう活躍ができる?」私が最終面接で聞かれた質問です。この質問には①テレビ局の営業がどういう仕事、どういう動き方をしているかを理解し、②営業に活かせる自身の強み をエピソードと共に答える必要があると思います。テレビ局の総合職は制作だけではありません。総合職で受ける以上、テレビ局の中の様々な職種の知識が必要で、質問ができる環境を提供してくれるアスクの「マスコミ総合職 就職セミナー」は、かなりのレベルで業界、企業分析ができる場所だと思っています。  以上、主に3点の視点から強みを紹介しました。職業選択は重要なターニングポイントと周りの大人から言われてきました。放送局の素顔、選考の真実を正直に教えてくれるアスクの「マスコミ総合職 就職セミナー」は受講価値大だと胸を張って言えます。

  • 2016年1月24日クラス受講 H.S.さん (マスコミ総合職 就職セミナー)

    私は今回のセミナーを通して、この時期に参加して本当に正解だったと思っています。大学のテスト期間とも重なり受講生が少なくとても内容が濃いものであったことは言うまでもありませんが、寺崎校長をはじめ、...今も現役で働いていらっしゃる講師の先生から珠玉のアドバイスをいただきました。実際のES設問をもとにその場で各々の出した回答に対して採用担当者脚 は「ここを問うている」という観点から的確なアドバイスを頂くことができました。 例えば、読む人の立場になって書けているか、または面接担当者が、この人とは会ってみたいと思わせるような掴みのある自己PRにするにはどうしたら良いのかといったように具体的なアドバイスをいただけたことがとても大きいです。また、本セミナーの一番の目玉である模擬面接。カメラで収録したVTRを見て、寺崎校長からアドバイスを頂くといった形式でした。「なぜテレビ朝日なのか、他の局ではだめなのか」「なぜ報道にこだわるのか」「他の局の番組と比べて、違いは何か」といった鋭いツッコミを次々とされ、自信がない時の自分の表情や動作などはVTRを見たら一目瞭然でした。 マスコミは膨大な数の応募者がいますが、その中で生き残るためには、「論理的で絶対的に揺るぎないこだわりと熱意を持つことだ」と、今回のセミナーを通して感じました。 大学の単位を取ることも大切ですが、それ以上に価値のあるセミナーでした。本当にありがとうございました。必ず夢を叶えてみせます。

  • 2015年12月20日クラス受講 A.I.さん (マスコミ総合職 就職セミナー)

    先日はマスコミ総合職就職セミナーで多くの内容を教えていただき、本当にありがとうございました。 2017年卒のアナウンサーの採用情報が続々と開示されていく中、私は本当にアナウンサーになりたいのか。なぜなりたいのか。何をしたいのか。を明確にするいいチャンスになりました。 自身の思う仕事でやりたいこと、また将来のビジョンが記者職に近いことを再認識し、また自己分析の重要性を改めて確認できました。 多くの先生から熱い思いを受け取ることができ、これから迎える忙しい時期へのやる気へとつながりました。 自分のやりたいことに迷い、鬱ぎ込む前にまたアスクに来て多くのことを学びたいと思います。 短い時間でしたがとても濃い中身でした。ありがとうございました。

話し方・ことば

  • 望月衆一郎さん(ホリスティックプロデューサー(医療コンサルタント))  (話し方教室)

    人前で話す機会が多い仕事のため以前から、自分は聞き手からどう見られているのか?悪い癖がないか?とても気になっていました。テレビ朝日アスクさんの話し方教室の存在をHPで知り、ここならば一流の方の指導をうけられる!自己流ではなくプロの話し方に少しでも近づける!と感じ、すぐに「話し方教室」に応募しました。初回にとても驚いたのは単なる滑舌や発声の勉強の場ではなく「言いたいことが相手に伝わる」「きちんと自己主張できる」ためにお互いに磨きあう場であることでした。2時間が毎回あっという間に感じるほど夢中で学びました。スキルアップ講座ではさらに自分の課題が明確になり、生き生きと話せるようになりました。講師の先生から毎回チェックを受け、仕事で自分の伝えたいことがどんどん相手に伝わるようになりました。 その成果としてお客様の推薦で、大きな学術研究所から講演を依頼されるまでになりました。医療従事者以外が講演するのは異例のことです。 話し方教室は単なる話が上手になる場ではありません。伝えること、聴くことが上達すると人生が変わります。そういう意味で私は「生き方教室」であると考えております。自分のスキルアップのためにこれからも継続して受講していきます。人前で話すことが苦手な方はもちろん、教育者、経営者、管理職、政治家など世の中に影響力をお持ちの方や責任のあるお仕事をされている方々にも是非受講をおすすめいたします。

  • 飯田 秀人さん(会社員) (話し方教室)

