話し方教室

授業内容

話し方教室

◎自信を持って面接に臨む
◎会議の進行役も怖くない
プレゼン・コミュニケーションを楽しく!

“喋りのプロ” テレビ朝日出身のアナウンサーが、
好感度アップの話し方・コミュニケーションのテクニックを指導します。
*人前で話す“苦手意識”を克服したい、“あがり症”を克服したい
*面接や会議でうまく話せるようになりたい
*はっきりと聞きやすく話したい
そんなあなたをサポートします。

感じの良い話し方で、家庭・学校・地域やサークル、職場でのコミュニケーションがうまくいくよう、
授業を通じてサポートします。
しっかりポイントを押えて、プレゼンや会議・打合せ、日常のコミュニケーションなどが
スムーズにできるようにトレーニングします。
魅力的な話し方を身につけて自分らしさをアピール! 楽しい毎日を!

概要

hanashi_takai02

受講期間 授業時間 回数 受講資格
3ヵ月・全11回 1コマ120分 全11回 応募いただいた方の中から受講者を書類審査で選考します。
入学金 受講料 合計 アスク生受講料
10,800円(税込) ※1 50,490円(税込) 61,290円(税込) 50,490円(税込)

受講料

分割回数 初回支払額 2回目以降 支払額合計 (分割手数料) (振込みの場合)
320,73320,60061,93364361,290
610,57710,40062,5771,28761,290
106,7356,30063,4352,14561,290
125,5645,30063,8642,57461,290
244,3382,70066,4385,14861,290
362,5121,90069,0127,72261,290

アスク生受講料

分割回数 初回支払額 2回目以降 支払額合計 (分割手数料) (振込みの場合)
317,02017,00051,02053050,490
69,0508,50051,5501,06050,490
105,4575,20052,2571,76750,490
125,3104,30052,6102,12050,490
244,1312,20054,7314,24150,490
364,3511,50056,8516,36150,490

※1: 入学金が必要な講座の受講歴がある方は、これまでに納入した入学金との差額を納入していただきます。
■『アスク生受講料』は、既に入学金を納入された方の受講料です。

カリキュラム例

内容
1 ●「話す」ということ・自己紹介・ガイダンス/苦手意識の克服/発声・発音
2 ●フリートーク(収録)・トークのまとめ方
3 ●フリートーク・話の組み立て・自分の言葉で易しく丁寧に
4 ●『気づく』ということ・コミュニケーション能力に欠かせないこと
5 ●新聞を読んで・日頃から問題意識を持つ・分かりやすく伝える・自分はどう思う
6 ●リレートーク・会話力を養う・コミュニケーション能力
7 ●リポート(報告)・取材(情報取得力)の大切さ
8 ●インタビュー・的確な問いかけを
9 ●グループトーク・独りよがりに陥らない
10 ●フリートーク(90秒・3分)・世の中の出来事に敏感に
11 ●フリートーク(収録・3分)・振り返り

募集中のクラス一覧

  • 1707水曜1900クラス 締切ました

    期間
    7/26(水)~10/11(水)
    時間
    19:00~21:00
    締切日
    7/19(水)
    受講日
    7/26、8/2、8/16、8/23、8/30、9/6、9/13、9/20、9/27、10/4、10/11
  • 1707土曜1030クラス 締切ました

    期間
    7/29(土)~10/14(土)
    時間
    10:30~12:30
    締切日
    7/22(土)
    受講日
    7/29、8/5、8/19、8/26、9/2、9/9、9/16、9/23、9/30、10/7、10/14

受講生の声

  • 岡田 優さん(学生)

    私は、「お前、話し方が下手だからどこか専門のところでしっかり習にいけよ」と夏休みに父に言われた。夏休みが終わり、調べたら話し方教室は東京にはたくさんありますがどの教室も手続きが締め切られていました。申し込み受付していたのがテレビ朝日アスク「話し方教室」でした。初め入ったころはアナウンサーみたいな訓練をするのだろうと思っていました。しかし、私の想像とは少し違って初級講座では、各回ごとにテーマが決められての授業でした。例えば、自分が見たものの細かい部分を話す「情景描写」、歌舞伎の台詞の「外郎売」の読みや発声、30秒のフリートークなどです。初めは「え~何これ?!こんなことして話し方が上達するのかよ」と思っていました。しかし、ただお金を払って何もしないよりはいいかなと思い受講を続けました。アスクの授業の後半(八回目)を終えた辺りで大学のゼミの試験の面接がありました。今までの私はバイトなどの面接で緊張して「何をいっているのかわからない。」「挙動不審」と言われていました。そんな私がなんとゼミの面接ではそれほど、緊張せず自分のペースで面接に臨むことができました。さらに初級講座を終えて、田舎に帰り両親と話すと「今までみたいに、ぼそぼそとしゃべらなくなったね」と言われ自分の成長を実感し、そのままテレビ朝日アスクの「話し方スキルアップコース」の受講を続けています。応用コースである時先生から「いつも笑う時、苦笑いで済ませてない?」と言われました。その後、どんなくだらないことでも無理に大きく笑う癖をつけるようにしました。すると先生に「表情が少しだけついてきた」といわれました。それからは、いつの間にか何でもバカみたいに笑って楽しんでいこうとする自分がいて、普段話す時も自然と笑顔で話せるようになりました。こうして自分の成長を実感でき、わざわざ田舎から上京して「話し方教室」に通ってよかったと思っています。

