授業内容

★8/10(土)・9/1(日) 無料説明会開催★ 
気象予報士になりたい!と思ったら、まずは無料説明会にお越しください!
詳しくは➡こちらへ!

気象予報士養成 学科

!! 2024年1月の試験で合格者が誕生 !!
☆2023年8月に続き、連続して合格中☆

文系の方も興味深く・分かりやすく
2025年1月の試験で合格を目指す!

●図解や写真を豊富に使い説明します。
●授業中はもちろん、授業の前後にも可能な範囲で質問に答えます。
●再受講を希望の方には割引制度をご用意!(詳細はお問合せください)

***

気象予報士の資格は、1回の挑戦で《学科(一般、専門)》と《実技》の3つの分野全てに合格して取得することは大変難しく、何度も挑戦して取得するものです。
合格までの受験回数は3~5回の方が一番多く、根気よく挑戦することが何より大切です。
親切・丁寧な指導で好評のテレビ朝日アスク・気象予報士養成講座。
資格取得に挑戦する熱心な皆さんを、全力で応援します!

【講師紹介】
************
hiranuma_youji平沼 洋司(ひらぬま・ようじ)
東京理科大学理学部卒業
気象予報士
気象庁長期予報課、沖縄気象台予報官、気象庁予報官、新東京航空地方気象台主任予報官、気象庁網代測候所長などを歴任したベテラン。
文系の方にもわかりやすいオリジナルのテキストを使い、親身の指導で数多くの合格者を育成。

************

※9/8~1/12は10:30-12:30(1日1コマ)、
 1/19は10:30-15:30(1日2コマ・昼休みを含む)の授業となります。

概要

【全20コマ】

■『気象予報士』資格の概要

気象現象の予想を適確に行う能力を持っていることを認定するものです。

★認定試験
毎年1月と8月の下旬に実施。

★試験科目
次の3項について試験問題が出されます。
○予報業務に関する「一般知識」…5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式。60分。
○予報業務に関する「専門知識」…5つの選択肢から1つを選択する多肢選択式。60分。
○天気図を使った気象予報の「実技」…2問出題・各75分。文章や図表で解答する記述式。

★試験の一部免除
「一般」「専門」のいずれか、または両方に合格した方は、合格発表日から1年以内に行われる当該学科試験が免除されます。


気象予報士養成講座 Q & A
Q. 年齢制限はありますか?社会人でも受講できますか?
A.年齢制限はありません。受講生で多いのは社会人ですが、中学生からアクティブシニアまで様々な世代の方が共に学んでいます。

Q. 典型的な「文系人間」なのですが、難しいでしょうか?
A. 気象を理解するために、ある程度の数学や物理の発想や計算は必要ですが、授業では段階を踏んで分かりやすくお伝えしています。いわゆる「文系」の方も少なくありません。

Q. 「学科」と「実技」は、どちらから始めたら良いですか?
A. まずは「学科」の知識を身につけることが必要ですが、資格試験では「実技」も必須です。同時受講することで、相互の理解が深まるメリットもあります。アスクではおよそ半数の方が同時受講中!あなたのスケジュールやご予算に合わせてお決めください。

Q. 気象予報士の資格試験は、どのようなものでしょうか?
A. 学科試験と実技試験が年2回(8月、1月)行われます。詳細は下記のリンクでご確認ください。
 【気象業務支援センター】

Q. 合格率は どれぐらいですか?
A. 試験はその人の得点に対して合否が決まる絶対評価ですので、合格者の割合を気にする必要は無いと思います。一般的には5%程度とも言われていますが、アスクで学んだ方が2023年8月の試験では3名、2024年1月には1名、合格しました。既に気象庁や放送局など、気象の現場で活躍している方もいます。


 