    私は「人前で話すことが苦手」でした。例えば、会社の中でも、お客様に対しても、自分の考えがうまく伝えられませんでした。でも、どうしたら良いのか分からない。「アナウンサーみたいにうまく話せたらなぁ」。そんな想いで話し方教室を探していて、アスクの話し方教室と出会いました。初回は自己紹介から始まります。他の受講生の方々も、大なり小なり「うまく話せるようになりたい」気持ちで来たんだとよく分かりました。「悩んでいるのは自分だけじゃない。ホッ。。。」アスクの話し方教室は、先生が一方的に話す授業ではなく、生徒一人一人を見てくれます。話す実践が多いのも特徴です。私の場合、先生から「下を向いて話している」「えー、あのーが多い」「声が弱い」と指摘されました。そして、対策も。「姿勢を正す」「ゆっくり話すと、えー、あのーが消える」「声を張る」。漠然と「うまく話せない」から「具体的な課題・対策」に変わり、なんだかスッキリしました。「あとは対策をしっかり実践するだけ!実践、実践、実践!」。特におもしろい授業は「情景描写」と「外郎売(ういろううり)」。「情景描写」は、目の前のものを「見たまま言葉にする」。ひたすら続けます。外を見ながら「緑の芝生。男性が一人立っています。赤い帽子。白いユニフォーム。木のバット・・・」(ちなみにこれは野球場内での説明です)「外郎売」は、滑舌(カツゼツ)の練習。「おちゃたちょちゃたちょ、ちゃっとたちょちゃたちょ」これは「外郎売」の中の1フレーズです。舌を噛みそうですよね?一つ一つの言葉を明瞭に発音することは分かりやすい話し方の必須条件。老若男女みんな頑張っています!私は話し方教室を修了した時、変わりつつある自分に「手ごたえ」を感じていました。日常会話なら充分かな、と思いましたが、私は仕事で活かしたいので「スキルアップ講座」も受講しました。「スキルアップ講座」では時事問題についてグループトークをしたり、プレゼンをしたり。内容が格段に濃くなります。まわりのみんなも徐々に新聞を読んだり、テレビやネットで情報収集。「知らないと話せない」、そんなことを実感しました。特にプレゼンでは、自分の専門分野の内容を話します。自分が「当たり前」と思っていることが、みんなには分からない。みんなは専門外なので当然です。分かりやすい言葉や表現を一生懸命考えましたし、とても鍛えられました。「スキルアップ講座」を修了した私は、明らかに「変わりました」。実は、自分自身では、「ちょっと自信がついてきたかな?」ぐらいの感覚だったのですが、特にプレゼンの後など、「分かりやすかった」「話すテンポが良いね」と言われたり、さらには「意欲的な人ですね」と言われるようになりました。ハキハキ話せるようになり、また、授業で話す為にいろいろ調べたり行動するうち、いつのまにか「積極的」に変身していました。いままで言われたことが無かったのでとても嬉しかったです。

  • 岡田 優さん(学生) (話し方教室)

    私は、「お前、話し方が下手だからどこか専門のところでしっかり習にいけよ」と夏休みに父に言われた。夏休みが終わり、調べたら話し方教室は東京にはたくさんありますがどの教室も手続きが締め切られていました。申し込み受付していたのがテレビ朝日アスク「話し方教室」でした。初め入ったころはアナウンサーみたいな訓練をするのだろうと思っていました。しかし、私の想像とは少し違って初級講座では、各回ごとにテーマが決められての授業でした。例えば、自分が見たものの細かい部分を話す「情景描写」、歌舞伎の台詞の「外郎売」の読みや発声、30秒のフリートークなどです。初めは「え~何これ?!こんなことして話し方が上達するのかよ」と思っていました。しかし、ただお金を払って何もしないよりはいいかなと思い受講を続けました。アスクの授業の後半(八回目)を終えた辺りで大学のゼミの試験の面接がありました。今までの私はバイトなどの面接で緊張して「何をいっているのかわからない。」「挙動不審」と言われていました。そんな私がなんとゼミの面接ではそれほど、緊張せず自分のペースで面接に臨むことができました。さらに初級講座を終えて、田舎に帰り両親と話すと「今までみたいに、ぼそぼそとしゃべらなくなったね」と言われ自分の成長を実感し、そのままテレビ朝日アスクの「話し方スキルアップコース」の受講を続けています。応用コースである時先生から「いつも笑う時、苦笑いで済ませてない?」と言われました。その後、どんなくだらないことでも無理に大きく笑う癖をつけるようにしました。すると先生に「表情が少しだけついてきた」といわれました。それからは、いつの間にか何でもバカみたいに笑って楽しんでいこうとする自分がいて、普段話す時も自然と笑顔で話せるようになりました。こうして自分の成長を実感でき、わざわざ田舎から上京して「話し方教室」に通ってよかったと思っています。

  • 佐藤 亜由美さん(学生) (話し方教室)

    ある日、友人に「あなたは「何が言いたいのか分からない」」と言われました。私は、人前に出て話しをすることに苦手意識はまったくなく、むしろ得意としていました。そのために友人の言葉にとても衝撃を受け自信を失ってしまいました。これから始まる就職活動に向けて、自分の話し方を改善し自信をつけたいという思いから「テレビ朝日アスクの話し方講座」を受講することにしました。授業ではアナウンサー経験の先生から「ひとつの文章が長い」「話し方が幼稚だ」「あの…、んと…が多く聞き取りづらい」など多くのことを指摘されました。また自分の話している姿をカメラで撮り、それを見て自分の話し方を客観的に見ることで今まで自分では気づかなかった事を客観視することが出来ました。それにより普段の生活においても、指摘された点を意識しながら話すように心がけるようになりました。おかげで周りの友達からは、とても話し方も変わり爽やかになったと言われるようになりました。また「自信がないから、うまく話せない。物事を知らないから、自信がない。知らないことに恥ずかしさを感じるから、いつまでも知識が増えない」と先生に言われ、もっと周りの事を「知る」ことの重要さに気づきました。今までは、政治などの苦手分野の話題は避けてきましたが、今では、新聞やテレビ、周りの人の意見など、何でも「知ろう」とする自分がいます。この講座に参加することで、話し方について学んだのはもちろん、自分と年齢も環境も違う人たちと出会えたこともとても大きな収穫でした。年上の方と話す機会も多くなり、普段の学生生活では話題にのぼらないような話をすることも多くなりました。そこでは、同年代の仲間からは得られない、貴重な体験談や意見を聞くことができました。テレビ朝日アスクの「話し方講座」で得たことは、就職活動に止まらず、今後の人生に活かしていきたいと思っています。友人の何気ない一言で通い始めたこの教室。しかし、この小さな出会い、きっかけが私をとても大きく成長させてくれるものになりました。