  • 佐藤 亜由美さん(学生)

    ある日、友人に「あなたは「何が言いたいのか分からない」」と言われました。私は、人前に出て話しをすることに苦手意識はまったくなく、むしろ得意としていました。そのために友人の言葉にとても衝撃を受け自信を失ってしまいました。これから始まる就職活動に向けて、自分の話し方を改善し自信をつけたいという思いから「テレビ朝日アスクの話し方講座」を受講することにしました。授業ではアナウンサー経験の先生から「ひとつの文章が長い」「話し方が幼稚だ」「あの…、んと…が多く聞き取りづらい」など多くのことを指摘されました。また自分の話している姿をカメラで撮り、それを見て自分の話し方を客観的に見ることで今まで自分では気づかなかった事を客観視することが出来ました。それにより普段の生活においても、指摘された点を意識しながら話すように心がけるようになりました。おかげで周りの友達からは、とても話し方も変わり爽やかになったと言われるようになりました。また「自信がないから、うまく話せない。物事を知らないから、自信がない。知らないことに恥ずかしさを感じるから、いつまでも知識が増えない」と先生に言われ、もっと周りの事を「知る」ことの重要さに気づきました。今までは、政治などの苦手分野の話題は避けてきましたが、今では、新聞やテレビ、周りの人の意見など、何でも「知ろう」とする自分がいます。この講座に参加することで、話し方について学んだのはもちろん、自分と年齢も環境も違う人たちと出会えたこともとても大きな収穫でした。年上の方と話す機会も多くなり、普段の学生生活では話題にのぼらないような話をすることも多くなりました。そこでは、同年代の仲間からは得られない、貴重な体験談や意見を聞くことができました。テレビ朝日アスクの「話し方講座」で得たことは、就職活動に止まらず、今後の人生に活かしていきたいと思っています。友人の何気ない一言で通い始めたこの教室。しかし、この小さな出会い、きっかけが私をとても大きく成長させてくれるものになりました。

  • 三沢 利一さん(会社員)

    私が話し方の講座を習おうと思ったきっかけは、仕事でプレゼンや会議などの場で人前で話す機会が増えたためです。最初は本能的なモノで話せると思っていたのですが、実際には緊張して、なかなか自分の考えや思っていることを上手話せない自分がいました。このままではいけないと思いテレビ朝日アスクの「話し方講座」を受講することにしました。テレビ朝日アスクを選んだ理由は、カリキュラムがしっかりしていることでした。初級全11回、応用全11回の中でそれぞれテーマがあり、それを見てこれらを克服、直したら自分は成長できると思いました。また講師の先生はテレビ朝日の元アナウンサーなのでしっかりプロの指導が受けれるチャンスだと思いました。話し方の初級クラスでは、話し方の基礎となる部分をしっかり指導していただきました。「外郎売」を使用した、発声練習では、口の開き方や、声の出し方を学びました。「情景描写」では、自分が見て瞬間的に感じたことを、言葉にする方法を学びました。また自分の話をVTRで収録し、再生して自分で確認することにより、自分を客観視し、今まで気づかなかった欠点を知り直すことができました。グループトークでは、相手の意見を聞き、それに対して自分の意見を言う、練習もしました。「話し方の応用コース」では、初級で習った話し方の基礎を使用し、3分間のフリートークの連続でした。フリートークでは、初級での指導を基に、相手に分かりやすく伝えるための話しの組み立て方を学びました。また、他の受講生の前で話すことにより、緊張しないための練習や、話すときの姿勢や目線、身振り手振りなども学べました。「話し方教室」の初級と応用コース(スキルアップ)の受講して、最初は仕事のために、受講した「話し方教室」でしたが、いつしか話すということは、人とコミュニケーションを取ることであり、それは仕事以外の普段の生活の中でもとても重要な事だと感じました。アスクでプロの先生に学んで、仕事や普段の生活で話すこと、コミュニケーションすることが、とても自然にできるようになりました。しかし、私としてはまだまだ出来てない課題も残されています。今後はさらに、その部分を克服して、より話し方が出来る人になろうと思っています。