授業の見学について

下記の日程で開催されているクラスを1回だけ、1時間程度見学をすることができます。
【気象予報士・学科】日曜10:30~
3/17、3/24、3/31、4/7、4/14、4/21、4/28、5/12、5/19、5/26、6/2、6/9、6/16、6/23、6/30、7/7、7/14、7/21、7/28、8/4、8/11

 

受講期間 授業時間 回数 定員 受講資格
約5ヵ月 1コマ120分 全20回 最大12名 気象予報士の資格取得を目指す方。年齢制限はありません。初めて勉強する方、大歓迎です!
入学金 受講料 合計 アスク生受講料
11,000円(税込) ※1 121,000円(税込) 132,000円(税込) 121,000円(税込)

受講料

分割回数 初回支払額 2回目以降 支払額合計 (分割手数料) (振込みの場合)
344,58644,400133,3861,386132,000
622,77222,400134,7722,772132,000
1014,22013,600136,6204,620132,000
1212,14411,400137,5445,544132,000
247,3885,900143,08811,088132,000
365,1324,100148,63216,632132,000

アスク生受講料

分割回数 初回支払額 2回目以降 支払額合計 (分割手数料) (振込みの場合)
340,87040,700122,2701,270121,000
621,04120,500123,5412,541121,000
1012,73512,500125,2354,235121,000
1210,58210,500126,0825,082121,000
246,9645,400131,16410,164121,000
366,7463,700136,24615,246121,000

※1: 初めてアスクの講座を受講される方は、上記入学金を納入していただきます。
■『教育ローン』は、ローン会社と別途契約を結んでいただきます。契約には保証人が必要となる場合があります。
■『アスク生受講料』は、入学金(税別10,000円)を納入済の方の受講料です。

カリキュラム例

内容
1 【専門/第1章】地上気象観測:天気記号、アメダス、地上天気図
2 【専門/第2章】高層気象観測:レーダー・ウインドプロファイラ
3 【専門/第3章】気象衛星観測:可視画像・赤外画像、水蒸気画像
4 【専門/第4章】気象観測結果の利用:地上天気図・高層天気図
5 【一般/第1章】大気の構造:太陽と惑星と地球の大気、オゾン層
6 【一般/第2章_1】熱力学_1:状態方程式、静力学平衡、断熱変化、水の相対化
7 【一般/第2章_2】熱力学_2:温位、大気の安定不安定、エマグラム
8 【一般/第3章】降水過程:雲と雨の生成、暖かい雨・冷たい雨、雲の分類
9 【一般/第4章】大気放射:太陽放射と地球放射、大気の温室効果
10 【一般/第5章】大気力学:気圧傾度力、地衡風、傾度風、温度風
11 【一般/第6章】大規模な大気の運動:大気大循環、温帯低気圧と高気圧
12 【一般/第7章】メソスケールの大気の運動:台風、集中豪雨、海陸風
13 【一般/第8章】中間圏の大気の運動:中層大気、【一般/第9章】成層圏の温度と風、気候の変動:気候の歴史、地球温暖化、エルニーニョ現象
14 【一般/第10章】気象に関する法律:気象業務法、災害対策基本法
15 【専門/第5章】数値予報_1:数値予報の概略
16 【専門/第6章】数値予報_2:数値予報プロダクト・数値予報ガイダンス
17 【専門/第7章】短期予報:明日・明後日の予報
18 【専門/第8章】局地予報:解析雨量、短時間予報、ナウキャスト
19 【専門/第9章】予報精度の評価、【専門/第10章】週間予報・長期予報(1/19・10:30~)
20 【専門/第11章】予報精度の評価、週間予報・長期予報(1/19・13:30~)

募集中のクラス一覧

  • 2409_日曜1030クラス

    期間
    9/8(日)~1/19(日)
    時間
    10:30~12:30
    締切日
    9/4(水)
    受講日
    9/8、9/15、9/22、9/29、10/6、10/13、10/20、10/27、11/3、11/10、11/17、11/24、12/1、12/8、12/15、12/22、1/5、1/12、1/19