  • 三沢 利一さん(会社員) (話し方教室)

    私が話し方の講座を習おうと思ったきっかけは、仕事でプレゼンや会議などの場で人前で話す機会が増えたためです。最初は本能的なモノで話せると思っていたのですが、実際には緊張して、なかなか自分の考えや思っていることを上手話せない自分がいました。このままではいけないと思いテレビ朝日アスクの「話し方講座」を受講することにしました。テレビ朝日アスクを選んだ理由は、カリキュラムがしっかりしていることでした。初級全11回、応用全11回の中でそれぞれテーマがあり、それを見てこれらを克服、直したら自分は成長できると思いました。また講師の先生はテレビ朝日の元アナウンサーなのでしっかりプロの指導が受けれるチャンスだと思いました。話し方の初級クラスでは、話し方の基礎となる部分をしっかり指導していただきました。「外郎売」を使用した、発声練習では、口の開き方や、声の出し方を学びました。「情景描写」では、自分が見て瞬間的に感じたことを、言葉にする方法を学びました。また自分の話をVTRで収録し、再生して自分で確認することにより、自分を客観視し、今まで気づかなかった欠点を知り直すことができました。グループトークでは、相手の意見を聞き、それに対して自分の意見を言う、練習もしました。「話し方の応用コース」では、初級で習った話し方の基礎を使用し、3分間のフリートークの連続でした。フリートークでは、初級での指導を基に、相手に分かりやすく伝えるための話しの組み立て方を学びました。また、他の受講生の前で話すことにより、緊張しないための練習や、話すときの姿勢や目線、身振り手振りなども学べました。「話し方教室」の初級と応用コース(スキルアップ)の受講して、最初は仕事のために、受講した「話し方教室」でしたが、いつしか話すということは、人とコミュニケーションを取ることであり、それは仕事以外の普段の生活の中でもとても重要な事だと感じました。アスクでプロの先生に学んで、仕事や普段の生活で話すこと、コミュニケーションすることが、とても自然にできるようになりました。しかし、私としてはまだまだ出来てない課題も残されています。今後はさらに、その部分を克服して、より話し方が出来る人になろうと思っています。

  • U.Kさん(女性・会社員)  26歳 (話し方教室)

    私は、会社に入って人前で話すのが下手で、ミィーテンクや会議時に発言を求められると急に頭の中が、まっ白になってなかなか思っていることが言えませんでした。なにとかしようと思いテレビ朝日アスクの「話し方コース」を受講しました。元アナウンサーで活躍されていた先生の指導とアドバイスのお陰で少しずつですが、思っていることがうまく話せるになりました。プロの先生の発声法などの指導の効果も大きいと思います。また、一緒に受講する方たちの温かい励ましもあってか毎週アスクで今度、何を話そうかと考えるのが楽しくなってきました。一緒に受講する「話し方講座」の人の話しを聞くのも楽しく、勉強にもなります。会社でも上司や同僚から最近、明るくなった言われることもあります。心の中でニンマリしています。上手に話すコツは、一文を短くすることだと教わりました。人前で話すのが嫌だ嫌だと思っていましたが、なんとか人前で話す苦手を一つ克服できそうです。

  • N.Iさん(女性・会社員)  29歳 (話し方教室)

    “プレゼンテーションの場でお客さんの心をつかみたい。” そのためには自分の話し方を一から見直す必要があると感じ、受講することにしました。プロの先生方の指摘は的確で、「センテンスの長さ」「抑揚」「速さ」「癖」など自分の問題点を認識できました。客観的に自分の話し方を見つめ直す事が、何よりも収穫でした。普段の生活でも課題を意識して話をしている自分を発見。そして、今まで曖昧にしか知らなかった世事についても目を向けられるようになりました。人に考えを伝えるには”知る”事がとても大切だと、改めて認識できました。受講生は様々な職業、年齢の方が同じ目的で集まっています。新しい出会いや興味深い話が聞けるのも楽しく、刺激を得られました。職業や立場関係なく、話し方を見直してみたい方にオススメです。

資格・研修

  • 第44回気象予報士試験合格 久能木 百香さん(新潟放送アナウンサー) (気象予報士養成 学科)

    第44回の試験結果が届いた時、合格の嬉しさと同時にこれまで応援してくれた先生や家族、そして仲間の顔がすぐに浮かんできました。 文系だった私は、物理に触れるのは高校生以来で最初は難しい公式に全く太刀打ちできない状態でした。昔から、天気については関心があり、自由研究の題材は必ず空に関連するものにしていたほど、空を見たり、雲や虹を観察したりすることは大好きだったのですが、天気を予想するとなるとこんなに難しいものになってしまうのかと驚きました。...参考書で自己流に勉強するのは限界があると思い、アスクで学科と実技の両方を受講することを決意したのですが、講座を受けていなかったら私の合格はなかったと思います。 講座では、授業中はもちろん授業の前後でも分からないことは先生に直接聞くことができます。また試験のほとんどが記述式なため、模範解答と少しでもズレがあると先生に添削して頂いていました。最近は、教科書的な事例ではなく、より実践的な最新の事例を扱うことが多く、過去問を解いていても、年々難しくなっているなという印象を受けます。だからこそ、なぜこうなるのか、どうしてこの現象なのかということを徹底的に理解するよう努力しました。そうすると、天気図とは無縁だと思っていた公式や現象も、不思議と点と点が線で繋がったように理解できるようになりました。 また、一緒に受講していた生徒のみなさんとの交流もすごく力になりました。大学生だった私にとって、社会人の方の人生経験やお仕事の話はすごく勉強になり、様々な年代の方と交流できたのも、すごく貴重な経験でした。今でもみなさんとは定期的に会っています。 私は、大学時代に専門知識と一般知識の学科に合格し、実技が残った状態で社会人になりました。社会人になってから仕事と勉強の両立ができたのも、メールで添削を続けて下さった平沼先生の力が大きいです。天気中継の時は、これまで以上に自分なりにその時の天気を理解して、より分かりやすく伝えていきたいと思います。また、気象予報士試験で学んだ防災や災害の知識はさらに勉強していきたいと考えています。資格が資格だけで終わらないようにこれからも仕事に活かしていきたいです。

  • 第42回気象予報士試験合格 三井 敏弘さん (気象予報士養成 学科)

    アスクには、再受講4回を含めて合計5回受講させていただきました。途中、学科の免除が切れた時はくじけそうになりましたが、毎回、他の受講生の方々に追い越されたらくやしいとの気持ちで頑張れました。 写真が豊富な気象の入門書から、受験生の中では難解とされる「一般気象学」...を含めて10冊以上の参考書で学習しましたが、経験豊富な先生の講義は目から鱗が落ちるような説明で、毎週通うのが楽しみで仕方ありませんでした。 再受講を重ねるうちに他の受講生とも仲良くなれ、試験2週間後に行なっていただいた先生の無料解説会の後に有志で打上会を行い、健闘を称えあいました。 過去問は、気象業務支援センターのホームページに掲載されている6回分の外にも中古で揃えてやりましたが、だんだん難しくなってきているうえ、合格者数も少ないので、全国で上位約150人に入るのは無理かなと感じ始めていました。 第42回試験も前線描画など新傾向問題だったため時間ギリギリで、解答例が発表された時はダメだと思い、次回の学習を初めたところでした。それでも合格できたのは、アスクで基礎を固められたため、新傾向の問題にも対応できた結果だと感謝しています。(2014年10月3日)

  • 第35回気象予報士試験合格 池田 隆さん (気象予報士養成 学科)

    四回目の挑戦で合格できました。 合格通知を受け取ったときの達成感、もう試験勉強をしなくていいという安堵感は格別でした。 以前から気象に興味があり、...気象予報士を目指したのですが最初はこんなに難しい資格とは思ってもみませんでした。1回目の挑戦は独学で、一般知識だけ合格という結果、2回目の挑戦は一応講習会を受講して気象現象についてわかった気になって挑戦しましたが実技が不合格。 3回目は実技の模擬試験を毎週行う講習会を受けて、平成17年度以降の気象予報士試験の過去問も総てやっての挑戦でしたが、またしても失敗。反省点は、気象現象の発生する理屈はある程度理解出来ていて古い過去問にあるような類型的な問題は解答できるのですが、少し応用的な問題になると出題者の設問の意図が十分把握できず、また、限られた字数の中で解答に求められている項目を全て網羅した解答が出来ていないことでした。 4回目の挑戦の前に気象に関する知識や理解をもっと確実なものとするため、講師の先生が気象庁OBであるテレビ朝日アスクの実技コースの講習を受けることにしました。先生は気象予報士試験の過去の問題をよく研究されていて、気象現象の基本的なことから問題に出そうな事項の留意点まで非常に丁寧に教えていただき、気象に対する理解をさらに深めることができました。また、毎週出される宿題が非常に考えられた設問になっていて、先生の添削と合わせて、習ったことの理解を確実に身につけるのに役立ちました。 自分でも、自分で解いた過去問について自分の解答と模範解答例を十分照らし合わせ、解答にどのような項目を入れなくてはいけないかを丁寧に分析しました。4回目の試験では、オメガ方程式や大気の潜在的な不安定に関する問題がでましたが、問題文を読んですぐ出題意図が把握でき、テレビ朝日アスクでの勉強が大いに役に立つ結果となりました。 テレビ朝日アスクの実技コースは4ヶ月間でしたが、講義前の先生や受講生の仲間の方との雑談は楽しい思い出となりました。気象予報士になって、さらに気象に関する関心や知識を深めていきたいと思っています。

  • 第43回気象予報士試験合格 片山 美紀さん(NHK富山キャスター) (気象予報士養成 実技)

    憧れの気象キャスターのようになりたい、その一心で受験勉強を続けてきました。 アスクで気象予報士の勉強を始めたのは大学生の時。その頃は、「何かの専門家になりたい、テレビ局のアナウンサーやキャスターになりたいから、何か資格があった方がいいのではないか。」とぼんやりした目的で勉強していました。何とか学科試験には合格したものの、実技試験には合格できず、気象予報士になることを諦めかけていました。 しかし、...大学卒業後、富山県の放送局に就職し、そこで一緒に働いていた気象キャスターに天気の面白さを教えてもらい、太平洋側とは全く違う日本海側の天気に触れ、天気によって気分や体調が変わることを体感したことで、もっと天気について詳しくなりたい、もっと天気と上手に付き合えるようになりたいと思い、もう一度、気象予報士を目指そうと勉強を再開しました。 しばらく独自のやり方で勉強していたものの、なかなか上手くいかず悶々としていました。そんな時、学生の頃通っていたアスクで再受講ができることを思い出し、ここに賭けてみようと決意しました。 アスクでは、大学生や社会人など様々な年代の人が通っていて、私よりもずっと忙しい生活をしている人も頑張っていることを知り、刺激になりました。 もともと天才的に勉強ができるわけでも、気象に関する知識があるわけでもない私はとにかく試験当日に全受験生の中で、一番努力してきたのは自分だと思えるくらい勉強しようと決めました。 アスクの先生には、授業の前後の他にもメールで何度も質問し、分からないことを一つ一つ潰していきました。毎回、理解できるまで丁寧に教えてくださり、新しい知識も増えたことが自信になりました。 また、自分では分かっていたつもりのことも、クラスメイトが質問し、先生の解説をしっかりと聞いたことで、一つ一つの知識の理解が深まったことも大きな収穫でした。 「たった2時間ほどの授業のためにわざわざ東京まで行くの?」と言われることもあったり、休みの日に遊びに出かけ楽しく過ごしている友人の姿を見たりすると、私も本当はもっとあそびたいと気持ちが揺らぎました。 けれど、アスクに行くと同じように頑張っている人がいて、先生の楽しい授業を聴くと「絶対に気象予報士になるぞ!」と気合が入りました。 勉強で辛かった時、ふと見上げると、澄み渡るように青く、広く、涙が出そうになるくらい美しかった青空が目に入り、がちがちに固まっていた心が和らぎました。時間も労力もかなり費やしましたが、自分が興味あることを仲間と一緒にとことん学べた時間はとても幸せだったなあと思います。 晴れて気象予報士試験に合格はしたものの、まだまだスタートラインに立ったばかり。 気象予報士として一日も早く力を発揮できるよう勉強を続けていきます。

  • 第40回気象予報士試験合格 杉山 友衣可さん (気象予報士養成 実技)

    気象予報士の合格通知が届いたとき、嬉し涙が止まりませんでした。 私はお天気キャスターを目指し、気象予報士の資格を取ることを決意しました。大学二年の春からアスクの気象予報士育成コースに通い、7度目の挑戦で合格することができました。文系の私にとって、気象に関する参考書はどれも難しく、独学での気象の勉強は困難だと思い気象のプロの方に教えていただけるアスクに通わせて頂くことにしました。 通学制で週に一度アスクに通うことで、...勉強のリズムができるもメリットの一つだと思います。私は、週に一度のアスクの講義に焦点を当てて、一週間ごとに勉強の計画を立てて取り組みました。また、アスクの講義がある日は、一つでも多く知識を増やして帰りたかったので、先生からの添削課題や自分で勉強した問題の中から、毎週必ず先生に何か質問することを心がけていました。私の質問に対し、授業が始まる前や終わった後でも私がわかるまで教えてくださったり、次週までに詳しい資料を用意してくださったりと熱心に指導していただきました。本当に感謝しています。また、通学制なので、同じ目標に向かって頑張っている仲間ができ、すごく助けられました。週に一度、仲間と情報交換をし、わからないことは教えあい、また、励ましあうことで、心もリフレッシュでき頑張ることができました。 私は一回目の試験で学科一般に合格することができましたが、その後、学科一般、専門の免除の期限が切れてしまい再びトライすることになったりと約三年半の道のりは平坦なものではありませんでした。「本当に合格できるのかな」「このまま合格できなかったら…」と心が折れてしまいそうな時もありました。挫けそうになった時に励ましてくださった先生や声を掛けてくださったアスクの職員の方、仲間、支えてくれたすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。努力は絶対に裏切りません。私も目標を持って、自分を信じこれからまた夢に向かって頑張ります。

  • 第33回気象予報士試験合格 松岡 圭一さん (気象予報士養成 実技)

    テレビ朝日アスクの気象予報士養成コースを受講したのは、2008年1月のこと。それから、およそ2年の歳月を経て、4回目の受験で合格することができました。 私は特に気象に関係する仕事をしておりません。25歳の冬に気象予報士試験を受験することを決意したのですが、...年齢から逆算すると気象業界に転職するなら出来るだけ早い段階で気象予報士試験を突破する必要がありました。そんな私が早期の合格を目指すには気象のプロに教わり吸収するのが一番よい方法であると思い、インターネットで養成講座を調べました。 講座を決定する条件は、通学制であること安いこと休日に講義があることいくつかの該当講座中で、その条件に最もよく当てはまったのがアスクの気象予報士講座でした。 2008年1月から講義が始まり、昼間は会社員、夜は受験生という2重の生活がスタートしました。まず、気象の知識が全く無い私にとって、講義内容を理解することだけでも大変でした。分らない部分は家に帰って文献を調べたりしていました。勉強を始めたばかりの頃は、とにかく講義にくらいついていくことで必死でした。そして次第に講義内容が理解できるようになると、平日でも自分から進んで気象の勉強ができるようになっていました。私は、過去問題を解くことで問題演習を行いました。私の経験では、気象予報士試験に合格するには講義の時間以外に自習することは必須だと思います。 そんな私が、受験生活の中で難しかったのは「モチベーションの維持」と「勉強時間の抽出」でした。モチベーションの持続の難しさは過去に多くの方が同じような経験をされると聞きます。実際、およそ2年もの間ずっと勉強を始めた頃のやる気を持続させることはとても困難でした。そんな時はいつもアスクの勉強仲間から大きな刺激をもらい、自分を奮い立たせていました。これはまさに通学型講義の利点ですが、試験合格という同じ目標を持った仲間との出会いが私を合格に導いていただいたと確信しております。 次に、勉強時間の確保ですが、私は昼間は会社員でありますので平日に勉強できるのは朝か夜しかありませんでした。朝勉強するのが効率的という話を聞き、何度かチャレンジしたのですが、どうも私は朝が苦手なようで、結局朝勉強はあきらめて夜に勉強することにしました。普段の仕事が終わるのが平均して夜の9時くらいでしたので、それから家に帰って勉強をし、テレビの誘惑に負けそうな時はネットカフェやファミレス等へ移動してだいたい2時間くらい勉強しました。 何度か苦難を乗り越えたのち、試験勉強も後半になり、知識が蓄積されてくるとだんだん疑問が出てくるようになり、先生に質問せずにはいられなくなってきていました。アスクの講義終了後に先生に質問したり、自習した過去問題を添削していただきました。今でも、親切丁寧に対応していただいたアスク講師の方々には何とお礼をいってよいか…。本当に感謝しております。 アスクには、気象予報士を目指す方以外にもアナウンサーや声優・ナレーターを目指している方々もたくさんおられます。そういった方々の夢に懸ける意気込みのようなものを感じられることも、大きな刺激になると思います。現在、アスクの気象予報士養成コースをご検討の方々も一度見学にいらしてみてはいかがでしょうか?

  • 2013年10月期試験合格 H.N.さん(50歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    この度、5度目のチャレンジで第一級陸上特殊無線技士の国家試験に合格できました。 その手助けをしていただいたのが、このテレビ朝日アスクの直前対策講習でした。 2日に渡るゆとりあるカリキュラムで講習の内容は無線工学を中心に、詳しい解説の他、受講生からの質問に的確に答えて頂いたお陰です。配布される資料も要点が良くまとまり、これらの繰り返しの復習が正解数の底上げができたのです。関西圏からの参加でしたし、交通費の他宿泊代も必要でしたが、今から思えば充分その値打ちはあったと思います。 試験問題は生き物です。過去問題の復習に頼るだけでは既に見捨てられつつある問題が省けず、限られた勉強時間が圧迫されかねません。その点も吉村先生はよくご存じで、重点を置くべき項目、省いてよい項目を的確に教えて頂き、安心して直前の追い込み学習に打ち込めたのです。その結果今回の合格に繋がったと信じております。 又、無線の試験は過去問題の繰り返しとも言われますが、この1陸特はその問題の真意を問うものが結構あり、その内容が基本を同じにして容赦なく文字をガラリと変える問題を幾つも見てきました。ここで単なる過去問のリピーターと、内容を吟味し真に理解した者との差が出ると思うのです。 計算問題も然り。難しく見える問題が、実は結構簡単な内容であったりすることも多く、これらの点も良く要点をついて、わかりやすく解説して頂いたことも幸をなしたと思います。 合格を勝ち取ることができ、先生をはじめ関係者の方々に深くお礼を申し上げます。

  • 2015年2月期試験合格 Y.S.さん(29歳・女性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    私は、かねてから仕事で一陸特を取得したいと思っていました。文系出身の私は無線工学の本を独学で読んではいたものの、手始めに取り組んでいた回路の計算につまずき、資格受験を一度見送っていました。そんなとき私はこの講座を知り、藁にもすが る思いでこの講座を受講いたしました。 いざ受講してみて、講座のわかりやすさに驚きました。独学でつまずいていた基本的な回路の計算をはじめとして、出題範囲の内容を理解したうえで、自身で解けるようになったのです。また、出るポイントも、先生が長年の研究に基づいて絞られているので、仕事でなかなか勉強時間がとれない私でも、効率良く勉強することができました。 これから受験する方は、過去問をただ解き正解を暗記するだけではなく、内容を理解しつつ公式を覚え自力で解答を導けるまで繰り返すというプロセスをしっかり踏むことで、合格への道が開けると思います。 私は本講座を受講したおかげで、効率的に内容を理解したり公式を暗記し、正解を導くということができるようになりました。本当にどうもありがとうございました。

  • 2013年10月期試験合格 S.S.さん(39歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    過去の試験では、会社の上司から「過去問をやっとけば大丈夫だ」と言われ独学で勉強し内容を良く理解せず丸暗記で試験を受け計算問題が解けず不合格でした。
やはり計算問題を解けないと合格は難しいと思い今回の講座に申し込みました。
2日間ではありましたが吉村先生は出題される可能性が高い問題をピックアップして計算問題を重点的に説明してくださいました。個人的な感覚ですが70~80%的中していたと思います。 今までは暗記で何となく頭に入っていた問題が、理解することができ「なるほど!」に変わりました。 初めは料金がちょっと高めで悩んでいましたが、試験問題の説明はもとより座学も面白く料金以上の満足を得られたと感じています。
吉村先生には本当に感謝しております。ありがとうございました。

  • 2013年2月期試験合格 K.I.さん(42歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    お蔭様で合格しました。大変お世話になり有り難うございました。文系出身で受験2回目でしたが、前回のときにこの講座を知っていればと今更ながらに思います。 一陸特の無線工学は難しいと感じていたので、この講座に申し込みました。講座では、身近な例を挙げた解説もあり、従前の疑問が解けいろいろ具体的イメージも。また講義外でも、文系出身でも努力すれば合格できるとの励ましもあり、講座・試験直前を通じて効果的に学習ができ、今回は自信をもって試験に臨みました。 文系出身でも合格できます。努力は報われますので、文系出身の方も諦めずに頑張って下さい。きっと、試験後には「無線工学は楽しい」と思えるでしょう。

  • 2013年6月期試験合格 J.T.さん(46歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    私は今まで現場業務に合わせ、電気関係の資格を独学で取得してきましたが、一陸特に関しては独学の限界を感じ、本講座を受講させて頂きました。吉村先生の解りやすく的確なご指導で、無事1回目での合格となりました。きちんとした講義を受けることで、免許取得だけでなく、私の業務に役立つ勉強をさせてもらったと感じています。とても感謝しております。有難うございました。

  • 2013年2月期試験合格 T.N.さん(46歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    12月の上旬から一陸特の集中ゼミを独学で学習したのですが内容が理解できず、全部暗記でやろうとしましたがなかなか覚え切れません。そこでインターネットで講座がないか調べたところ貴社の講座があることがわかり、参加することにしました。 とりあえず問題集を2周やり講座に参加しました。理解はできませんが、わかるところとわからないところが区別できるようになりました。講座で出題予想された問題を中心に学習し吉村先生の示された計算テクニックを使い今回合格することが出来ました。ありがとうございました。

  • 2012年6月期試験合格 K.K.さん(50歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    一陸特の試験結果のご報告が遅くなり申し訳ございません。お陰様で合格致しました。これも、本講座の効果が大いに役立ったと考えます。試験に出題される個所を予想され、それにそって論理的に講義いただきストレスなく学習出来ました。計算問題も講義いただいた個所が出題され、予想的中率は70%位かと思っております。 独学では、試験合格の為、只暗記しなければならかった処も、講座では、教科書等にない実践的な蘊蓄を教えていただき、無線に興味が湧いてきました。今後は本資格を役立てゆくつもりです。以上です。有難うございました。

  • 2012年6月期試験合格 T.F.さん(55歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    私は大学の電気電子専攻で過去に無線機の設計経験もありますが、最近になり30年ぶりに無線の仕事をすることになりました。昨年12月より勉強を始め、手始めに2月、陸特の2級・3級を受験したところ、合格致しました。その後、6月の陸特の1級受験まで4ヶ月しかなく、間に合うかどうかでしたが、テレビ朝日アスクの「テキスト最低2回の事前学習」を信じてなんとかセミナーまでに2回の学習を終えました。 セミナー後は試験直前対策の問題だけを復習しましたが、理解したことが覚えられないとう年齢の壁にあいながら、なんとか一発で合格しました。セミナーを受講し、よかったことは過去の記憶を呼びもどせ、計算のテクニックを取得できたことです。電気の計算問題は、複素数や対数計算をするのがあたりまえと思っていましたが、選択肢から単位だけを考えて答えを絞る方法や、有効数字だけを計算し、選択肢から近い数字を選んだり、π二乗は10で計算等、テクニックを教えてもらいました。2級3級から受験しましたので、遠回りでしたが基礎力が付き8月には1アマに挑戦です。あと5年で定年ですが、この資格で65歳まで今の会社で働ける見込みもたちました。

  • 2012年2月期試験合格 S.H.さん(58歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    定年前の私ですが、会社の業務で一陸特資格が必要になり、12月下旬、一陸特の受験申込締め切りぎりぎり、「前日」に申込みをいたしました。 40年前、高校生の時に習った物理を思い出し、年末年始も問題集・参考書で独学しました。解説が『はしょって』書いてあり十分な理解ができず、また年齢の関係で丸暗記もなかなかできず悩んでいました。ちょうどそのころ、ネットでこの講習会を発見しました。ベテラン講師の先生(無線21資格お持ち)が救いの神様に見え、即、申込みました。 期待を大きく越え、基礎理論や無線通信等のポイント・仕組みを丁寧に教えて下さり、丸暗記する公式が減りました。受講生のたくさんの質問にもきちんと応えて下さいました。一陸特は出題傾向にパターンがありますが、予想問題中心の講座だったので、的を絞って効果的な受験準備ができました。また、実際の試験では講座でやった予想問題がかなり的中していましたので、合格圏内に入れたと思っています。私はシステム監査やマネジメント関連4つの国際資格を取得維持していますが、この資格に一発合格でき、新分野で更に会社に貢献できることを嬉しく思います。

  • 2012年6月期試験合格 M.Y.さん(48歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    「一陸特」についてインターネット等で調べたところ低い合格率を知り自己学習だけでは合格は難しいと感じました。そんな中、インターネットで吉村先生の講座を知り早速申し込みました。それまでは参考書・問題集も開いてもなかなか理解できず計算問題には手を付けずにいました。講座中は基本から丁寧に教えてくださる先生の授業にも付いていけず、受講中はひたすらノートを取っておりました。 その後、自宅でノートを参考に問題集を繰り返し解いたところ、少しずつ理解できるようになりました。一番驚いたのは講座の時は先生が雑談を話しているとしか感じなかったことが少なからず試験に出題されたことでした。先生の講座を受講しなかったら、勉強のキッカケも掴めず試験も難しいものとなっていたと思います。有難うございました。

  • 2012年2月期試験合格 R.N.さん(32歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    上司から一陸特の取得を勧められ、しかしながら、工学の特に計算問題が参考書だけでは全く理解できず、これまでは計算問題をほぼ捨てて2回不合格になった後に受講した吉村先生の講座でしたが…。私のような理工系では無い人にも理解出来るような、分かりやすく丁寧な授業で、大変助けられました。今回の試験でも、計算問題は全て正解する事が出来ました。講座の前は全く理解出来ていなかったので、講座のおかげなのは間違いありません。試験一週間前でも効果を発揮する講義の手法に、感銘しています。本当に、助かりました。今回は本当に、ありがとうございました。

  • 2011年10月期試験合格 M.M.さん(52歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    私は消防士です。6月に業務命令で「一陸特」を受験することになり、参考書を取り寄せたところ、無線の知識がゼロに等しいため、内容がまったく理解できませんでした。しばらく部屋の片隅に放っておいたのですが、盆を過ぎた頃に、さすがに焦って勉強を始めました。もともと大学は文系でしたので「法規」はどうにかなったのですが、10月に入っても「工学」がどうしても合格ラインに届きません。そんな中、インターネットで吉村先生の講座を知り、早速申し込みました。 それまで計算問題に手を付けずにいたため、基本から丁寧に教えてくれる先生の授業にも付いていけず、受講中はひたすらノートを取っておりました。その後、自宅でノートを復習し、問題集を繰り返し解いたところ、無事合格することができました。先生の講座を受講しなかったら、このような結果にはならなかったと思います。一緒に受講した同僚も合格しました。ありがとうございました。

  • 2011年2月期試験合格 H.K.さん(39歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    問題集を読んでいただけの一回目受験は合格点基準の半分しか取れず惨敗でした。しかし、今回、吉村先生の一陸特集中対策講座を受けて、文系出身の私でも理解できる親切なご指導があり、無事合格することができました。初めは難しく考えていましたが、基本からわかりやすく教えていただき、吉村先生には改めて感謝しております。 大切なことは①疑問に思ったことは、忘れずに次回に質問する。②問題集・参考書の解答例を見て、後で悩むのではなくすぐ聞く。 実はこんな単純なことができていなかったことに気付き、これをひとつずつ実践していくことで、試験に対する確固たる自信が持てました。知識を薄くでも繰り返し上塗りし、頭の中で厚み、深みを増す。これがとても大きかったです。

  • 2010年6月期試験合格 M.Y.さん(22歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    私が一陸特の試験を受けるきっかけとなったのは、会社の方針があったからです。私は新卒で会社に入ったのですが、大学時代は無線など全く関係ない学部だったので、とにかく問題集をやるという勉強法でただ問題を頭に詰め込んでいました。そんな中、アスクの「一陸特集中講座」を知り講義を受けました。 講義は、吉村先生が問題集の章ごとに要点をまとめたプリントをもとに進んでいきました。式の成り立ちや機器の仕組みなど丁寧に教えて下さり、頭に詰め込まれていたものがだんだん整理されていくような感じでした。結果的に自信を持って試験に臨む事が出来、無事合格することが出来ました。吉村先生にはとても感謝していますし、この講座を受けて良かったと思っています。これから受ける皆様も頑張って下さい。

  • 2010年6月期試験合格 S.T.さん(31歳・男性) (一陸特(多重)対策 集中講座)

    会社の業務で一陸特が必要となり、テレビ朝日アスクで開講された「一陸特(多重)集中対策講座」をインターネットで見つけ受講しました。 この講座の良かったところは、少人数制(定員16名)だったことです。わからないところを丁寧に教えていただきました。うわべだけの「ポイント暗記」ではなく、確かな理論を教えていただき、おかげさまで、苦手だった計算問題が理解できるようになりました。また、半日の講義だったので、講義内容をその日のうちに復習し、自分の中で消化することができました。 講師の吉村先生は実績のある方なので、安心して指示された個所を重点的に勉強できました。事前に基礎知識だけは身につけておかなければいけませんが、計算問題や高度な問題はじっくり教えてくれる講義でした。 受講料は少々高額でしたが、会社の業務が関係していましたし、何より合格できましたので一陸特(多重)集中講座の受講は良い選択だったと思っています。